お酒ハゲ
お酒薄毛の原因になり得るという事実を、あなたはどのように受け止めますか?

昔から「酒は百薬の長」と言われていますが、こと薄毛については当てはまらないようです。

お酒が大好きで、毎日飲みつぶれるほど飲酒しているというあなた!

大好きなお酒が原因でハゲないためにも将来のために、この記事を読んでみてはいかがでしょうか?

アルコールが薄毛を呼びハゲるメカニズム

お酒でハゲる仕組み

お酒が危ないとは言いましたが、お酒と言っても種類は多岐にわたっていて全てのお酒が持っている共通の成分と言えば、アルコールです。

しかし、このアルコールこそが薄毛を招く原因になるのです。

アルコールは肝臓で分解されて水と二酸化炭素になり放出されるのですが、その過程でアセトアルデヒドという物質に変化します。

アセトアルデヒドは、いわゆる二日酔いの原因です。

アセトアルデヒドと薄毛の関係

お酒を大量に飲みすぎると、分解されずに残ったアセトアルデヒドが吐き気や気持ち悪さを引き起こします。この現象を二日酔いと言うのですが、このアセトアルデヒドは薄毛にとって本当に危険な働きをするのです。

その働きとは「テストステロンのジヒドロテストステロンへの変化を誘引する」ことです。

ジヒドロテストステロンDHTは男性型脱毛症AGAを引き起こす悪玉男性ホルモンです。m字はげの原因と改善対策で述べたようにDHTが毛乳頭にあるレセプターに結合すると、毛母細胞の細胞分裂が抑制されてしまいます。

そうなっては、いくら毛母細胞へ栄養を送っても意味がありません。

結果として、やせ細った髪の毛は最終的に抜けてしまうと言うわけです。そんな恐ろしい悪玉男性ホルモンを、アセトアルデヒドは目覚めさせてしまうのです。

お酒の種類によるハゲやすさに違いはある?

アルコールでハゲる
アルコールと薄毛の関係性は解説しましたが、お酒にはいろいろな種類があります。

ビール、焼酎、酎ハイ、日本酒、ワイン、ハイボール、テキーラ、ジン、ブランデー、ウォッカ等。

醸造酒、蒸留酒、それぞれ含まれる栄養素やアルコール度数が違うため、薄毛になりやすいものもあればなりにくいものもあるはず!

「このままではお酒が安心して飲めない!」というあなたのために、薄毛が不安な人も安心して飲めるお酒を考えていきましょう!

ビールでハゲる?薄毛の仕組み

ビール薄毛
最初を飾るのはビールです。ビールの問題点は糖質の多さです。

体内で使用されなかった糖質は中性脂肪となり血管を縮め、頭皮の皮脂の分泌量が上がるなどの問題を引き起こしてしまいます。

またビールは利尿作用があるため、育毛に必要なビタミンC、亜鉛が流れるといいます。

ホップのフィストロゲン

一方で、ビールのホップには女性ホルモンと形が似ているフィストロゲンという物質があるため、女性ホルモンの受容体と結合することができます。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりをするというのと似たようなことが、ホップの女性ホルモン様物質フィストロゲンでも起こるです。


⇒男性ホルモンと女性ホルモンが薄毛に与える原因の違い

本来女性ホルモンがないと活性化しなかった髪の毛を生やす細胞がフィストロゲンと結合することで活性化することになるため、頭皮が健康になったり髪が太くなったりという女性ホルモンの効果を享受することができるのです。

ビールには枝豆と同時に食べることで大豆イソフラボンを一緒に摂取できるのでハゲにくい組み合わせとなります。

日本酒と薄毛の関係

日本酒ハゲ
日本酒は日本人の心です。

二日酔いになりやすい等のデメリットはよく聞きますが、一方で高い栄養価を持つ健康飲料としての側面も取りざたされているのが日本酒の特徴ですね。

日本酒に含まれている育毛成分は、ビタミンB6と亜鉛です。

ビタミンB6と亜鉛は髪に良い

ビタミンB群の中でもタンパク質吸収に効果的なB6と、タンパク質を生産する役割がある亜鉛が両方とも摂取できる日本酒。

ビタミンB6はアルコールの分解で消費されるとしても、元々体内にあったB6の消費が減るのは地味に効果的です。

これに加えアルコールによる血流促進効果を考慮すると、日本酒は1合程度ならば飲んでも薄毛に大きな影響を与えることはなさそうです。

ワインのポリフェノールは薄毛より育毛?

ワイン薄毛
ワインと言ったらポリフェノール、ポリフェノールと言ったらワインというほど、ワインのポリフェノールによる健康効果は有名です。

一概にポリフェノールと言ってもその種類は5000を超え全てが頭皮にいいというわけではありませんが、ワインに含まれるポリフェノールであるタンニンやレスベラトロールは頭皮の健康作りに非常に有効な役割があるのです。

タンニンとレスベラトロール

タンニンは毛穴引き締め効果があるため毛穴の汚れをシャットアウトできます。

もう一つのポリフェノール、レスベラトロールは老化予防の役割が期待される成分です。

長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性させると言われています。

エネルギー生産や細胞の代謝・修復、アポトーシス等、生体機能を調節するサーチュイン遺伝子のスイッチが入れば、毛母細胞の細胞分裂も活性化されるのでアセトアルデヒドの影響も最小限に防げるのではないでしょうか。

ちなみにポリフェノールが豊富なのは赤ワインの方なので注意しましょう!

蒸留酒と薄毛の関係

ウィスキー薄毛
ウィスキーや焼酎といった蒸留酒の最大のメリットは、糖質が極端に少ない事にあります。

ビールの項目で書いたとおり、体内で使用されなかった糖質は血液中に中性脂肪として蓄えられます。

血液がドロドロになったり、血管にくっついて血流を阻害したり、皮脂が増加したり、中性脂肪による育毛の弊害は数多くありますが、ビールや日本酒、ワインなどのお酒は糖分とは切り離せない関係にあります。

一方、ウィスキーや焼酎にはほとんど糖質が含まれていません。したがって、呑んだところで中性脂肪が増加することを考えなくてもいいのです。

しかもウィスキーなどの一部の蒸留酒にはポリフェノールが豊富に含まれているものがあります。

血行促進効果をもつポリフェノールも含まれているため、アルコールによる血行促進効果がさらに補助される形になりますね。

まとめ

アルコールが分解される際に産生されるアセトアルデヒドは薄毛を引き起こすDHTの元になります。

しかし、お酒の中には育毛に効果が高いものも豊富にあるので、それぞれの成分をしっかり学んで飲み過ぎなければ、逆に育毛に利用できるのも事実です。

お酒の種類の中でハゲやすいのは糖質の多いビール、ハゲにくいのは糖質の少ない蒸留酒です。太りやすい飲食物とハゲやすさには共通する部分があるようですね。

ただしどの種類のお酒でも飲み過ぎるとアルコールの分解に内蔵が全力を注がなければならず髪の毛に栄養が届けられません。また排尿によってアルコールと一緒にビタミンも流れてしまいます。アル中は年中この状態なのでハゲになりやすいのです。

しかし適度な量の飲酒ならばストレスが発散されるため、ストレスによる薄毛の進行には更なる効果が期待できます。

結局は、がちがちに禁止するよりも適度に呑んだりする方が、頭皮にとってはいいのかもしれませんね。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」というわけです。




おすすめ記事


⇒ラーメンがハゲの原因になる理由と予防策



⇒亜鉛は逆効果でハゲる?



⇒ストレスでハゲるメカニズム



⇒m字はげとてっぺんハゲの違いと改善対策







育毛剤おすすめランキングと薄毛対策