育毛剤の全体写真

育毛剤の選び方、最適な育毛方法は百人百様

育毛剤の選び方は原因、体質、年齢、症状、進行具合によって様々です。
人気NO1でも効果が一番でも使用した全員の薄毛が治る事はありえません

例えばAGA遺伝の影響でハゲてきている人がDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える作用の成分がない育毛剤を使用しても、効果は少なく薄毛はそのまま進行していきます。
頭皮の乾燥やかゆみ炎症、フケが原因でハゲてきている人がAGA用の育毛剤を使ってしまうと弱った頭皮への刺激が強く、症状が悪化します。

また毎月育毛に使えるお金や時間の上限、
薄毛になった本人の生活習慣改善の意欲がどれ程あるかによっても選び方は変わってきます。

当サイトでは薄毛に悩む人々の予算や仕事、ライフスタイルを考慮して、
すべての人に最適な百人百様の育毛剤育毛方法を紹介していきます。

育毛・発毛効果の計算式(育毛百景の独自理論)

ikumoulogic


上記から自分の生活習慣や取り組んでいる育毛方法にあてはまるものを足し算して下さい。
合計がプラスになる人は健全に髪の毛は発毛し育ちます
反対にマイナスになってしまう人は髪の毛が健康に育たず、薄毛が進行してしまいます

それぞれのポイントにかなりの幅があるのは年齢や遺伝による個人差があるからです。
年齢が進む、遺伝の影響が強い人程プラスポイントが低くなり、マイナスポイントは大きくなってしまいます。

薄毛の原因や育毛法はかなり個人差があるので理不尽に思われますがこれは仕方がありません。
暴飲暴食、喫煙、徹夜とやりたい放題の生活をしているのにフッサフサな人もいれば
健全な生活を送っているのにスッカスカな人もいます。

学生時代を思い出してください。授業に全然来ない不良の中にテストの点数は優秀な人が1人はいませんでしたか?
練習をサボり続けているのに試合で大活躍する野球部、サッカー部、バスケ部の人も1人はいたでしょう。

彼らと同じ様に何の薄毛対策もしないのにフサフサな人はごく一部に存在するのです。
そう、彼らは生まれながらのハゲない天才なのです。

しかしそんな豊潤な才能を有した人は1%かそれ以下です。彼らを羨んでも薄毛は治りません。
残り99%の薄毛凡人達は何らかの対策をしなければ間違いなくハゲていきます。

当サイトでは薄毛エリートの管理人が人生の10年以上を費やして勉強した育毛、発毛法や
経験談、失敗談など、あらゆる角度から育毛に役立つ知識・情報を掲載しています。
管理人と共に天才に対抗してハゲない努力の天才を目指しましょう。

育毛剤を症状、進行度から選ぶ

前頭部m字の薄毛敏感肌の育毛剤 つむじ頭頂部の薄毛女性用育毛剤

薄毛の部位、症状

前頭部(m字、生え際)
m字ハゲは典型的な男性型脱毛症(AGA)の症状です。ジヒドロテストステロン(DHT)を抑える成分と血行促進作用がある成分が含まれている育毛剤を選びましょう。
⇒m字はげを治す対策の記事


頭頂部(つむじ、てっぺん)
つむじハゲの場合はAGA円形脱毛症の2つの可能性があります。短期間に過度なストレスを受けたなどの自覚がある人は皮膚科で医師の診断を受けて育毛剤の使用の判断をしましょう。
⇒つむじハゲを治す対策の記事

薄毛の進行度と対策費用


初期の対策は抜け毛、脱毛の予防と頭皮環境の改善

中期の対策はこれらに加えて発毛も加わります。

末期の対策は格段に難しくなります。理由は初期、中期に比べて発毛の度合いを大きく増やさなければならないからです。

まだ育毛対策が未経験の人は育毛剤育毛シャンプー育毛サプリ生活習慣改善に取り組めば大きな効果を得れるので治る可能性はありますが、育毛対策をしたのに薄毛進行が進んでいる人はAGAストレスの遺伝的要因が大きい可能性が高いです。
AGAクリニックで医師の診断を受けた上で医薬品の育毛薬のミノキシジル、プロペシア(フィナステリド)を処方してもらうか最新の育毛医療のHARG療法・メソセラピー療法自毛植毛などをおすすめします。

初期、中期の進行度にかかる薄毛対策費用が約数千円〜数万円に対して末期の対策費用は約数十万円〜数百万円と大きく上がってしまいます。

薄毛の3大原因と対策

育毛百景-編集部-

男性ホルモン(AGA)、遺伝的要因
生活習慣の乱れ(食事、睡眠、運動不足)
ストレス(仕事、恋愛、経済事情など)
・薄毛とストレスの関係の記事
・薄毛と遺伝子の関係の記事



この3つが最も大きな薄毛の原因です。
薄毛に悩んでいる男性でこのどれかにあてはまらない人はいないといっても過言ではありません。
育毛剤に加えてこれらの原因をできるだけ減らしていく事が薄毛の治療には重要です。

薄毛の原因と対策

育毛に必要な3大事項

育毛百景-編集部-

①薄毛の進行を止める
②頭皮環境を改善する
③育毛・発毛に必要な栄養を与える



この3つをすべて同時に行わなければ髪は生えてきません。
ただしまだ薄毛が進行したての人は①②を満たせば
抜け毛、脱毛が止まるので解決できます。

もうすでに後退してしまっている人は③も満たさなければ失った部位の髪を
取り戻す事ができません。育毛剤を選ぶ際は成分、効果からこの3つの条件を満たす物を選ぶ事が重要です。

また育毛サプリメント、育毛シャンプー、生活習慣の改善をプラスする事によってこの3大要素がより強固になります。

当サイトおすすめの育毛剤はこの3つの要素を満たす物から選んでいます。

育毛剤おすすめランキング

育毛剤ランキング

チャップアップ(CHAP UP)

育毛剤おすすめランキングチャップアップ

成分が無添加無香料の天然成分で配合されているので安全です。またDHTを抑える成分もありセット販売の育毛サプリから髪の成長に必要なアミノ酸やビタミンの栄養を摂取する事で体の外側と内側両方から栄養を吸収できます。育毛発毛、頭皮環境改善のすべてを満たせてバランスの良い万能な育毛剤です。

チャップアップの公式




ブブカ(BUBKA)

育毛剤ブブカ

海藻エキスm-034の濃度がさらにアップした育毛剤ブブカ。頭皮の弾力アップと柔らかくする作用がある成分のマロニエエキス、アシダバエキスなど独自の配合がされています。ナノ水を使用する事で成分が毛根まで浸透する力が上昇しました。
チャップアップと双璧の人気で効果も信頼度も高い育毛剤です。

育毛剤ブブカの公式




イクオス(IQOS)

おすすめ育毛剤イクオス

3種類の海藻エキスを配合したアルガス2がミノキシジル以上に効果が出たというデータがあります。脱毛因子の阻害に徹底的にこだわった男性型脱毛症の改善に特化した育毛剤です。

イクオスの公式




M-1育毛ミスト

M-1ミスト"

ノンアルコール成分での防腐技術により頭皮への刺激を極限まで削った育毛剤。
頭頂部の薄毛が改善された報告が多数寄せられています
効果が出なかった場合の返金補償もついている事からも技術に自信がある事がうかがえます。

m1ミストの公式




プランテル(Plantel)

プランテル
m字ハゲ専門に作られた育毛剤
ヒオウギは女性ホルモンに似た働きをして5aリダクターゼを阻害し、
海藻エキスは髪の成長の周期サイクルを整える働きがあります。
送料無料+解約はいつでも可能。

プランテルの公式


育毛剤の副作用をしっかりと知る

育毛剤を選ぶ際には副作用をしっかりと知る事が大切です。中には取り返しのつかない副作用もあります。
特にプロペシア(フィナステリド)ミノキシジルなどの医薬品錠剤は肝機能障害、眠気、性欲減退、ED、うつ症状など日常生活に影響が出る程の副作用があります。

AGA治療のクリニックで医者に処方してもらったり、芸能人が使って薄毛が劇的に治ったからといって気軽に手を出すべきではありません。

育毛百景では天然成分配合の副作用がなく育毛効果も高い健康な育毛剤をおすすめします。

育毛剤の基礎知識
育毛剤の成分

育毛剤の効果を高める3つの習慣

育毛サプリ
髪の毛の成長に必要な栄養は食事だけで補うのは大変なので、不足分を手軽に飲めるのがサプリの長所。育毛剤とサプリで体外と体内から同時に栄養を与える事で育毛効果が増大します。

育毛シャンプー
すすぎやマッサージと併せて頭皮の皮脂やほこり汚れを取り除き、育毛に必要な頭皮の土壌を整えるのが育毛シャンプー。育毛剤の成分の吸収率が良くなります。

育毛に良い食事
髪の毛の成長に必要な栄養素を摂るためにはビタミン、ミネラル、亜鉛、ビオチンなどがバランス良く含まれた食事を心がける事が大事です。

育毛に良い生活習慣
規則正しい睡眠や、適度な運動、ストレス発散などはホルモンバランスを整えて育毛、発毛効果に大きく影響します。

一度スタートしたAGAは完治する事はありません(管理人の経験論)

これは今から育毛に励もうとしている人達には非常に残念なお知らせですが事実です。
AGAによる薄毛の進行はアトピー性皮膚炎やアレルギーの様なもので完治する事はありません
治ったと思っても油断するとまた症状が出てきます。

しかし完治は無理でも症状を抑え続ける事は可能なのです。
アトピーの場合は食生活改善、睡眠や禁煙、ビタミンCをしっかり摂って掃除や新鮮な空気の入れ替えなどを
徹底して取り組めば完治はなくとも治まった症状がまた出てくる様な事はありません。

しかしAGAが原因による薄毛の進行はそうはいきません。治ったと思ってもまた少しずつ症状が出てきます。
なぜなら、年齢が進むに連れ男性ホルモン(テストステロン)と5aリダクターゼが結びついて生まれる男性型脱毛症の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の量が多くなり加齢で新陳代謝が落ちるからです。

10代、20代や育毛に取り組み初めの頃は比較的容易に抑える事ができます。
管理人も最初は学生時代に市販の安物シャンプーをアミノ酸シャンプーに変えただけでつむじの薄毛の症状が簡単に治りました。

しかし社会人3年目からまた症状が出てきました。今度はビタミンサプリメントと市販の育毛剤を追加して取り組んだ結果また薄毛の改善に成功する事ができました。

しかしそれから2、3後の30代になった頃つむじ周辺に薄毛が来ました。おでこのm字ハゲも同時に引き連れて。
これはいよいよマズいと今度はヘッドスパで頭皮マッサージをしてもらい、自宅でのシャンプー時も頭皮ブラシを使って頭皮を柔らかくし、頭皮環境を改善しました。
さらに禁煙にも取り組み、おでこ付近の皮脂が多く、テカっていたため、テストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結びつく事により生まれるDHTを抑える為ノコギリヤシサプリメントも追加しました。

ここまでしてようやく症状が改善し、元のフサフサライフに戻る事ができました。
ついにAGAの症状は治ったかと思いました。

残念な事にようやく治ったかに見えたAGAによる薄毛は30代半ばでまた発症してしまいました。
この頃は友人の結婚式が多かった事や、会社内での立場も上に立つ様になったため、
後輩に指導をするにもハゲていては説得力がないのでものすごく悩んだ時期です。

また仕事上の接待でアルコールや油物を摂る機会が多く、上司、後輩の両方に気を使う立場だった上、取り組んでいた仕事のプロジェクトが上手く行かずにストレスが多かったのも要因かもしれません。

今度はそれまでの育毛法に追加して帽子を被るのを控え、接待ゴルフの際は通気性の良い素材の帽子に変えました。

また出勤前にジョギングや筋トレ習慣や食事の内容を野菜を多く、炭水化物と肉、油を減らすようにし、食順も野菜から食べるように徹底し、お酒を飲む頻度を少なくしました。

まるでアスリートの様な生活スタイルになりました。

後はこれまで使っていた市販の育毛剤からチャップアップに買い替えました。

そして40代に差し掛かった現在も薄毛を改善する事ができましたが、数年後にまたハゲてきたらもうAGAを抑えきれずにハゲ散らかしてしまうと思います。

なぜならもうこれ以上取り組む薄毛対策がないからです。
いや、正確にはまだ手段は残されていますが、残り僅かしかありません。

残っているのは医薬品のプロペシア(フィナステリド)ミノキシジルハーグ療法、メソペラピー療法、自毛植毛です。

個人的にはプロペシアやミノキシジルには手を出したくありません。なぜなら副作用を発症する確率が高いですし、効果が出ても服用を止めると元に戻ってしまう事があるからです。

また長期服用で耐性がつく事もあり、この場合は服用する量を増やさなければなりません。

明らかに不健康です。さらに保険外で一生服用し続けるとなるとトータルの金額が莫大になります。

自毛植毛についてはかなり興味があり、費用さえ何とかなれば会社が長期休みのゴールデンウィークかお盆、年末年始に20代の時は使いたくても使えなかった有休を1、2日足してやってみようと思っています。

自毛植毛の医療技術はここ数年で劇的に発達しているので、個人的にはもう4、5年待ってさらなる医療技術の進歩と医療費が下がる事に期待しています。目標はそれまで薄毛進行を抑え続ける事です。





参考サイト
日本医学育毛協会
理化学研究所 多細胞システム形成研究
日本皮膚科学会 男性型脱毛症診療ガイド