女性のM字ハゲの原因と治療方法
女性であっても生え際の両端が後退してM字ハゲになっていく現象に悩まされている人は少なくありません。

M字ハゲなんておっさん特有の悩みというイメージが強いですから「自分の頭は今、深刻な状態にある」と感じつつも、悩みが悩みだけに誰にも相談できず、悶々とする日々を送っている方も多いことでしょう。

実は、M字ハゲは女性でも起こる可能性があるのです。

この記事では女性のM字ハゲの原因と女性ホルモンが乱れた症状、対策ができる育毛剤を紹介します。

女性がM字ハゲになってしまう原因と症状


女性のM字ハゲの原因は、なんと男性のM字はげの原因と同じ。薄毛の男性の9割が発症しているという男性型脱毛症AGAこそが、女性のM字ハゲの原因なのです。

ただし女性の場合、AGAが起こるメカニズムが男性とは違うため、女性男性型脱毛症FAGAと呼ばれています。

FAGA

女性のえむじはげFAGAの原因
FAGAは男性同様、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合することで起こる脱毛現象です。

DHTは悪玉男性ホルモンと呼ばれ、これがレセプターと結合するとヘアサイクルが成長期から退行期や休止期に移行するため、それ以上髪が成長することなく抜けてしまいます。

これがFAGAとAGAの共通点です。


女性ホルモンのバランスの乱れ

では、AGAとの違いはどこにあるのでしょうか。それには女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが関連しています。

男性の場合、元々男性ホルモンが多い多いため、それが悪玉化してAGAになるのですが、女性の場合は男性ホルモン量が少ないため、普通にしていたら悪玉化の心配もないでしょう。

しかし、

  • ストレス
  • ヘアカラーやパーマのやりすぎ
  • 間違えたダイエット
  • 経口避妊ピルなどにより女性ホルモンバランスが崩れる

と、男性ホルモン量が増減することになります。

その影響で、分泌されるのが5αリダクターゼという男性ホルモンを悪玉化させる最悪の酵素です。


男性右

その結果、女性と言えどもDHTが発生してしまい、FAGAが進行してM字ハゲになってしまうのです


女性のm字ハゲに効果のある女性育毛剤

からんさ女性のm字はげ
FAGA対策として、有名なのは育毛剤です。

育毛剤は厚生労働省が認可した有効成分を含む医薬部外品であるため、症状に合わせて使用することで髪を元に戻していくことが可能になります。

とはいえ育毛剤の数は非常に多いのに対し、女性のM字ハゲの原因であるFAGAを作り出すメカニズムは数多く存在するため、選定するのが難しいという欠点があります。

そこで、広い範囲のFAGAに効果が期待できる女性用の育毛剤をひとつ紹介します。


花蘭咲(からんさ)

自然栽培の上質なエビネ蘭を使用した育毛剤。

花蘭咲をオススメする理由は、3つの有効成分にあります。

花蘭咲の有効成分は、塩酸ピリドキシン、ニコチン酸アミド、センブリエキスの3種類。

塩酸ピリドキシンとニコチン酸アミドは、頭皮の炎症を抑え、血行を促進するなど環境を整える成分で、センブリエキスは、発毛促進など髪を増やす効果があります。

つまり、悪玉男性ホルモンを直接減らすのではなく、頭皮への負担を減らすことでホルモンバランスの崩れを防止し、悪玉化の要因をカットするという手法なのです。


女性のm字はげに効果のある男性育毛剤

女性のm字にチャップアップ

チャップアップは男性用の育毛剤ですが、女性が使用しても問題ないように刺激が少なくなっています。

また、有効成分もセンブリエキスの他、抗炎症効果に定評があるグリチルリチン酸ジカリウム、消炎鎮痛作用のほか血行促進もできる塩酸ジフェンヒドラミンを採用。

花蘭咲と同様の効果が期待できます。

オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスという5αリダクターゼの抑制効果が期待できる成分も配合されているため、花蘭咲よりもスピーディにFAGA対策ができるのです。


医療機関で治療してもらう方法

女性のm字はげの病院
医薬品の育毛剤は副作用が深刻なので、まずは上記の育毛剤を3ヵ月~6カ月は試して下さい。

それでも改善が見られなかった場合には、FAGA対策として皮膚科やAGAクリニックなどの医療機関を有効活用することもできます。

ただし、女性の場合、男性のAGAで使用できる医薬品フィナステリドが使用できません。

特に妊娠中の女性は皮膚からの経皮摂取でも産まれてくる子供に悪影響を与えるため、絶対に触らないでください

そんな女性ですから、医療機関でも男性とは違ったM字対策が行われることになります。

それがパントガール、パントスチンです。



ミノキシジルでは抜け毛は止まらない

女性でもミノキシジルは使用できるため、髪を増やすだけならリアップリジェンヌのようにミノキシジル配合の女性育毛剤を使用できますが、これでは髪を増やすことは出来ても抜け毛を減らすことは出来ません

パントガールとパントスチンという薬品を使うことで、DHTをコントロールし、抜け毛を防止することが出来れば、M字ハゲに悩まされることもない、これこそが女性における悪玉男性ホルモン対策なのです。



パントガール

パントガールはパントテン酸カルシウムから作られた頭皮の状態を整える薬品です。

パントガールを使用し頭皮の状態が整うと、頭皮のホルモンバランスが安定し、男性ホルモンの悪玉化が防げるということになります。

今回紹介した育毛剤だと花蘭咲のような役割があると言えるでしょう。



パントスチン

パントスチンは5αリダクターゼ対策の有効成分です。

5αリダクターゼの分泌を防ぐということは、DHTの発生も防ぐことになります。

それにより、抜け毛を防止することができるため、ミノキシジルとパントガール、パントスチンを同時に使うことで、環境、抜け毛、発毛をカバーしたハイレベルなM字ハゲ対策ができるのです。



血液検査

どの薬があなたに効果があるのかは簡単にわかることではありません。そこで、血液検査であなたの頭皮の状態をチェックしてもらうといいでしょう。

薄毛外来のある皮膚科やAGAクリニックで初診時に血液検査が行われます。血液検査の結果を見ながら医薬品を選定すれば、あなたにピッタリの医薬品が処方できるのです。

女性の場合、一般の皮膚科だと薄毛以外の一般患者と顔を合わせるので受診するのに抵抗がある人も多いでしょう。

AGAクリニックを予約すればあなただけに個別診察をしてもらえます。

薄毛治療は健康保険が効かないので皮膚科もAGAクリニックも費用に大差はありません。

育毛剤が効かなかった人はAGAクリニックの個別診断を試してみるといいでしょう。






関連記事

⇒女性のFAGAの原因と症状、薬と育毛剤の治療法
⇒産後の抜け毛・薄毛対策!いつからいつまで?原因は母乳?
⇒女性ホルモンと男性ホルモンの薄毛への影響の違い
⇒30代女性が教える女性用育毛剤の口コミランキング(^^)