AGAの原因


AGAとは男性型脱毛症の事で日本人の薄毛患者の9割がAGAだと言われています。

薄毛で悩んで、治療法を検索してきたあなたもAGAという単語には見覚えがあるかと思います。

では、AGAとはどのような原因、症状を指して言うのでしょうか?


男性右

この記事ではAGAの原因や症状の違い、壮年性脱毛症との違い、AGA対策の育毛剤と医薬品について解説します。

AGAの原因は悪玉男性ホルモン

AGAの原因となる悪玉男性ホルモン


AGAの原因は悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

男性ホルモンはテストステロンといって、髪を太く成長させる働きを持っています。

DHTとは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたもの。


男性右

髪を成長させる男性ホルモンと、抜け毛を生み出す男性ホルモンは表裏一体なのです

ヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

髪の毛の一生はヘアサイクルと呼ばれる周期に従っています。

ヘアサイクルは、成長期→退行期→休止期→脱毛期の4つの期に分類されます。

成長期は本来4~6年続き、その間、髪は長く太く成長していきます。

しかし、DHTが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合すると、成長期の途中であっても退行期や休止期にヘアサイクルが移行してしまうのです。


男性右

DHTは、喫煙や飲酒、不健康な生活習慣によっても発生してしまうので、禁煙禁酒はAGA予防に効果的です


AGAとハゲ、円形脱毛症の違い

日本人の薄毛は、M字ハゲや頭頂部がハゲるつむじはげ、その両方が合併したU字ハゲが多いのですが、これらは全てAGAの症状です。

側頭部や後頭部には髪が残っているという特徴もあります。

一方AGAではなくても薄毛になってしまう場合もあります。これはどんなメカニズムなのでしょうか?

退行期のヘアサイクル

AGAの前頭部や頭頂部の髪の毛では、ヘアサイクルの退行期の症状が現れます。

具体的に言うと、髪の毛が細く柔らかくなる軟化現象と、毛根にある毛包が縮小するという現象が起こるのです。

前頭部や頭頂部には男性ホルモンレセプターが多く存在するため、頭皮で発生したDHTが結合するのにはぴったりな部位。

男性右

その結果、M字ハゲやつむじハゲのAGAが多くなるのです

男性ホルモンレセプターの有無

一方、後頭部や側頭部の髪の毛には男性ホルモンレセプターが存在しません。

男性右

DHTが結合できないので、多くの薄毛男性は後頭部、側頭部はフサフサなのです

頭皮環境の悪化による薄毛

AGAが原因でなくても洗浄力が強すぎるシャンプーを使い続けたり、いつも同じ分け目の髪型、逆毛や編みこみ、パーマなどの負担がかかる髪型を続けて薄毛になる場合もあります。

これらが原因でハゲた場合は上記の男性ホルモンとは違うハゲで、多くの場合原因を取り除く事で改善されます。

10円ハゲ

円形脱毛症である10円はげの原因は免疫疾患であり、AGAとは違います。

治療方法はストレスを解消する事やステロイド剤などの医学療法に取り組む必要があります。


AGAが多い年代は30~50代

AGAは全ての年代でかかりうる脱毛症。しかしAGAと診断を受ける人数は60代を越すとがくっと少なくなります。

これは、60代にもなると、毛包幹細胞も弱くなりハゲていても当たり前な状態になってしまうからです。

AGAと診断される方が多いのが30~50代の男性

男性右

この年代は壮年性脱毛症と呼ばれる症状とも被る年代でもあります。

AGAと壮年性脱毛症との違い

壮年性脱毛症とAGAには大きな違いはありません。

というよりも、AGAの症状のひとつに壮年性脱毛症があると言ってもいいでしょう。

男性右

30~50代の方のAGAを壮年性脱毛症

10~20代のAGAは若年性脱毛症と言います

AGAの対策は育毛剤かクリニック

AGA対策ができる育毛剤チャップアップ
若ハゲやまだ今までに薄毛対策を何もした事がないという方はAGA対策ができるチャップアップとCUシャンプーを試してみてください。

副作用の心配がなく安全にAGAの原因となる5αリダクターゼ5aリダクターゼを抑制する事ができます。

効果がなかった場合はAGAクリニックへ

育毛剤を半年以上使ったけど効果がなかった人や継続が面倒で挫折してしまった人はAGAクリニックでフィナステリドやミノキシジルといった医薬品の育毛剤が必要になります。

こちらは深刻な副作用の可能性がありますが、その分効果も高いので医薬品でAGA対策に取り組みたい方は試してみてください。

まとめ

  • AGAの原因は悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン
  • AGAとハゲ、円形脱毛症の違いは原因がDHTか頭皮環境の悪化か免疫疾患かの違い
  • AGAは全年代で起こるが治療患者は30~50代が多い
  • AGA対策は5aリダクターゼ抑制効果のある育毛剤を使うかAGAクリニックの医薬品育毛剤を使う
  • AGA対策には禁酒禁煙や生活習慣の改善も効果的




⇒育毛にいい食事・生活習慣の記事一覧