若年性脱毛症


若年性脱毛症。若い内からハゲになるのってツラいですよね。

ハゲを隠そうとすると変な髪型になりがちだし、雨でせっかく隠したハゲがバレバレです。

あだ名は「落ち武者」や「増えるワカメ」に。

若年性脱毛症はどうして起こるのでしょうか。それがわかれば、改善方法も自ずと考えつくはずです。

男性右

この記事では、若年性脱毛症の症状や原因、育毛剤で治るか生活習慣の改善方法を解説します


若年性脱毛症の意味や年齢

若年性脱毛症の意味


若ハゲとは、本来ハゲるはずのない年齢で薄毛になる現象を言います。

通常20~30代にハゲてしまう人を呼ぶ場合が多いのですが、早い人は10代のうちから若ハゲになってしまいます。

かく言う筆者も12歳という幼さで薄毛が発覚した、いわば若ハゲ界のエース。

男性右

人によっては、小学生のうちから既に薄毛のレールに乗ってしまうケースもあるのです。


若年性脱毛症の3つ原因・生活習慣

さて若ハゲと言っても、その症状は様々です。

若ハゲの症状は大きく分けて3つ。

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • AGA

ストレス

思春期は、何かとストレスが溜まるもの。

自律神経が乱れてしまうと、若ハゲに発展する場合があります。

抜毛症になるケースもあります。

ちなみに私は小学生でストレスで抜毛症になってしまったレアパターンです。

⇒ストレスではげる原因と関係

食生活の乱れ

共働き家庭は、どうしても食事の栄養バランスがおろそかになってしまいます。

幼い内から栄養バランスが崩れていると髪は十分に育ちませんから、20代で薄毛になってしまうのです。

⇒育毛にいい食べ物と栄養をまとめ

AGA

AGAは薄毛の日本人男性の9割が発症している症状。

脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンが原因ですが、その影響が10代の内から出てしまうのです。

若年性脱毛症と呼ばれているのは、まさにこのAGAによる若ハゲの事です。

⇒AGAとは!AGAの原因と対策、円型脱毛症との違い

若年性脱毛症の薄毛の症状

若年性脱毛症の症状はAGAと同様、前頭部や後頭部から徐々に髪が薄くなっていくというものです。

他の若ハゲとの大きな違いは、頭皮の環境。

若年性脱毛症の場合、頭皮の健康状態は良好であることが多いのです。

ホルモンバランス

原因はホルモンバランスです

若い内は、ホルモンバランスがちょっとしたことで崩れてしまい、男性ホルモンが減少しやすいのです。

男性ホルモンが減ると代わりに増えてくるのが悪玉男性ホルモンDHT。

男性右

DHTを産生する酵素5αリダクターゼが良質なテストステロンを減らす悪循環となり、若年性脱毛症が発症するのです。


若年性脱毛症の改善方法

若年性脱毛症の改善方法は、男性ホルモンバランスを整えることです。

男性ホルモンの低下が悪玉男性ホルモンを生み出す悪循環の原因になるのなら、その根本を断つしかありません。

運動をする

そこでオススメなのがスポーツにハマることです。

運動は男性ホルモンの分泌を促進する上に、ストレスの解消に繋がります

さらに、スポーツは体調管理が重要になるので、食生活を見直すきっかけにも。

男性右

遺伝による薄毛を根本的に治すことは難しいですが、先送りにすることなら可能です。

育毛剤を使う

すでに発症してしまった方は、育毛剤で改善することをオススメします。

若い内は毛根内の毛包幹細胞も元気なので、育毛剤の効果が出やすいのです。

男性右

すぐに改善する場合もありますが、3ヶ月~6ヶ月はこつこつ続けましょう。




\ 今月のおすすめ企画! /
漫画で分かる育毛特集

ハゲ・薄毛の原因と薄毛対策育毛剤育毛剤の基礎知識
10代が育毛剤を使っては危険!未成年の中学生高校生の若ハゲ改善法
【男女別】10代でも安全に薄毛対策できる育毛剤は?


ハゲ・薄毛の原因と薄毛対策育毛コラム
ハゲと遺伝の関係を超わかりやすく解説!薄毛遺伝子と人類の戦い!
自分はあてはまる?ハゲの遺伝の仕組みとは!


ハゲ・薄毛の原因と薄毛対策育毛にいい食事・生活習慣
湯シャンの効果でハゲる!?正しいお湯シャンプーのやり方で薄毛改善!
湯シャンのメリット・デメリットを正しく理解して薄毛対策!





育毛シャンプー男性おすすめランキング