育毛剤を使用中は献血に参加できない場合がある

育毛剤で献血は禁止


育毛剤を使用して献血してしまった

大きな手術の際に必要な血を患者に輸血するための献血、日本では特にA型の血は慢性的に不足しがち。

社会貢献の為に通っている方もいれば、友人仲間やクラブの付き合い、会社の方針などで定期的に参加される社会人の方も居らっしゃると思います。

この献血、ピアスや刺青、海外旅行後、HIV、C型肝炎が理由で参加を断られるという話は有名ですが、育毛剤を使用していると献血に参加ができない場合があるというのはご存知でしょうか?

男性右

育毛剤の副作用の記事で書いた育毛剤の中でも献血可能と不可のものがあるのです。



使用中は献血がダメな3つの育毛剤

献血できない医薬品

リアップ×5を使っているのに献血をしてしまった!と慌てて検索している人がいるかもしれませんがご安心ください。

育毛剤の中でも頭皮に塗るタイプの育毛剤を使用している方は献血に参加しても問題はありません

問題があるのは錠剤の飲むタイプの育毛剤を服用している人です。

日本赤十字社ホームページより使用したら献血に参加できない育毛剤の記述があります

  • AVODART(アボダート)最終使用後1カ月間
  • PROPECIA(プロペシア)最終使用後1カ月間
  • PROSCAR(プロスカー)最終使用後1カ月間

参考元:日本赤十字社



この3つの錠剤を指定期間内に使用した方は献血が禁止されています。

男性右

リアップはぬるタイプの育毛剤なので問題ないのです。

錠剤の育毛剤

アボダートとプロスカー

アボダート、プロスカーは日本ではまだ脱毛症の治療薬として認可されていないので(前立腺肥大の治療薬としては認可されている)聞き慣れない方も多く、医師から処方される事はありません。

問題はプロペシア(フィナステリド)です。

プロペシアは脱毛症治療薬としてすでに日本で認可されているので、AGA治療のための病院では処方されています。

プロペシアの成分はフィナステリド。フィンペシアなどのジェネリックも成分は同じなので該当される方もいるのではないでしょうか?

もしもプロペシアを服用していた場合、最後に服用後1ヶ月の期間が過ぎるまでは献血への参加はできません

血液中に薬の成分が残ってしまうからです。

男性右

ちなみにピアス、刺青の場合は最後に入れた日の6ヶ月後から、海外旅行から帰国後は4週間後から献血に参加可能です。



プロペシア(フィナステリド)を服用すると献血できない理由

プロペシアの錠剤
献血が禁止されている3つの育毛剤の錠剤で、プロスカー、プロペシアの成分はフィナステリド、アボタートの成分はデュタステリドです。

この2つの成分の作用はどちらも前立腺肥大治療薬として効果があるのと同時に、脱毛症治療にも効果があります。

簡単に説明すると男性ホルモンによる薄毛への影響を抑える薬で、育毛、発毛効果が強いのと同時に副作用が強い事でも有名。

フィナステリド、デュタステリドが献血にダメな理由は、男児を妊娠中の女性の体内に入ってしまうと胎児の生殖器の発達に異常が起こってしまう副作用の可能性があるからです。

男性右

妊娠中の女性は触れる事も禁止されている薬なので、献血によって直接血液中に送り込まれてくればものすごく危険なのです。



ミノキシジルは服用していても献血できるのか?

ミノキシジルタブレット

日本ではAGA治療薬として病院で医師からプロペシアとミノキシジルがセットで処方される事が多いです。

このうちの1つのプロペシアは献血できない事がわかりました。

ミノキシジルは服用中に献血しても大丈夫なのかについてはネット上のサイトやYahoo知恵袋を調べた所、【ミノキシジルも同様に禁止や避けた方が無難】といった内容がありました。

しかし、今ひとつ信頼性に欠ける内容で真偽がはっきりしませんでした。

日本赤十字社に直接電話で確認

電話で真実の確認
日本赤十字社献血センターのお問い合わせ電話番号から、ミノキシジルを使用していたら献血に影響はあるのかを電話で職員の方に直接確認しました。

結果、ミノキシジルはリアップの塗るタイプ、錠剤のミノタブどちらも使用中に献血に参加する事は可能との事です。

献血当日に服用していてもOKとの事でした。

ミノキシジルは血管を拡張させて血液の血流を良くして発毛を促す作用なので、男性ホルモンへの影響はなく献血に参加しても問題がないのです。

ただし、注射タイプのミノキシジルに限っては前日まではOKだけど献血当日の使用は不可との事です。

男性右

ドラッグストアやCMで良く目にするリアップやロゲインは、ミノキシジルを含んだ頭皮に塗るタイプの育毛剤ですのでこれを使っていても献血には参加可能です。

まとめ
  • 献血に参加できない育毛剤はプロペシア、アボダート、プロスカーの錠剤
  • 成分のフィナステリド、デュタステリドが妊娠中の女性の胎児に悪影響だから
  • ミノキシジルは使用しても献血に参加して問題ない

使用中も献血に参加できる育毛剤

チャップアップは献血が禁止されている成分が含まれていません。センブリエキスや海藻エキスなど無添加・無香料の育毛剤。天然の成分でジヒドロテストステロンを阻害しますので副作用の心配がなく、高い育毛効果を期待できます。アミノ酸、ビタミン、ミネラルやその他に約50もの成分配合で薄毛改善効果が高くて献血ができる安全な育毛剤です。


チャップアップ育毛剤







関連記事


⇒イクオスの評価




⇒ポリピュアEXの評価




⇒育毛剤の正しいタイミング