シャワーの塩素

シャワーの塩素がハゲにも髪にも悪いっていう噂があります。
というのも、水道水に含まれる残留塩素が頭皮にあたることによって、皮脂や常在菌が除去されてしまうというのが問題視されているのです。

毎日行う習慣が、まさか薄毛を進行させる原因になっているなんて、信じたくありませんよね?

今回は、シャワーや水道水、プールの残留塩素が薄毛や頭皮になぜ悪いのかを徹底的に解説していきます!

シャワーの塩素はハゲの原因になるか

シャワーの塩素
塩素を含んだプールに入った後などに皮膚が乾燥してしまうように、シャワーの残留塩素が皮脂を洗い流してしまうことで頭皮が乾燥しやすくなってしまうのは事実です。

皮膚の表面に浴びるシャワーでハゲのダメージを受けやすいタイプを見ていきましょう。

アトピー性皮膚炎の人

一般的には、シャワーが原因でハゲるという可能性はほとんど無いと言っていいでしょう。
何故なら、シャワーは日本国民の大多数が毎日浴びるものです。

これが原因でハゲるというのなら、大体の日本人がハゲということになってしまいます。

しかしまったく影響を受けないかと言われれば、答えは「No」です。

水道水が原因でハゲになるという人は、少ないながらも確実に存在しています。
例えばアトピー性皮膚炎の方。

水道水に含まれる残留塩素は、人体に悪影響を及ぼさない程度とされてはいますが、アトピーのように僅かな量でも過剰反応してしまう症状を抱える方にとっては十分に問題です。

脂漏性皮膚炎の人

脂漏性皮膚炎の方にも残留塩素は悪影響を与える可能性があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の過剰分泌により常在菌マラセチアが異常増殖、その代謝物が炎症を引き起こすというもの。

この炎症は塩素の刺激に弱く、水道水の残留塩素の影響で完治が長引いてしまう可能性があります。

頭皮で発生した場合、その影響で髪が抜けてしまう可能性は否定できません。

⇒KADASONカダソンのシャンプー成分効果で脂漏性皮膚炎は治る?

水道水の飲み水の塩素もハゲる原因になる?

水道水の塩素

では、水道の蛇口から出てくる飲み水に含まれる残留塩素は頭皮に影響するのでしょうか?
こちらも基本的には影響はありません。

飲み水は口から体内に摂取するものなので、それが頭皮に露骨に影響が出る程の残留塩素の場合、カルキのニオイで飲めたものではありません

あまりに臭いと思う場合は、飲まない方がいいですが、飲める程度なら普通に飲んでもらって問題ないでしょう。

薄毛以外にも健康を気にするならば、塩素除去フィルターをつけるのが一番安全で味もおいしく飲めます。

残留塩素濃度とは?

残留塩素濃度
一般的に蛇口を捻れば出てくる水の残留塩素濃度は、0.1ppm~1.0ppmと水道法で決まっています。

このppmとは、100万分の1という意味です。

つまり、1.0ppmということは、1リットルの水に1mgの塩素が含まれているという意味になります。

ただ、基本的には残留塩素濃度は1.0ppm未満とされてはいますが、長い間開いていない蛇口には塩素が溜まりやすく、水を出した瞬間には1.0ppmを超えてしまっているケースもあります。

東京都の水道水の残留塩素濃度

ちなみに東京都の水道水の残留塩素濃度は大体0.3ppm~0.4ppm、高くても0.5ppm程度を保つように管理されています。

以前はもっと高濃度だったようですが、昭和60年から、厚生省による「おいしい水研究会」の設置、都独自の「おいしさに関する水質目標」を設定などの改善が進められ、今では0.1ppm~0.4ppmという厳しい水質目標で管理を行っています。

他の各大都市でも、残留塩素濃度は減らしていく傾向があるので、将来的にはさらに安心な水になっていくと考えられます。

しかし、やはりアトピーや皮膚炎を抱えている方は、残留塩素はできるだけ減らしたいところ。
そんな時は塩素カットフィルターの導入を検討してもいいかもしれません。

塩素カットフィルターは効果があるのか

塩素除去フィルター
塩素カットの浄水フィルターには、どのくらいの効果があるのでしょうか?
実は塩素カットフィルターには2種類あり、それぞれ塩素除去率には差があるのです。

その種類とは、ビタミンCタイプとセラミックタイプです。

ビタミンCタイプ

ビタミンCタイプは、ビタミンCを塩素と反応させ塩化ナトリウムに化学変化してしまうという手法をとっています。

塩化ナトリウムといえば「食塩」
体内に取り込まれても安全です。

セラミックタイプ

セラミックタイプは、遠赤外線効果で塩素を吸着させて除去するという技術を使っています。

塩素除去率はビタミンCタイプの方が圧倒的に高く、セラミックタイプは塩素が残ってしまいます。

しかし、ビタミンCは反応して無くなってしまうためフィルター交換が必須なのに対し、セラミックはそのものが残るためフィルター交換の必要がありません。

どちらが優れているのかは一概には言えませんが、懐具合をみて判断するのがいいかもしれませんね。

まとめ


残留塩素で薄毛になるということは、基本的にありません。
それを気にするよりは、シャンプーの成分にこだわるなどで対策を取ることをオススメします。

しかし頭皮にアトピーがあったり炎症を起こしていたりする場合は、その限りではありません。
そのような場合、塩素カットのフィルターを購入して、できる限り残留塩素濃度を減らし、頭皮を守るようにしましょう。

関連記事


⇒シャンプーの界面活性剤で薄毛は嘘?噂の真実とハゲる原因



⇒ヘアカラーが薄毛の原因に!ハゲないための毛染め方法は?





育毛剤おすすめランキングと薄毛対策