女性のAGAのFAGA

最近、女性の薄毛が流行してきているのですが、その症状の1つに女性男性型脱毛症という、『東京ドイツ村』レベルにワケの分からない名前の脱毛症があります。

女性男性型脱毛症とは、その名の通り女性の薄毛の男性型脱毛症(AGA)のことで、Famale Androgenetic Alopecia、略してFAGAと呼ばれています。

果たして、女性のFAGAとはどのような症状なのでしょうか?

この記事では、女性の薄毛FAGAの原因と症状、育毛剤と薬の治療法について解説します。

女性の男性型脱毛症、FAGAの原因と症状


女性のFAGAは、男性のAGAと同様に悪玉男性ホルモンの影響で抜け毛が発生する脱毛症です。

女性の場合、基本的に女性ホルモンの分泌量の方が多く男性ホルモンは影響しづらいのですが、生活習慣の乱れやストレス、自律神経の乱れが原因で女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンの分泌量が増加するため、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。


男性右

男性ホルモン自体には脱毛作用はありませんが、毛根にある5αリダクターゼという還元酵素により悪玉化、ジヒドロテストステロン(DHT)となると危険です。DHTは、ヘアサイクルを乱し、脱毛を引き起こす作用があるのです。

女性のFAGAと男性のAGAの症状と違い

女性の薄毛と男性の薄毛の違い
FAGAとAGAとの大きな違いは、その症状の進行度にあり、それは男性と女性のホルモンバランスの違いが原因しています。

男性のAGA

男性の場合、もともと男性ホルモンの方が女性ホルモンよりも分泌量が多いため、前頭部の薄毛頭頂部の薄毛になりやすく、髪の毛が抜け続け、最終的には側頭部、後頭部を残して全て抜けてしまう可能性が高くなります。

女性のAGA

一方、女性の場合、男性ホルモンの量が増えてきたとしても、基本的に女性ホルモン分泌量が男性よりも多いため、サザエさんの波平さんのような頭になることはほとんどありません。

FAGAの主な症状としては、全体的に髪が抜けてボリュームダウンしたり、分け目や生え際が薄くなったり、やせ細った髪になるのがメジャーです。

髪が少なくなり毛が細くなってしまうと、分け目を作ったとき、それが目立ってしまうので避けたいところです。



男性右

男性のAGAと違って一見では普通の薄毛と見分けがつかない所がやっかいです


FAGAの治療法(医薬品)


男性のAGAと同様、女性のFAGAの治療法は、医薬品によるものと育毛剤によるものの2つに分かれます。

ここでは、FAGAの2つの治療法について解説していきますが、FAGAの場合、男性のAGAに比べて治療が難しくなるので、この記事を読んでしっかり予習しておきましょう。

AGAを医薬品で治療する場合、DHTの生成に関係する5αリダクターゼを抑制する必要があります。

5αリダクターゼを抑制する作用をもつ医薬品として有名なのが、プロペシア。

しかし、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、女性に処方すると赤ちゃんの命に関わる育毛剤の副作用を持つため、FAGAの治療には使用されません。

FAGAの治療に使用される医薬品としてはパントガールとパントスチンというものがあります。

パントガール

パントガールはパントテン酸カルシウムを主な有効成分とし、頭皮の状態を整えることによってDHTの影響を最小限に抑える内服薬の医薬品です。

抜け毛予防や育毛促進によるFAGAの症状緩和、びまん性脱毛症の回復効果を目的としていて女性でも副作用がありません。

臨床試験では70%が脱毛の減少、20%が抜け毛が完治つまり90%に効果が出たとされています。

スマホのアプリから診察してもらえるAGAヘアクリニックでは通院なしで発送が可能。

パントスチン

パントスチンは抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制する外用薬の医薬品です。

同じくDHTを抑えて抜け毛・脱毛を予防する効果があります。

ただしこちらは頭皮の状態が整うわけではないので発毛や育毛の効果はありません。


男性右

FAGAの症状が弱い内はパントガールを服用し、強くなってしまった場合にはパントスチンと組み合わせて育毛と脱毛予防を並行して行うのが女性の薄毛FAGAの主な治療法になります。


FAGAを育毛剤で治療する場合


FAGAを育毛剤で治療する場合について説明します。女性の薄毛FAGAは育毛剤で治すことは非常に困難です。

その大きな理由は、

  • FAGAは気づきにくい
  • 女性用育毛剤はFAGAに対応していないものが多い

の2つ。

女性の薄毛の原因は男性以上に数多くあり、その多くは産後薄毛や生活習慣や無茶なヘアケア、髪型、加齢によるものです。

さまざまな対策を試みることで自己診断することも可能ですが、薄毛になった原因がFAGAだと気づくのには時間が掛かります。

気づいたときには既に育毛剤で治すのには手遅れ、と言ったケースが見られるというわけです。

女性用育毛剤

女性用の育毛剤花蘭咲(からんさ)はセンブリエキスが効果的ですが、大半はAGAを抑える事に特化はしていません。

そのため、女性用育毛剤によりFAGAの症状を遅らせることは可能だが、治療することは困難ということになります。

しかし、「どうしてもクリニックに行くのは遠慮したい」「育毛剤で治したい」という場合は男性用の育毛剤が効果的です。

男性用育毛剤

チャップアップはAGAに特化した育毛剤で、5αリダクターゼを抑制しDHTの生成量を減らす働きを持つ無添加の有効成分が多数配合されています。

しかも、どの有効成分も女性が使用しても致命的な副作用が出ないのが嬉しいところ。

FAGAの原因となる5αリダクターゼ対策だけではなく、発毛促進成分や頭皮改善成分など様々な薄毛対策成分が配合されているため、抜け毛予防と育毛を並行して行うことができます。

実際、チャップアップを製造販売するソーシャルテックはチャップアップ利用者の約23%が女性だと発表し、男性でも女性でも使用できる育毛剤であることをPRしています。

  • 女性用育毛剤を長期間使用したけど効果が出なかった
  • 自分の薄毛の症状はFAGAの可能性が高い
  • AGAクリニックでFAGAと診断されたけど医薬品を使いたくない

という女性の方は、チャップアップ育毛剤を試してみる価値があるでしょう。







参考サイト
日本臨床医学発毛協会
American hair loss association

おすすめ記事


⇒産後の抜け毛・薄毛対策!いつからいつまで?原因は母乳?



⇒花蘭咲(からんさ)育毛剤の成分の育毛効果を解析!男性も使える?



⇒後頭部の薄毛の原因と解消法



⇒30代の女性用育毛剤口コミランキング




育毛剤ランキングと薄毛対策