世界の育毛剤、海外でハゲ・薄毛はモテるのかをCJが調査
ファビュラスなイラストで失礼します。

プロブロガー&ライターのCaptainJack(@CaptainJacksan)です。


突然ですがわたくしキャプテンジャック、育毛取材旅行のためベルリンとルワンダへに行くことになりました。

まぁしょっぱなからこんなんどう考えたって


ジャック

なんでやねんw

(っていうかルワンダどこww)


って感じだと思いますので、まず経緯をご説明したいと思います!




〜回想〜


ピロロロ〜ン。メールを受信しました。


ジャック

おっ、寄稿記事のご依頼とな。オッケーイ!どれどれ、内容はと

育毛サイト育毛サイト

ジャックさんがナビゲーターとなって、お知り合いの海外ブロガー様に各国の育毛剤やハゲ事情をインタビューして下さい

ジャック

(・・・おれ、フサフサやけどいいのかな?😇w)

面白そうなんでぜひ書かせていただきたいです、っと。オッケーイ!(送信)



(激しく中略)



ジャック

というわけで、ルワンダにはがいますし、ベルリンではゲーム関係の友達の家に泊めてもらって経費を浮かせたいと思います。ご存知の通り長年に渡る借金生活により節約力マジでハンパないですから、経費削減はお任せください!

育毛サイト育毛サイト

さ、さすがジャック様!頼りになりますm(_ _)m

ではその方向でよろしくお願いいたします!

ジャック

承りました!お任せくださいオッケーーーイ!!



ジャック

インタビューする3人とも全くもってハゲてないし、間違いなく薄毛・育毛に詳しくないと思うんやけど大丈夫かな? まぁ仕事ということでタダで旅行できるしいっか⊂(^ω^)⊃w)


というわけで、別にハゲてないジャックが薄毛・育毛剤の記事を書かせていただくということで、相談に相談を重ねた結果、


ドイツとルワンダまで、はるばる【薄毛・育毛調査旅行】に行くことになりました〜!


ドイツのあの人とあの人、そしてルワンダのあの人にインタビューを敢行して参りたいと思います!

マジでハンパない壮大な記事になりましたので、ぜひ最後までお付き合いくださいオッケーイ!!





フィンランド・ユリアにインタビュー

フィンランドでハゲはモテるかをユリアにインタビュー

実は私CaptainJack、フィンランド人の美女と結婚しておりまして。
というわけで、ドイツ&ルワンダ育毛取材旅行に出発する前に、ワイフにも軽くフィンランドでのハゲ・薄毛事情を聞いてみることにしました!


ジャック

フィンランドではハゲてたらモテないのかな?関係ないか😇

ジャック嫁

似合ってたら普通にモテると思う。そんなに関係ないかも

ジャック

素晴らしすぎ!

ジャック嫁

そう?急にどうしたの?メスタリハゲた?😆

ジャック

いや大丈夫。安心して😇w




というわけで、まずはベルリンへと旅立ちたいと思います。


ジャック嫁

メスタリ、荷物は?

ジャック

これだけやけど⊂(^ω^)⊃w



そう!フィンランドから5日、手ぶらでベルリンへ行って参ります!

まぁワイほどの旅師になるとこれくらいは基本ですね。

コートの左ポケットにパンツ1つと靴下2つ入ってますからね。笑


冒頭から急展開すぎワロタですが、実際ホントにそんな感じでトントン拍子で話が進み、気付いたらベルリン行き当日って感じでした。

それでは早速取材旅行へ出発したいと思います!



オッケーーーイ!!!




ドイツ ベルリン編・オッケーーイ!

育毛国際交流ドイツ編の高田ゲンキさんのイラスト

絵:ベルリン在住の人気イラストレーター・高田ゲンキ画伯


今回のベルリンは、とあるお二人の有名なフリーランス&ブロガーの方々にインタビューをさせていただくようアポを取っています。

というわけで、早速約束の場所に移動したいと思いますねぇ!


ベルリン在住フリーランス『wasabi』さん&イラストレーター『高田ゲンキ』さんに取材を決行!

ベルリンの薄毛事情をゲンキさんwasabiさんにインタビュー

ベルリンフリーランス首脳会議オッケーーーイ!


冒頭から集合写真で失礼します。ベルリンのフリーランス神2+フィンランドのCaptainJackです。

というわけで!!お待ちかね!


今日は、ベルリン在住のフリーランスの星『wasabi』さん、そして同じく人気イラストレーター『高田ゲンキ』さんに取材させていただくため、ベルリン中心部にあるwasabiさんお気に入りのカフェへとやって参りました!

さて、お二人について簡単にご紹介させていただきましょう!



wasabiさん

こちら、wasabiさん!

海外フリーランスの集まるオンラインサロン『wasabiの海外フリーランス養成スクール』の運営者であり、海外在住日本人フリーランスの中心的存在と言えるでしょう!

ブログ:WSBI
Twitter:@wasabi_nomadik



高田ゲンキさん

こちら、高田ゲンキさん!

2012年からベルリン在住の人気イラストレーターであり、連載中のコミックエッセイライフハックで行こう!はフリーランスや海外在住者を中心に広く読まれています!

ブログ:Genki Wi-Fi
Twitter:@Genki119



さて、お2人の紹介が済んだところで、


ベルリンでは、ハゲ・薄毛の男性はモテるのか?


という誰もが興味津々間違いなしのテーマについて、全くハゲる気配のない40代のゲンキさん、そしてこのテーマに特に親和性のなさそうなwasabiさんという専門家のお二人にインタビューさせていただきたいと思います!


ジャック

ゲンキさん、いきなり聞きますけどドイツではハゲ・薄毛の男性ってモテると思います?

ゲンキさん

まぁ、多分ベルリンは気にしない人が多いよね。そもそも、見た目の話題をあまりしないと思う。ジャックさんが前書いてた記事あったでしょ、ちょうどあんな感じじゃないかな。

ジャック

おおー!海外は人種差別に繋がり得るから見た目の話題はなるべく避けるってやつですね!確かにそうですよね、特に欧米はそのへんセンシティブですもんね。

wasabiさん

そうそう。ハゲ・薄毛に限らず、あんまり見た目の話自体しないっていうか。

ジャック

ですよね。つまりハゲ・薄毛がモテるモテない以前に、そもそも見た目の話題にならないと。あ、あれ。なんかこれ結論出てもうてません?トークの流れ的にはまだ序盤にもほどありますけど😇w



うけるw


wasabiさん

あ!でも私のドイツ人の友達で、まだ29歳で若くて頭頂部が禿げてきてる人がいて。彼はたまに自虐しますね!『そんなこと言ったらまた僕の髪が薄くなっちゃうよ〜』とか言って。

ジャック

おお、なるほど〜!

ゲンキさん

でもさ、白人は肌の色と髪の色が近いから、ぶっちゃけ髪の毛が薄くてもあんまりわかんないよね。日本人だとさ、ちょっと目立つかもしれないけど。でも、こっちの人はみんなあんまり気にしてないよね。

そういえばさ、俺、カツラ見分けるの得意だよ。だいたいわかるね。



『俺、カツラ見分けるの得意なんだよね』


ゲンキさん

絵描きはさ、人の顔の造形を構造的に観察する癖があるんだよね。だからつい見ちゃうんだけど、例えば額のラインから見たときに分け目とかつむじの位置が不自然に見える人がいて、そういう人はカツラの可能性が高いんじゃないかな。

ジャック

な、なるほど!スキルから導き出された推論でワロタw

ゲンキさん

自分も若い時、将来ハゲるかもっていう恐怖があったの。そのときに人の分け目とか生え際とかを観察してたことがあって、そのときになんていうか見えてきたんだよね。

wasabiさん

えっ、ゲンキさん将来ハゲる心配してたんですか!?そんなにフサフサなのに?

ゲンキさん

そうだよ。ぶっちゃけフリーランスになってなかったら今頃ハゲてたかもしんない。

ジャック

僕もそれはなんとなくわかります。フリーランスはストレス少ないのいいですよね!カツラを見分けるスキルはないですけど、それには大変同感です。

ゲンキさん

サラリーマンって、朝早起きして、満員電車に乗って会社行って、好きでもない仕事して、好きでもない上司と飲んで帰ったりするわけでしょ。ストレス凄いと思う。そりゃハゲるよね

wasabiさん

確かに。笑

ゲンキさん

だからね、結論としてはフリーランスやるとハゲないよ。なんかちょっとうまくまとめちゃった感じだけど(笑)



captainjackと高田ゲンキ
いかがでしたでしょうか。ゲンキさんとwasabiさんとの15分にも及ぶ長時間の対談のまとめを、内容盛りだくさんでお届けしました。

やはりというか何というか、ドイツ(というか多分欧米全般)ではハゲ・薄毛が日本と比べてあまりコンプレックスの対象になっていないという印象を受けました。

所変われば常識も変わります。薄毛に悩む日本人の皆さんも、このそもそもハゲ・薄毛を悩み事として捉えない、気にしないというスタンスには大いに見習うところがあると思いました。

そして、ゲンキさんいわく、「フリーランスやるとハゲない」とのこと。ゲンキさんは40代前半ですが、写真の通りフッサフサ。ストレスを溜めないことがポイントのようですね!

ジャック

wasabiさんゲンキさん共にフリーランスだけあって、最後にフリーランスのポジショントークで締めくくるとは流石です。ノーストレスだけあって、40代でも毛根まで伸びシロですねぇ!



wasabiさん、ゲンキさん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!


ドイツの市販の育毛剤

ドイツの育毛剤が売っているドラッグストア
終わりじゃないぞよ。もうちっとだけ続くんじゃ。

改めて失礼します、世界を股にかけて活動するハゲ・薄毛ライターのCaptainJackです。


というわけで!


ドイツの育毛剤事情を調査するため、ベルリン最大規模のドラッグストアにやって参りましたよ〜!オッケーーーイ!!



早速ドイツの 育毛剤 を探してみたいと思います!

いや〜、広くて綺麗な店内ですね〜



さすがEUの盟主ドイツの首都ベルリン。品揃えも抜群ですね〜



ヘアケア製品を探すドイツ人美女

美女もいますね〜



育毛剤っぽいものを見つけたwasabiさん

おっ?wasabiさんが育毛剤っぽいものを見つけたようです


wasabiさん

これかな?

ジャック

う〜ん、ちょっと違うっぽいですね




広くてどこにあるかわからないので、素直に店員さんに聞くことにしました。


wasabiさん

すいません、育毛剤を探しているのですが(ドイツ語)

ジャック

カッケーーーイ!




ドイツの育毛サプリメント

というわけで!あ、ありました!ドイツの育毛剤です!!育毛サプリメント(亜鉛・ビオチン・葉酸)



ドイツの市販の育毛剤

そしてこっちには!育毛剤リキッドタイプ!オッケーーーイ!!

ジャック

値段は育毛サプリメントが3.15ユーロ(400円)、リキッドタイプの育毛剤が9.75ユーロ(1,300円)でした。



即購入し、wasabiさんに貴重なサンプルとして日本に持ち帰ってもらいました!自分でフィンランドに持って帰らなかったのは、手ぶらで来たので液体を持ち帰る方法がなかったからです。(育毛剤は飛行機内持ち込み禁止)


というわけで、無事にハゲ・薄毛インタビュー&育毛剤購入 in ベルリン、ミッションコンプリ━━━━o(*・ω・*)ノ゙━━━━トッ!!!


いや〜、ベルリン薄毛紀行最高に楽しかったです。

そして一旦フィンランドへ帰還し、次の取材へと備えます。

もうちっとだけ続くんじゃ。


インド・カヨリーナさんインタビュー

インドのカヨリーナさんにインドの薄毛事情をインタビュー
なんと、この度インドのハゲ・薄毛事情について、インド在住ブロガー&ビジネスウーマンのカヨリーナさん(@kayoreena1021)にインタビューさせていただくことができました!

ドイツから次はルワンダかと思いきや、この流れでまさかまさかのインド美女の登場です!(インド人じゃないよ😇w)



〜30分ほど楽しく雑談〜


ジャック

ではそろそろ本題に入りたいと思うんですが、そもそもインド人ってハゲてる人っていますか?

インド

インド人は体毛が濃いですね。髭とかも凄いです。ハゲてる人はあんまりいないかも・・・。中途半端にハゲてる人がいない感じです。カットしてるならカットしてるし、なんか薄い人みたいな人はあんまりいないかも。

ジャック

インド人、ターバン巻いてて髪の毛長いイメージありますもんね。笑 インドには育毛剤とかのヘアケア製品は売っていました?


インド

ヘアオイルとかサプリメントとかがありますね!インドはサプリメントとかが主流なんですよ。サプリメントに限らず、育毛剤は例えばデュクレイっていうフランスメーカーみたいな輸入品はちょこちょこ置いてありますね。インドで商品を売りたいというヨーロッパの化粧品メーカーは多くて、10年以上前からインドに進出しているみたいです。

フランスのメーカーデュクレイの輸入品の育毛剤

フランスのメーカー”デュクレイ”の育毛剤


インド

インドにはアーユルヴェーダがあって、アーユルヴェーダの抜け毛を減らすヘアオイルも売ってました。抜ける毛を減らすので、ある意味育毛剤としてオススメしているみたいです。

インドの抜け毛を減らすアーユルヴェーダのヘアオイル

アーユルヴェーダのヘアオイル

ジャック

なるほど〜!育毛剤の値段はいくらぐらいですか?

インド

1,000ルピー(1,750円)とかでありますね。輸入品は4,000ルピー(約7,000円)とかしてました。現地の物価に比べて高すぎますよね。誰か買うんですかね。笑(※1ルピー=1.75円換算)

ジャック

ほんまですよね。インドの人って、ぶっちゃけ生活水準的に髪の毛が生えてるかどうかまで気にしてられないような気がします😂

インド

そうだと思いますよ。アッパー層のビジネスマンとかは気にしてるかもしれないですけど、みんなもっと貧しい生活してますからね・・・。インド人はお金にシビアなので、髪の毛が生える薬に1,000ルピー(1,700円)も払わないと思います。笑

インド

でも、なんだかんだ言ってインドは人口が多いじゃないですか。13億人とかいるので、買う人はいるんでしょうけど。日本みたいに中間層ばっかりじゃないので、どのくらい売れるのかはわからないですね~。

ジャック

なるほどねぇ〜!大変な国ですね。水は違うし食べ物は辛いし、暑いし、大気汚染凄いし

インド

あ!そういえば、インドは水が硬水なんですよ。数年単位で使ってると、抜け毛の原因になるらしいです。水質の違いで髪が抜けるって悩んでる日本人駐在員もいます。




真剣な表情のカヨリーナさん

真剣な表情のカヨリーナサマ



ジャック

ところでカヨリーナさんは、彼氏がハゲてたらどうですか?

インド

ぶっちゃけ・・・・・・髪の毛はあるほうがいいですよね(笑)

でも、もし彼氏が抜け毛に悩んでるとして、素直に相談されたら嬉しいですよ!私、外見に対して努力することに対しては全然肯定派です。なんなら、整形するのも全然オッケーですし、育毛剤使うとかも全然オッケーです。もし私に隠れて裏でやってたとしても、むしろ努力してて素敵だなと思いますね!カツラとかつけたいなら一緒に見に行きます

ビジネスマンってなんだかんだ言って外見はとても大事だと思うので、いつまでも若く髪をフサフサにしたいっていうのなら全然応援しますよ!


ジャック

素晴らしい・・・!髪は大事ですよね。髪は女性の命って言いますけど、普通に男の命でもありますからね。笑

インド

あ、あと髪の毛が減る原因って、遺伝とかもあると思うんですけど、ストレスも大きいと思うんですよね。私看護師なんで(注: この美女、北大医学部卒の看護師です)、一緒に食生活とか生活習慣の改善やりますよ!日本人男性は大変なんで、抜け毛も会社とか人間関係のストレスから来てると思うんですよ。

ジャック

「ぶっちゃけ(髪の毛は)ある方がいいですね」発言からのフォローハンパないですね。笑

インド

バ、バレた・・・ フォローの時間めっちゃ長い(笑)

ジャック

ストレスの件についてはよくわかるんですけど、一つ疑問があって。インド人って厳しい生活環境で生きてるから、日頃から結構なストレス感じてると思うんですよね。それなのにハゲてる人があんまりいないっていうのはなんでやと思います?

インド

ぶっちゃけ、彼らはあんまりストレス感じてないんですよ。「家族がいてご飯が食べれたら幸せじゃね?」みたいな、そんな感じで毎日生きてると思います。ヒンディーの教えとして、現世より来世の方が良くなるという教えがあるので、例えば今はカースト最底辺のホームレスだけど、来世はもっと良くなるっていう考え方があって。なので、意外とストレスはあんまりないと思いますよ。

インド

インドはこれから伸びていくと思いますけど、適当な国なんで、何か一つのことにこだわりがないですよね。例えば日本だったらミーティングに電車の遅延で5分遅れてもすいませんって感じですけど、インドでは「ごめん遅れちゃった(てへぺろ」みたいな感じで。笑 みんな約束もすぐすっぽかすし、まぁいっかって感じで生きてますね。

インド

彼らなりにストレスがあるとは思うんですけど、日本人が感じているようなストレスじゃなくて。日本人は何か嫌なことがあっても、ニコニコしてごまかすじゃないですか。こっちでは言い合って殴り合ったりもしますし、でも次の日にはもう仲良しみたいな。笑




インドのカヨリーナさん

フォローの時間めっちゃ長いやん(笑)



インド

そういえば、うちの母が若い頃から育毛剤使ってるんですよ。40歳ぐらいから。なので、女性も育毛剤使った方がいいよっていうアドバイスは小さい頃から受けてましたね。

ジャック

な、なんだってーー!?まさかこの終盤でそんな都合のいいエピソードが出てくるとはw

インド

(笑)。今って茶髪にしたりするじゃないですか。だから、予防がてらつけとくのは美容にいいよみたいなことを言われてました。みんな黒い綺麗な髪の毛だったら嬉しいと思ってるじゃないですか。だから、育毛剤は恥ずかしいものじゃなくて、若さを保つために化粧水みたいな感じで使えばいいんじゃないかと思ってます。

ジャック

なるほど〜!育毛剤を若さを保つために化粧水のような感覚で使うというのは新しい発想ですね!ナイスなフレーズをいただきました。今日はインタビューさせていただきどうもありがとうございました!

インド

こちらこそ、楽しかったです!ありがとうございました♬



いや〜、美女へのインタビューは心が洗われるようですね😇w

それにしても「育毛剤を若さを保つために化粧水のような感覚で使う」このフレーズはいただきです。髪の毛のケアってこのくらいの気持ちでやっていいと思うんですよね〜!ナイスフレーズを教えてくれたカヨリーナさんには改めて感謝です!



カナダ・天野洋平さんインタビュー

カナダ・天野洋平さんにハゲ事情をインタビュー
なーんとなんと〜!!まさかのインタビュー第二弾、お二人目の登場です!そろそろルワンダだと思ったでしょう。まだまだコンテンツ盛りだくさんなんですよ😇w

というわけで、インドのカヨリーナさんに続いてカナダ在住のプロブロガー天野洋平さん(@yohey_hey722)にインタビューさせていただき、カナダのハゲ・薄毛事情についてお伺いしたいと思います!


〜30分ほど雑談😇〜


ジャック

さて、それでは本題へ移りましょう!カナダのハゲ・薄毛事情についてお伺いしたいのですが、ズバリカナダではハゲてる人はモテますか?薄毛というのはマイナス要素になりますか?

カナダ

薄毛の人はカナダにもいるでしょうけど、少ないですし、そもそも彼らは髪のことを気にしてないと思います。日本みたいに、少なくなった髪の毛を横から持ってきたり・・・っていうのも、こっちではまずないですね。

カナダ

あと僕たちが住んでるウィスラーという街はちょっと特殊で、雪山がすぐ近くにあるようなところなので、帽子とかキャップとかニット帽とかを被ってる人が多いんです。そういう意味でも、薄毛の人は目立ちにくいのかもしれません。地域柄もあると思いますね。

ジャック

なるほど〜!スノーボーダーみたいなウインタースポーツマンがたくさんいて、帽子で頭が自然に隠れるんですね。確かに環境的には特殊ですね。笑

カナダ

そうなんです。そもそもハゲてる人が自分の髪の毛のことを気にしてないから、周りも気にしないんだと思います。なんとなく聞いた話によるとどこかのヨーロッパの国ではハゲてるほうがモテるというか、ハゲてることに対して全く恥ずかしいという感情を抱いていないというか、そういう話は聞いたことはあります。

カナダ

あと、日本人もこっちに住んでる人はハゲてる人が少ない気がします。30代後半から40代になってくるとハゲてくる人もいると思いますけど、こっちではあんまりいないですね。あんまりストレスがない生活だからかもしれません。



天野さんの奥様

ここでまさかの奥様登場!


ジャック

奥様、お世話になっております。CaptainJackです。物凄く突然で不躾な質問なんですけど、ようへいさんがハゲたらどうします?

カナダ2

それはそれでしょうがないです。

ジャック

お・・おお!笑

カナダ2

選んだ人がハゲたらしょうがないです。逆に、あんまり隠したりはして欲しくないかな。横から持ってきたり。あと、本人が育毛剤とかで頑張りたいと言うのなら全然いいんですけど、植毛とかは個人的にやりすぎかなって思います。続けないといけないし、頭皮とか自分の皮膚を傷つけるんじゃないかって。心配ですね。

ジャック

優CJ!(優しいという意味のジャック語です😇w)

ようへいさん、奥様、今日はインタビューのため貴重なお時間いただきありがとうございました!



ようへいさん:こちらこそありがとうございました!


ジャック

オッケーイ!




次はお待ちかねのあの国へ行って参ります!

この記事のハイライトオッケーーーーーーーイ!!


アフリカ ルワンダ編・オッケーーイ!

アフリカルワンダの育毛剤や禿げ薄毛を調査
さて、ベルリンから帰還したのも束の間!

アフリカのハゲ・薄毛・育毛事情を調査するべく、一行はルワンダの奥地へと向かいます。

それこそほんまに


なんでやねん😇w


って感じですが、それはもちろんルワンダにあの人がいるからです!

そんなわけで・・



ジャック、ルワンダ到着

ジャックさんルワンダ空港に到着

オッケーーーーイ!!!



今回のミッションは、世界の国の育毛事情を調査すること。

世界といえばルワンダでしょう!



えっ、ルワンダどこって?ルワンダ、こ こ!
ルワンダの地図


学校で地理の時間に習ったでしょう!(多分普通に習ってなさそうですね😇w)

なお、ルワンダは1994年に発生し100日で100万人が虐殺された『ルワンダ大虐殺』で世界的に有名な国であり、僕も10年近く前に本を読んで詳しく知っていました。そんなルワンダを、まさかこんな形で訪問することになるとは!

最終日にルワンダ虐殺記念館(Kigali Genocide Memorial)にも行き寄付してきましたが、それはまた別のお話。

今回はハゲ・薄毛について、徹底的にやりたいと思います!



ルワンダ在住公認会計士ブロガー、『ぴかりん』ことンガボ登場!

さて!!


今回はルワンダに超強力な相棒がいますので、早速紹介したいと思います!

ルワンダの空港に到着したジャックを笑顔で迎えてくれたのは〜っ!!



ルワンダの公認会計士ブロガーぴかりんさん

ルワンダでビジネスを展開中の公認会計士ブロガー、ぴかりん@dujtcr77)さんですオッケーーーーーイ!!

運営ブログ冷静と情熱のアイダでは、マイナスイメージの多いアフリカのイメージをぶっ壊し、スマートに暮らすスマートアフリカというライフスタイルを提唱しています!

彼は僕が主催する伸びシロサロンのエースで、毎日LINEをしている仲なんですが、実施に会うのはこの時が初めて!そりゃそうですよね。お互い住所がフィンランドとルワンダですから😇w

なおTwitterではぴかりんっていう名前ですが、基本ンガボっていうルワンダネームで呼んでいるので、この記事でもンガボで通させていただきます!現地語で『戦士』を意味する言葉だそう。スマートですね〜!

 


東京外国語大学卒でTOEIC950の公認会計士というパンピーにとってはチラ見するだけでキレそうな経歴の持ち主のンガボですが、その経歴から否応なしに与えてしまう固さとエリートさを全く感じさせない軽やかなトークとノリの良さが人気の秘密!

Twitterのフォロワーも2,565,000ミリ人を突破し、飛ぶ鳥をもっと飛ばす勢いで存在感を高めつつあるのがこのンガボという公認会計士ブロガーです!



というわけで!



一行は普通のタクシーとバイクタクシーを駆使し、ルワンダの首都キガリの空港から市内のンガボ邸に向かいます!

バイタクでキガリ市内に向かう様子


20分ほどでンガボ邸に到着しましたオッケーーーーイ!!

ルワンダの家

いや〜、いい家ですね〜!びっくりしますよ。お手伝いさん2人もいるんですよ!
(写真は昼に撮影したもの。ちゃんと晴れてる日に撮っとかんか〜いw)


なんと言っても注目は庭の奥に生えてる大きな木!見えます?

これ、アボカドの木です!庭にアボカドなってるんですよ!

アボカドフェチのワイとしては興奮しますね〜、ヤバすぎワロタw

というわけで、早速ンガボ邸にお邪魔したいと思います!



失礼しますオッケーーーーイ!!


ンガボさんの豪華な部屋

って、え・・・?
 



綺麗すぎやんけ〜〜w


これがホンマのスマートアフリカかてw

なんか、シャワー室戸寝室4ずつあるらしいです。

の・・・伸びシロですねぇ!



ジャック

ちょっとやらしいこと聞きたいんですけど、ぶっちゃけ家賃おいくら万円です?

ぴかりん

○○○ドルですね。住み込みのお手伝いさん2人の給料込みで

ジャック

安すぎワロタw



この人、住まいはアフリカですが。自宅、めっちゃ豪華です。

さすがスマートアフリカというライフスタイルを提唱するだけありますね。

まぁとりあえず着いたところなんで、荷物を置いて落ち着きたいと思います。


ジャック

ワイの部屋はどこかな?😇

ぴかりん

ジャックさんの部屋はそこの奥の左側なんで、自由に使ってくださいね。右はお手伝いさんの部屋です。

ジャック

あざーっすオッケーーイ!じゃあ早速荷物置いてちょっと着替えてきますね〜!




あっちですね?😇


フゥ〜〜〜 疲れましたね〜〜


〜10分後〜



キャプテンジャックがハーゲイに衣装チェンジ

キャプテンジャックがハーゲイに衣装チェンジ

キャプテンジャックがハーゲイに衣装チェンジ

キャプテンジャックがハーゲイに衣装チェンジ

キャプテンジャックがハーゲイに衣装チェンジ

captainjackがハーゲイになる

どうも〜〜〜!!

世界のハゲ・薄毛事情を調べるため、日本からはるばるアフリカはルワンダにやって参りましたわたくし ハーゲィ!と申します〜!ハード○イじゃありませんから気をつけてくださいね〜!


HG

ンガボさーん!お待たせしましたオッケーーーイ!改めて今日から一週間お世話になります〜!






HG

来週はハロウィンですからねぇ!ドレスコードオッケーイ!



このカッコの人とルワンダで1週間ずっと一緒・・・


不安になるぴかりんさん

フアンダ😇w



HG

そんなわけで、ジャックとンガボの1週間に及ぶハゲ・薄毛事情調査の旅 in ルワンダが始まったのであった。

オッケーーイ!





頭皮の血行を促進?ルワンダのワロタ温泉を体験!

寝起きのジャックさん

おはようございます、ハーゲィです。寝起き姿で失礼します。


そう!!(うるさい)


今日は早朝からバスで3時間かかる街へ行き、温泉に浸かりながら頭皮マッサージをしてもらうというミッションがあるんです。

なぜわざわざ温泉でマッサージなのか?もちろん頭皮に良さそうな気がするからです😇w



というわけで、眠い体にムチ打って着替えちゃいましたよ〜!早脱ぎ早米早卵オッケーーーイ!!!



ルワンダの子供とジャック

出かけようとしたらンガボ邸のお手伝いさん&娘ちゃんがいたので記念撮影!かわいいですねぇ!オッケーイ!(撮影後2秒で泣かれました😇)



ギャラリーオッケーーーイ!!



いや〜、絡まれますねぇ〜〜



お昼寝ですね〜〜

というわけで、バスに揺られること3時間半!!ギセニ温泉の近くのホテルに到着!やって来ました!今日はここに荷物を置き、ちょっと休憩した後温泉へ向かいます!



この公認会計士、なかなかキメてきますね。カッコいいです


パスポートを探すンガボ

カッコつけた反動かパスポートが見つからず、10分ぐらいカバンの中を漁ってましたけどね😇w


少し部屋で休憩し、ヘアーをこれでもかというほど頭皮マッサージしてくれると噂のギセニ温泉♨️へと向かいます。おやすみンガボ‪(๑`・ᴗ・´๑)‬



〜 起床 〜



ギセニ温泉に向かう道のり

バイクタクシーで温泉へ向かいます。
みんな見ているハーゲィ〜♫ オッケ〜〜イ!



ところが、目的地到着直前のところでリアルに暗雲が立ち込めます。


急に雨降ってきました😇w


仕方ないので、温泉の手前の小屋で雨宿り。を。するんですが。


これ・・・ 止むの?


フアンダ😇w



〜 数時間後 〜



ルワンダのギセニ温泉で頭皮マッサージ

暗闇から失礼します。雨が止むのを待ってたら夜になってしまったハーゲィです。

温泉に入って頭皮を含む全身マッサージをしてもらう模様をスマートに撮影する予定だったのですが、どうやら普通に無理そうです。


HG

フラッシュを駆使して暗闇の中ンガボが頑張って写真を撮りましたので、現地の様子を早送りでお送りしたいと思います!雨止むのオッセーイ!




ギセニ温泉で頭皮マッサージ開始

ギセニ温泉で頭皮マッサージをルワンダ人にされるジャックさん

んんんんんんwwww




グキッ



おあっww


ルワンダの頭皮マッサージ

おあああああああwww





アフリカのギセニ温泉で頭皮マッサージ

あああああああw


仕上げはおか〜あさ〜ん


いや〜〜〜〜 結構気持ちよかったww


いやー意外と気持ちよかった上、結構楽しかったです!

ただ、なんか僕最初頭皮に良さそうやからとか言ってた気がしますが、まぁどう考えても効果はほぼゼロですね。まぁ最初から効果あるとはこれっぽっちも思ってませんけどね😇w

重要なのは、このように人生を楽しみ、ストレスのない生活を送ること!ですね!

あれ?ベルリンのゲンキさんとおんなじこと言うてるやん😇ww


ルワンダの育毛に悪い食事を調査

さてさて。みなさんも当然ご存知のことと思いますが、食生活は体調だけでなく髪の健康にも多大な影響を及ぼします。

そんな中、ルワンダの食事は炭水化物と脂っこいものの宝庫らしいという悲惨な情報をキャッチしましたので、早速現地の食べ物を調査してみたいと思います!


ルワンダの現地の育毛に悪い食事

こちら、先ほどのギセニのワロタ温泉へ向かう道中に立ち寄ったお店の様子です。
写真からは何がなんやらわからないと思いますが、焼かれているのはじゃがいも、串焼き、ぽんじり的なもの、そして写真外にフライドポテト。肉と炭水化物の宝庫です。



ルワンダのフライドポテト
こちら、首都中心部のちょっといいショッピングセンタービル内のフードコートにて。
この量で200円。ルワンダ人はフライドポテトをよく食べます。



炭水化物や脂質が多い食事

こちら、ルワンダの首都キガリが誇るハイクォリティカフェのクロワッサン。
これは普通にマジでおいしいかったです。



ルワンダの黒ビール

黒ビールで失礼します。レストランでもハーゲィ、CaptainJackです。



キガリのクロワッサンこれはワロタ温泉のギセニで泊まったレストランなんですが、やっぱり炭水化物と揚げ物が多いですね。


というわけでざっと見てみましたが、ルワンダの食事はやはり髪にはあんまりよくないのではないでしょうか。

育毛にいい食べ物を探すのは難しそうです。ワカメとかないし😇w


ルワンダではハゲがモテるのか調査する

プールサイドで横になるジャックさん

ホテルのプールから失礼します。ルワンダではモテモテのCaptainJackです。

さて、今回はハゲ・薄毛をテーマとして取材旅行に来ているのですが、そもそもハゲ・薄毛の方々が一番気にしているのは、おそらく「人の目」「恥ずかしい」「モテなくなる」というようなところではないでしょうか?

そして、特に最後のモテに関しては大きな悩みだと思います。

しかし、この前提には純粋に疑問を感じます。そもそも、ハゲてたらモテないんでしょうか? 僕の高校時代の親友は若ハゲで20歳くらいからかなりキテましたが、33歳となった今でも結構普通にモテるんですよね。


というわけで!!


ここルワンダで、道ゆく人々にiPadでハゲ・薄毛の方々の写真を見せ、誰がカッコいいと思うか聞いてみるという聞き取り調査を行うことにしました!突然の展開で心踊りますねぇ!

調査のため、今回は以下の4人のハゲ・薄毛の方々にご協力いただきたいと思います!なお全て画像無料素材モデルの方々です😇w

それでは順番にご紹介していきましょう!


エントリーナンバー1番!

笑顔が眩しい『ジェントルマン・スマイル』!



エントリーナンバー2番!

君の瞳に乾杯!ブラジル・・じゃなかった『日本代表カルロス』!

(公式サイトあります😇w👉 カルロス天才.com




エントリーナンバー3番!

ニヒルな魅力の『パンク屋さん太郎』!



エントリーナンバー4番!

亀の甲より年の功、『ちょいワルオヤジ』!


以上4名の方に、果たして誰が一番ルワンダ人にモテるのか?というテーマで熾烈な争いを繰り広げていただきたいと思います!



みなさん準備はいいですか〜!?

どのタイプのハゲがモテるのかインタビュー

「「「「 オッケーーーイ!! 」」」」



調査内容はこう!

ジャックとンガボが街に繰り出し、道ゆく女性たちにこんな質問を投げかけます!

HG

どの男性が一番好きですか? 特に好きな人がいなければ該当なしと答えてください

HG

そう。あえて該当なしの選択肢を用意しています!シビアオッケーーイ!




では早速調査してみましょう!

そんなわけで、僕たちはルワンダの首都キガリの中心部へとやって来たのだ・・・



ルワンダの学生に声をかけるンガボ

「ヘイそこのお嬢ちゃんたち!ちょっと待ったァ!」
下校中かい? そりゃちょうどいいや!


ルワンダの街頭インタビューで女性に逃げられるぴかりんさん

「今から4人の男の人の写真を見せるから、誰が一番好みか選んでくれるかな?」


この後すぐに逃げられました。

人が多いので楽勝かと思いましたが、意外とそうでもないようですね・・・難航が予想されます😇w


調査を進めるべく、一行はさらにルワンダの奥地へと向かいます。

ルワンダの町をハーゲイで歩くジャックさん

オッケ〜〜〜〜〜〜〜イ



たまたま周りに空間空いてますが、たまたまです。めっちゃ見られますしめっちゃ絡まれてます。

アフリカ人に絡まれるジャックさん

ほらね😇w



アフリカ人の髪型

振り返りすぎワロタw


ぴかりん

人が多い方がやりやすいかなと思ってシティセンターに来ましたけど、ちょっとここ目立ちすぎますね。

写真も撮りづらいし、もうちょっと落ち着いたところに移動しましょうw

HG

そうしましょう!道の向こう側の店の店員まで全員こっち見てるしやりにくすぎww



*意外なことに、ルワンダでは写真に撮られるのを嫌う人が多く、人混みの中で写真を撮ろうとすると背景の群衆からもNOと言われるため、写真撮影が大変です。各シーンで写真にいくばくかの物足りなさを感じる場合もあると思いますが、実は背後にそのような事情があることをご承知いただけましたらオッケーイ!



というわけで、とりあえず近くの近代的なビルにあるシャレオツカフェに入り、お昼ご飯を食べながら作戦会議です。


と、その時、モダンな香りと洗練された雰囲気を漂わせたオフィスガールが隣の席に現れたのだった・・・。

インタビューを受けてくれたルワンダのOL

(インタビュー)受けないか


なんと、快く取材&撮影をOKしてくれるかわい子ちゃんが見つかりました!写真撮影NG多すぎワロタのルワンダにおいて、これは嬉しい!

しかも、絶対ダメって言われると思って初めからいくばくかの報酬を提示したのですが、お金は大丈夫よって言ってくれた優しい子なんです!


さて、そんな彼女が選んだ記念すべき1人目は・・・!?

果たして・・・!?



エントリーナンバー1の、ジェントルマン・スマイルでした!!


HG

ありがとう!なぜジェントルマン・スマイルを選んだんだい?

ルワンダレディ

笑顔が素敵だったからよ。

HG

な、なるほど笑顔!ちなみに全員薄毛もしくは毛がないけど、それは大丈夫?

ルワンダレディ

それは全然問題ないわ。



「ノープロブレム。」


キ・・・・キタ〜〜〜!!!


聞きたかった言葉来ました!なるほどオッケーイ!

って、よく考えてみたら


ルワンダのバス乗客の男性の髪型

ルワンダ人の男って、



ルワンダの坊主の人口

スキンヘッド or 超短髪率



ルワンダの短髪率

99%やないか〜い!!



なるほど〜!いい文化ですね!!

ムラコーゼ(キニヤルワンダ語で“ありがとう”)

いや〜 初っ端の一人目からいい感じですね〜。

っと、ここで取材を見ていた店員さんからツーショットのラブコールをもらったため、1秒で快諾の神対応😇w




帽子が気に入ったみたいですね^^ w

さて、そんなこんなで歩き回り、半日かけて50人の女性に取材を行ってまいりましたので、早速その調査結果をご覧に入れましょう!

これ、ぶっちゃけマジで大変やったでオッケーーーイ!!

英語通じない人多すぎワロタw 普通に断る人もいるしw 一緒にやってたンガボは途中で負傷wして家に帰るしww


結果発表

さて、彼ら4人の中から映えある優勝を手にしたのは・・・!?


ジャジャン!

エントリーナンバー1番、 ジェントルマン・スマイルでした!!50人中16人の票を獲得し、堂々の一位です!

せっかくですのでジェントルマン・スマイルさんに優勝インタビューをさせていただきたいと思います!



HG

いや〜凄かったですね〜!途中まで2位のカルロスさんと競っていたんですが、途中から独走態勢に入った感がありました。何か秘訣のようなものがあったのでしょうか?

外人

そうですねぇ!まずハゲてきたという現実を現実としてポジティブに捉える!それから個人個人の魅力、いわゆる個の力を高める!これが大事になってくるんじゃないかと、思いますねぇ!

HG

なるほど。スマイルさんを選んだ女性たちの理由としては、「笑顔が素敵」「ハンサム」、この2つが飛び抜けて多かったです。最後に一言、読者の方にメッセージをお願いします!

外人

伸びシロですねぇ!

HG

ありがとうございました!



そしてスマイル氏に続く2番人気は!なんと、2人います!


日本代表カルロス(11票) パンク屋さん太郎(11票)

理由:ビールが好きだから など 理由:強そう など


そして最後の4番は


ちょいワルオヤジ(2票)

理由:歳が近いから など

でした!!



こちら必死こいて書きためた集計表です😇



そして、大事な番外編。

誰も好みでないと答えた人の数は、10人でした。

これって意外と悪くない数字なのではないかと思いますねぇ!



この調査の結果、僕は独自に以下のように結論付けました。

  1. 所変われば常識変わる
  2. ハゲ・薄毛がほぼマイナスにならない世界がある
  3. 笑顔が一番魅力的
  4. やっぱりイケメンはモテる
  5. 歳の差が激しい場合は難しそう


HG

ぜひ参考にしていただければと思いますねぇ!

オッケーーイ!



超レアなオシャレな髪型の人にインタビューしてみる

ルワンダでおしゃれな髪型の若い男性
シャッターチャンス失礼します。ルワンダ訪問プロライターのCaptainJackです。

ルワンダ・50人好みの男性選手権が終わったところで安堵していたのですが、相棒のンガボから気になる情報をキャッチしました。なんと首都キガリには、パンクでファンキーなロングヘアの男性など、みんなと同じ坊主頭とは程遠い個性的で目立つヘアスタイルの人が時々目撃されるとのこと。

いや、今まで見た人ほとんど坊主かほぼ坊主やけど😇?と思いましたが、現地に住んでるンガボがそう言うので間違いないんでしょう。ぜひその貴重なヘアスタイルを写真に収めるべく、ジャックとンガボはシャッターチャンスを求めて街へと繰り出したのです。



いました。



ドレッドヘアーに近い髪型の19歳のクリスチャン

彼の名はクリスチャン、19歳。


あまりにセンスあるヘアスタイルだったので、見つけるや否やジャックとンガボはアイコンタクト。「「行きますか!」」

HG

Hey!その髪の毛凄くない!? みんなだいたいスキンヘッドやのに!どうやったらそうなるの?ステキすぎワロタw

ルワンダ男性

HahHa、ありがとう!凄いカッコだね!この髪かい?髪をつまんで丸めるだけさ。

HG

マジで〜〜〜!!!!それだけ!?

んがぼ左

今ちょっとした調査してきたんだけど、クリスチャンはモテるの?髪カッコいいし!

ルワンダ男性

それが、全然モテないんだ。

HG

マジで〜〜〜!!




撮影&掲載もOKしてくれたクリスチャン。いいですね〜!



ジャック、ンガボ、クリスチャンで記念撮影

いやぁ、体感坊主率99%のルワンダでこんな目立つ髪型してたらさぞモテるのではと思ってたんですけどねぇ。モテへんのか〜い!笑

というわけで、ルワンダでは非常に珍しいポンデリングみたいでかわいいルワンダのレアキャラの紹介でした😇



ルワンダの育毛剤を買ってみる

ルワンダの育毛剤を買いにデパートへ
ルワンダナンバーワンのショッピングセンターの前から失礼します。アフリカに舞い降りた黒い妖精、ハゲ・薄毛ライターのCaptainJackです。


ここまで温泉で頭を揉まれたり、日頃の食べ物を調査したり、ハゲ・薄毛の男性のモテ度調査を行うなどの茶番を繰り広げてきましたが、この辺りで、読者の皆さんが最も気にされているであろうルワンダの育毛剤について、調査を行なってみたいと思います!


さて、そんなわけでやってきたのはここ、Kigali City Tower!ルワンダの首都キガリの中心街に位置するショッピングモールです。「ここに(育毛剤が)なかったらまず(他のところにはまず)ないですね。」ンガボはそのように言っていました。


それでは早速調査してみましょう。潜入開始です!

店内オッケーイ!普通にキレイですね〜!


店員さんもハーゲィのことが気になるようです


大人気ですね^^ w


む、何やらそれぽいものが・・・!!


ルワンダの市販のヘアオイル

こ、これは・・・!!髪の毛に良さそうなヘアオイルっぽいやつ。

育毛剤とはちょっと違いますね〜!残念。



っと、おっ?

それっぽいやつ(でも違った😇w

でもこのあたりにありそうですね。このへんの入れ物がにおいます!



ルワンダの市販のココナッツオイル

ん〜〜〜〜〜、ココナッツオイル的な・・。これも育毛剤とはちょっと違うかな。
っていうかぶっちゃけマジモンの育毛剤は全然なさそうな感じ。どうしよう・・・😇w


ま、これが一番近いかなww
育毛剤入手オッケーーーイ!!!


記念撮影のために持ってくれました^^w

というわけで


育毛剤ゲットですよ〜〜〜!

育毛剤を手に入れるジャックさん

ですねぇ!


まぁ医療品としての育毛剤はなかったわけですが😇w



もともと調査前から正直この街中のスキンヘッド率で育毛剤なんてあるの?と思ってたんですね。誰も使わないんじゃないかと。一応オイル的なものはあったわけですが、ユーザーはほぼ女性なんじゃないかと思っております。品数も少ないしw



そんなわけで、僕の結論としては


HG

ルワンダでは誰も薄毛なんて気にしてない


と、させていただきたいと思います!

所変われば品変わる。朗報ですねぇ!!



おまけ

Kigali City Towerの近くの2番目くらいに大きそうなショッピングセンターにも行きましたが、育毛剤のいの字もありませんでした。

通行人に写真撮影をお願いするも、何回お願いしても傾いたり指が入ったりします。ルワンダでの取材旅行、結構大変😇w



ルワンダの散髪屋で髪の毛を切ってみる

ルワンダのローカルヘアサロン
ンガボの家の近くの散髪屋から失礼します。最後の散髪は5ヶ月前、髪の毛ボーボボハーゲィです。

ここまでハゲ・薄毛の取材記事を1万5000字ほどの長文で書きつづってきながら恐縮ですが、2018年1月に33歳の誕生日を迎えるわたくし、ありがたいことに今のところ髪の毛に関してはフサフサでございます。

さすがにそろそろ切らないとなとは思ってるんですが、基本的に住んでいるフィンランドでは家に引きこもってるので😇w 特に髪を切りに行くタイミングが掴めないですね。次に切りに行くのはいつになるのやら。


ルワンダの市内の床屋

ぴかりん

ジャックさんジャックさん。せっかくなんで髪の毛切っていきましょうよw



散髪を決意したジャック

オッケーーーーーイ!!!

まっ、もちろん初めからそのつもりです!茶番オッケーイ!

とんでもないヘアスタイルになるのは確定的に明らかなわけですが、せっかくルワンダに髪の毛をテーマに来ておいて、ついでに散髪するという機会を逃すわけには?

HG

いきませんねぇ!


というわけで、早速現地の散髪屋でハーゲィの髪の毛を切ってもらいたいと思います〜!


ルワンダのヘアサロンの店内の様子

入店オッケーイ!

着席失礼します

帽子を取りますよ〜!


みなさん、よく覚えておいてくださいね。

これがビフォーです。



後ろから見た図


そして、これが理想的ヘアスタイルです。w

不安しかないので、この写真を見せまくりました。w

これをモデルに切ってもらおうと思います!



それでは写真でビフォーアフターの様子をご覧ください😇♫w

ルワンダでヘアカット開始

カット開始!


前髪を切られる様子

前髪ですね〜


結構短くなってまいりました


写真撮影も楽じゃない😇w


ぱっつんになった前髪

んっ?心なしか毛先がパッツンのような・・・


別アングルから撮ってみましょう。


再び正面から


お、おう😇w

・・・

待つこと約40分・・・

完成しました!!!



って


ちょっと待てや〜〜〜!!!


違うだろ〜〜〜!!!


ルワンダの美容室で髪の毛のカットに失敗して笑顔のジャックさん

このハゲ〜〜〜!!!


ぴかりん

いやいや。金太郎じゃないすかwww

HG

やっぱり?とんでもないことになると予想はしてましたけど、これは流石に仕上がりが想像を超えてきましたねぇ!

ぴかりん

伸びシロ後退しましたね^^

HG

生え際みたいに言うのやめてもらっていいですかね😇w



最後にもう一度、ビフォー、理想、アフターの変貌の様子をご覧いただきましょう

さすがルワンダの散髪屋!想像を超えてきましたねぇ!オッケーイ!



金太郎ヘアで帰国するジャックさん

この頭のまま、ワイフの待つフィンランドに帰国したいと思います!

オッケーイ!!





CaptainJack、帰国

ンガボ邸前から失礼します、任務完了でホッと一息のCaptainJackです。

ルワンダに到着してからというもの、一週間があっという間に過ぎ去りました。滞在中に行ってきた取材、調査は以下の通りです。




こうして見るとめちゃめちゃ多いですね。w

ミッションを完遂し、ついにフィンランドに帰国する日がやってきてしまいました。

ルワンダは普通に住めるなと思ったので、帰るとなるとなかなか寂しいもんです。ンガボにもしばらく会えないし・・😭


慣れ親しんだンガボ邸のゲストルームにもしばしお別れ。とても快適な眠りを提供してくれました。


グラサンでキメてるンガボ。公認会計士です😇


途中で寄った日本食料理屋さんで一枚。前髪ヤバイですねw


ンガボ近影。ジャックと別れるのが寂しいのでしょう。精一杯の作り笑顔です😇w


空港にやってきました。


見送りの記念撮影!次に会えるのはいつでしょう。


固く握手を交わします。

いや〜、ンガボは今回ホントに素晴らしい活躍をしてくれました。

通訳、ガイド、コーディネーター、宿泊場所提供、そして出演者と百人力の活躍でしたからね。今回の取材旅行はンガボなしには成り立ちませんでした。別れるのが惜しいですが、また会う日を楽しみに!


HG

じゃ・・・バイバイ、ンガボー!





一足先にルワンダ空港から日本に帰国するぴかりんさん

って・・・えっ・・・・・・



ルワンダで一人取り残されたキャプテンジャック

ワイが残るんか〜〜〜いwww

⚠️ンガボ、遠距離恋愛中の彼女と結婚してルワンダに連れて帰るため、僕より1日早くルワンダを出て、日本に一時帰国しました。よって、お見送りしたのはジャックですw

ルワンダに1人残されてマジハゲそうwww

あと1日ルワンダで一人か・・・。


フアンダ😇w


海外の育毛剤・ハゲ事情ルワンダ編


激しく 完


海外の育毛剤・ハゲ調査まとめ

育毛剤と薄毛・ハゲ事情の海外調査

さて、いかがでしたでしょうか!思い返せばハンパない取材を行ってきたものです。




中でも出張を伴ったドイツとルワンダは結構マジでハンパなく、ライターとして凄まじい経験を積ませていただきました😇w

合計2万字に及ぶ超・長文を最後までお読みいただいたこと、心から感謝申し上げます。

それでは、最後の最後に僕のキメ台詞で締めさせていただきたいと思います。

本記事を読んでくださった全ての皆様に、幸福と発毛あらんことを。



髪の量も

きっとこれから


HG

伸びシロですねぇ!



2018年1月11日 一時帰国中、京都市内の実家にて

CaptainJack






育毛剤ランキングと薄毛対策






この記事を書いた人
著者プロフィール  Captain Jack
JACK HOUSE

1985年1月23日京都生まれのプロブロガー、ライター、プロゲーマー。妻はかわいくて優しい青い目のフィンランド人。『伸びシロとおもシロ』をコンセプトに、スマブラDX世界王者達成までのストーリーをお届けしています!ぜひ記事についてシェア、コメントなどお願いします!


\\シェアをしていただけるとハゲみになります!//