産後の薄毛・抜け毛の原因と対策

女性の薄毛の悩みには本当に数多くの原因がありますが、出産からの産後薄毛もそのひとつです。

赤ちゃんを出産するのは、女性の人生の中でも非常に大変な体験のひとつ。尊い仕事を成し遂げ、ママとなった女性ですが、産後に急に抜け毛が増えて薄毛になると不安になってしまいますよね。

しかし安心してください。これは、産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれる女性の2人に1人は経験する脱毛症です。正しく対策を行えば、ちゃんと元通りの髪の量に戻るものです。

この記事では、産後の抜け毛に悩む女性の薄毛対策と原因、期間はいつからいつまでなのかに焦点を当てて「髪は回復するのか」「脱毛症を軽減するにはどうすればいいのか」を解説します。

産後の薄毛、抜け毛の原因と症状

産後薄毛で女性ホルモンが乱れるグラフ
出産は痛みや気持ち悪さにより体力を消耗するものですし、乳児の育児だってとんでもないストレスがかかります。

しかし、出産による抜け毛の根本的な原因は体力の消耗やストレスではありません。産後薄毛・抜け毛の原因となる根源は、ホルモンバランスの乱れにあるです。

女性ホルモン「エストロゲン」

産後薄毛でエストロゲンの減少
出産すると妊娠を維持する役割を持つ女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が一気に減ります。

エストロゲンには妊娠維持の他に髪の毛の成長を促す役割があるため、ヘアサイクルの成長期が普通の時期よりも長く続きます。

出産後はエストロゲンの分泌量が減るため、今までそれによって本来終わるはずだった成長期を維持されていた髪の毛達が一斉に休止期や脱毛期を迎えてしまうため、産後抜け毛が起こるというわけです。

逆に考えると一斉に抜け毛が増える分、一斉に髪は生えてくることになるので、髪が抜けたからと言って「髪が戻らないのでは?」と心配する必要はありません。

不安になることで精神的に悩んでしまうと、育児や育毛に影響してしまうので、「産後だから仕方ない」と開き直るのが大切です。

産後薄毛は前髪・生え際?それとも分け目・つむじ?

産後薄毛の症状の女性画像
産後脱毛症の症状は、生え際の後退や10円ハゲになるわけではありません。

頭皮全体の抜け毛が増え、髪にボリュームがなくなるのが主な症状となります。

また、分け目がある髪型の場合、分け目から見える頭皮の幅が増えてしまいますし、つむじが大きく広がって見える場合もありますから、その場合は髪型を変えるなどの対策が必要です。ただし、

  • 育児によるストレス
  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • カラーリング

などによる髪への負担が原因の抜け毛の症状として、生え際の後退や円形脱毛症があるため、合併症になる可能性があります。

男性右

産後抜け毛は自然に戻りますが、ストレスや頭皮環境の乱れによるハゲはなかなか戻らないので、注意しましょう。

産後の薄毛や抜け毛の期間はいつからいつまで?

産後薄毛の期間
赤ちゃんを出産したからと言って、次の日から産後抜け毛が始まるわけではありません。

先述した通り、産後抜け毛の原因はホルモンバランスとヘアサイクルに大きく関係しているため、出産と抜け毛には大きくタイムラグがあるのです。

ホルモンバランスが乱れても、しばらくは髪は抜けません。

出産前に休止期になって抜けるはずだった髪がまだ抜けていないのは、妊娠を維持するための女性ホルモン「エストロゲン」の副次的な作用によって成長期を維持されていたからで、出産によってエストロゲンの分泌量が減り、影響を受けなく無くなったとしても、成長期から休止期に移行するだけだからです。

そこから脱毛期になるまでにはタイムラグがあります。そのタイムラグは出産後2ヶ月目辺りからはじまり4ヶ月目にピークを迎えることになります。

産後の薄毛は戻らない?治る?

産後脱毛症がはじまると一気に髪が抜けてしまいます。

シャンプーの後は排水溝が詰まったり、枕元に髪が散らかっていたりと大変ですが、規模の違いはあれど多くの経産婦の方が経験してきたことなので不安に思う必要はありません。

産後脱毛症は4ヶ月頃にピークを迎え、その後は徐々に抜け毛量は減り、6~7ヶ月目辺りまでには元の量の髪に戻っていきます


男性右

  • 産後の抜け毛、薄毛は出産後約2ヶ月で開始、4ヶ月目がピーク
  • 産後の抜け毛は6~7ヶ月目辺りまでには止まる事が多い


産後薄毛が治らない原因

産後薄毛のヘアカラー
育児のストレスや睡眠不足、産後太りを解消するためのダイエットによって

  • 食生活や生活習慣が乱れている
  • カラーリング

をしてしまう場合は、産後薄毛が長続きしてしまうケースも見られます。

特に、カラーリングは赤ちゃんにとっても非常に危険です。

カラーリングに使用する薬剤に含まれる物質は環境ホルモンと呼ばれる人体に悪影響を及ぼすものです。

環境ホルモンは頭皮から吸収はされなくても、呼吸によって微量でも取り入れてしまう可能性があります。微量ですので大人なら大丈夫ですが、母乳を経由して赤ちゃんが飲んでしまったら大変です!


男性右

産後抜け毛以前に、母乳を与えている時期はカラーリングは控えるようにしましょう


産後薄毛を予防するためにシャンプーや女性育毛剤、育毛サプリは効果的?


育毛剤やシャンプー、サプリにより、産後薄毛の抜け毛量をコントロールすることは可能と考えられています。

ただし、産後抜け毛自体を防げるワケではありません。

エストロゲンの影響で、休止期に移行するはずだった成長期の髪を有効成分によって食い止めていくのです。

こうすることで髪の毛は休止期になっていくため、産後抜け毛を軽減することはできますが、休止期になるはずだった髪の本数は変わりませんので注意が必要です。

「6ヶ月を過ぎたから対策をやめてみた」という方が、育毛剤やサプリの使用を止めてから抜け毛が増えてしまうケースも多く見られるのです。

女性用育毛サプリ

では産後抜け毛を軽減する効果期待できるのは、どういった成分でしょうか?ポイントは、エストロゲンと血流改善です。

妊活としてエストロゲンの量を増やすためのサプリに「葉酸」がありますが、これはエストロゲン量を増やすほか血行促進作用も期待できるので、引き続き服用するといいでしょう。

同様に、エストロゲン様の作用をするイソフラボンも抜け毛を軽減する助けになるはずです。

女性育毛剤

女性用の育毛剤も有効です。男性用のものと違い、ベルタ育毛剤は妊娠や産後の女性ホルモンバランスの乱れを考えて作られていて、産後の抜け毛・薄毛対策としてもおすすめです。

ベルタ育毛剤

女性用のスカルプケアシャンプー

同様に、女性用のスカルプケアシャンプーも、女性ならではの悩みに寄り添って作られているため、産後の乱れやすい頭皮環境を上手に整えるサポートをしてくれます。

ハーブガーデンシャンプーは100%オーガニック成分で妊婦や産後薄毛によるダメージをケアするのにおすすめのシャンプーです。

最後に

女性の産後の薄毛、抜け毛の原因と対策や期間を解説しましたが、それでも抜け毛や薄毛が気になってしまう方や、1年経っても抜け毛が減らないという方は、一度病院へ行ってみるといいでしょう。

思わぬ円型脱毛症と合併してしまっているパターンもあるので、医師の判断の下、医薬品による治療へと移行していってください。


おすすめ記事