はげて死にたい…禿げてきたから自殺を考えている人にアドバイス

ハゲて死にたい人への対策

ハゲを気にして死にたいと思っている方、ちょっと待って下さい!

まだ死ぬのには早すぎます!

あなたの人生は、そんなことで終わらせるにはもったいない!

この記事でははげて死にたい人に自殺をしなくても楽しい薄毛人生を送る考え方を紹介します。

お疲れ様です、30数年ハゲ散らかしてるハルオサンです。
どうも最近「ハゲで死にたい」と検索する人が増え続けているらしい。
気持ちはわかる。私も長年ハゲをやっているとツライ出来事も多かった、水泳の授業で髪が濡れた時に頭部に集まる同級生の視線、風に髪がもて遊ばれた時、ハゲを見た上司に「大丈夫なのか?」とストレスの心配された時。ハゲのせいでハゲが増えそうになったこと多々あります。でも「ハゲで死ねるかバヤカロウ!」と、そういう気持ちで生きております。

「ハゲた!死にたい!」という気持ちはハゲたハゲだからこそわかる。
今からハゲで悩む一人のハゲとして、一緒にこちらのハゲ対策の記事を見ていきながら感想を添えていきたいと思います。

ハゲの7人に1人に自殺願望

薄毛の自殺率

薄毛で自殺を考える人は、意外と多いって知っていましたか?

『ヘアメディカルグループ』が全国の20歳~59歳の男女1206名を対象に行った薄毛についてのアンケートによると「薄毛が原因で自殺を考えた事がありますか?」という問いに対し

  • 「ある」と回答した人が全体の14.7%
  • 「ない」と回答した人が全体の85.3%

という結果が出ました。薄毛で悩む人の7人に1人は自殺を考えた事があるというのです。※参考https://news.mynavi.jp/article/20160628-a291/

あなただけじゃない!

自分と同じようにはげてしにたいと悩んでいる人がたくさんいるとわかると、少し気が楽になるのではないでしょうか。

私は生まれた時からハゲがあったからアレなんですけど、
20代、30代で急にハゲた人は精神的ショックも大きいでしょうね・・
ハゲ・・・・つらいですか?大丈夫、大丈夫、私もつらい。

禿げてきたから死にたいの原因は人間関係

ハゲの悩みは人間関係

人間の悩みの原因は、全て人間関係と言っても過言ではありません。

アドラー心理学は「全ての悩みの根源は“人間関係によるもの”である」という大前提のもと展開されています。

この世にあなたしかいないのであれば、どんなにハゲていても気にならないのではありませんか?

つまり劣等感は全て「他人との比較」から生まれるのです。

劣等感と言うとマイナスなイメージが伴いますが、誰もが持っているもの。

むしろ健全でしょう。劣等感があるから人は頑張れるんです。

  • ハゲているから馬鹿にされる
  • ハゲているから恋人ができない

それらはすべて「劣等コンプレックス」です。劣等感をいいわけにしてしまっているのです。

「本人が理想の状態になりたくない原因」があり、そのいいわけにハゲを使っているのに過ぎないのです!

アドラーに言わせれば「お前は恋人を作りたくないからハゲているのだ!」ということになります。

ハゲが治れば恋人ができるわけではないからです。

人の欠点ばかり探してる人って案外多いですよね。
画像検索したらアドラー先生もハゲ(仲間)でした。


ハゲの方がモテる!彼女持ちは薄毛の方が多い事が判明!

ハゲは彼女持ちが多い

ハゲはモテないは思い込み

そもそもハゲは本当にモテないのでしょうか?そう思っているだけで、実際に統計を取ったわけではないですよね?

彼女持ちの数はもしかしたらフサフサな人と同じくらいいるのかもしれません。

ハゲの方がモテる!

実は「ハゲがモテるのか」というテーマは、すでに統計を取った企業がありました。その企業は『銀座HSクリニック』です。

『銀座HSクリニック』が20代~60代の薄毛男性200人と薄毛でない男性200人を対象に行ったアンケート調査によると、薄毛男性は薄毛でない男性よりも彼女持ちが多いということが判明したのです!

調査対象の計400名に「今までに何人の女性と交際したことがありますか」という質問をしたところ、2~9人と回答した人は薄毛男性がふさふさ男性を上回ったのです。

交際した事がないと回答した人数は、ハゲ男性はふさふさ男性の半分未満という結果が出ていました!

薄毛でもやりようによっては彼女が作れるのです!

しかしそのためには一刻も早く劣等コンプレックスを撥ね除けなければいけません。

「一体なにを言ってるんだ??」と一瞬思ったんですけど・・・
よくよく思い出してみると、確かに私の周りにいたハゲ達はモテてた。
逆にモテない男性は少し長めのサラサラヘアーが多かったなぁ・・・これは要検証。


ハゲの劣等コンプレックスを排除するための育毛メソット

はげて死にたい人の育毛方法の種類

はげのコンプレックスを取り除くための育毛の方法を紹介します。

あなたのハゲの種類によってとるべき育毛方法はかわるので、参考にして下さい。

坊主頭に思い切る

もしあなたがまだ学生でお金が使えない、またはもうハゲ散らかしすぎてどんな育毛をしても手遅れだという場合、思い切って坊主にしてみてはどうでしょうか?

ハゲている自分をさらけ出してしまうことで最初は違和感で笑われるかもしれませんが、やがて周りも自分も慣れるでしょう。

坊主は清潔

ハゲが女性に嫌がられる理由のひとつ、清潔感がないこと。

坊主頭にすると、周りの女性はほぼ確実に「そっちの方がいいよ」と言ってくれます。

髪に対する未練が無くなる

坊主頭にして頭皮をむき出しにすると、髪に対する未練が無くなり内面もハゲに迎合していきます。

すなわち、ハゲを気にしなくなるというわけです。

筋トレをする

筋トレはテストステロンの分泌を増やします。

テストステロンは髪の毛を太くする、筋肉の増大や骨格の発達、髭、体毛の形成、決断力など男らしさに影響を与える男性ホルモン。

筋持久力を高める運動はエンドルフィンなどの幸福ホルモンを多量に分泌してくれるので、心の健康状態も改善してくれる効果があります

ストレスに負けない健康な心を手に入れましょう!

円形脱毛症の人

もしあなたのハゲが免疫疾患や抗がん剤の副作用による円形脱毛症の場合、一般的な育毛剤では効果がありません。

現在は医療用のヴィックや部分かつらがオーダーメイドの自然なかつらを作ることができるのです。

結婚式やお葬式など特別な日だけキレイな髪で出席したいという女性におすすめ。

治療が完治するまでの間にハゲを隠したいという方は検討してみてはいかがでしょうか?

私の父はハゲを隠すために頭皮を黒ペンで塗ってました。
(※実話ですがマネしないでください)


つむじや生え際が軽く薄毛な人


あなたの薄毛がつむじや生え際、分け目のボリュームがなくなってきてまだ軽い薄毛の場合は育毛剤と育毛シャンプーで簡単に回復する可能性が高いです

今までに薄毛対策をした事がない人や市販の安いシャンプーを使っている敏感肌の人にはとくに効果的。

無添加のアミノ酸育毛シャンプーや育毛剤を使ったことがない人は1回分だけでも試してみてください。頭皮環境が改善されれば薄毛も回復に向かうかもしれません。

私のハゲは『大きな手術痕』なので『育毛シャンプー』を使っても治せません!
もしシャンプーで少しでもハゲが改善できるなら、心底うらやましい。


AGAヘアクリニック


育毛剤も育毛シャンプーも試したけど効果がなかった人でAGAによる薄毛が進行してしまっている人は医薬品による薄毛治療が必要かもしれません(ただし副作用の可能性があります)

クリニックに通うのに抵抗がある人でも、スマホのテレビ電話による診察であなたの薄毛の症状と適切な治療法のアドバイス、さらに治療薬を郵送してもらう事も可能です

AGA治療薬は健康保険が効かないので、皮膚科で診察するのと料金はほぼ同じ、ならばAGAの専門家に診てもらう方が安心ですよね。

今の時代は『良いハゲ対策』や『治療法』が沢山あることは間違いありません。
こう長年ハゲをやってると、自然と『ハゲ情報』を集めてしまうんですよね。

でも知っているからこそ、無理に治療をすすめません・・・
すすめませんが・・・・『容姿への不満』を放置するのは絶対にやめましょう!
髪の毛以外の部分で、自分を魅力的に見せる方法もあるはずです。

まとめ:劣等コンプを排除すればチャンスはいくらでもある!


あなたのハゲの種類べつに有料から無料の薄毛対策を紹介しましたが、他にも劣等コンプレックスを排除する方法はいくらでもあります。

大切なのは現状を受け入れ「じゃあどうするか」を考える事です

育毛剤を使ってもいい。カツラを被ってもいい。医薬品の力を借りてもいい。ウケ狙いのキャラになってもいいんです。

だけど死ぬのはいけません!

死んだらチャンスは二度と巡ってきませんが、劣等コンプレックスさえ乗り越えてしまえばアイディアが思いつく限りチャンスは巡ってくるのです!

他の彼女持ちのハゲ達も、そうやって努力してきたはず。

あなたの人生が輝くのはこれからです!

コンプレックスに負けないで、どうすればいいかチャレンジしつづけてください!

さぁ筋トレだ!

おわり

おすすめ記事


⇒30年間のハゲ人生から得た教訓


⇒過労で薄毛に…夫が20代でハゲた原因

イラストとコメントをくれた人
ハルオサン

警察官クビになってからブログ』 著書『天国に一番近い会社に勤めていた話』KADOKAWAより。 ダヴィンチニュースやBooks&Appsなどで何か書いてます。 移住先の沖縄では求人誌『Agure』などでコラムを連載中。 お仕事の連絡はkeikubi123@yahoo.co.jp