はじめまして!
ハルオサンと申します。



ハルオさんの30年間のハゲ人生


社会人になるとハゲの話を耳にする機会も増えてきます。

「いやぁ・・・30代からハゲはじめてさぁ・・・」
「いやいや!オレなんて20代からだよ!」

・・・・なんていうハゲ話です。



ハゲで悩む人、ハゲそうで悩む人は多い。



しかし、私は生まれた時からすでにハゲだったのです。



私とハゲの付き合いの始まりは0歳の時、
幼い私は脳の病気により



「頭部を大きく切開」しなければなりませんでした。






それも2箇所です。

手術は成功したものの、
術後、切開した頭部には「2つの巨大な傷跡」が残りました。



頭部手術後の2つの傷跡


この巨大な傷跡(ハゲ)に髪の毛が生える事はありません。

もちろん幼い頃はそんなハゲの事など気にも止めませんでした。



しかし小学校の高学年になる頃、
プールの授業の後に同級生にハゲが見つかってしまい、



「オイ見ろよ!こいつハゲてるぞ!」



とバカにされた事がありました。



ハゲを馬鹿にする同級生


そこで私は理解しました。
ハゲは恥ずかしい事なんだ・・・)



それからもハゲが見つかる度に、
色んな事を言われたのですが・・・・



中でもクラスの中心的女子の一言が今でも忘れられません。
「ハゲ?うそ!彼女出来ないじゃん!どうすんの?」



気を落とすハルオサン


ハハッ・・・・これはさすがに辛辣すぎると思います。



でも何を言われても、
私は黙ってうつくむ事しか出来ませんでした。



そうだ・・・悪いのはハゲ。
ハゲが悪いのだ・・・・・。



中学に上がる頃には、
出来るだけ髪の毛を伸ばして、
懸命にハゲを隠し続けました。



ハゲ隠し


しかし周りの髪の毛が減ったり、風で動いたりすると、
すぐに「巨大なハゲ」が露出してしまいます。




巨大ハゲの露呈



こんな巨大なハゲが露出したら、
仕事にも・・交友関係にも大きな影響が出てしまう・・・。



(どうか髪の毛が減りませんように)
十数年間、鏡の前に立つ度にずっとそう願っておりました。



大人になり、彼女が出来ても、
私は出来る限りハゲを隠し続けました。



はげ隠しを続ける


ただ、ただ・・
ハゲがバレて嫌われたくなかったのです。



・・・・そして数年前、
毎晩遅くまで残業が続き、
彼女とケンカが絶えない時期がありました。



彼女とのケンカ


しかし、ある日を境に・・・急に彼女が優しくなったのです。



(まさか・・浮気でもしてるのか?)



彼女を問い詰めてみると・・・・・
実は・・・夜中に私の頭にある「ハゲ」を見つけてしまい、



後頭部のハゲが見つかる


それがストレスによる
「円形脱毛症」だと思ったそうなのです。



(だから優しくする事にしたのか・・・)



それを聞いてハハハッと大笑いした私は、
彼女に自分のハゲを打ち明ける事にしました。



はげを打ち明ける


彼女はハゲ話を聞き終えると、
私のハゲを見つめて興味深そうに
「触っていい?」と言うので、触らせてあげる事にしました。



ツルツルはげを触らせるハルオサン


チョンチョンとハゲに触る彼女。
すると「なんかツルツルして気持ちいいね?」
なんて事を言うのです。



それは・・・・泣けますよ。



泣くハルオサン


自分の欠点を打ち明けた事で、
彼女とより親密になれた気がしました。



これは・・・・ハゲだけの話ではありませんが、
「自分の欠点を理解してくれる人がいる」っていうのは
本当に嬉しいことですよね。



私はハゲと付き合い続けて30数年にもなりますが、
やはり



「ハゲを嫌う人」
「ハゲを見下す人」は残念ながら
(一定数いるなぁ)と感じております。



ハゲを嫌う人達


しかしハゲを・・・・いや
自分の欠点をちゃんと理解してくれる人がいる事も忘れてはいけません。



そして例えハゲを晒す事で、
アナタから離れていく人がいたとしても、



「差別的な人間が自分から勝手に離れてくれる」
そう考える事にしませんか?



だから私は、どんな身体的な欠点が増えたとしても、
何も恐れる必要は無いと思うのです。



この記事が、少しでもハゲで悩む方の参考になれば幸いです。



笑顔のハルオサン



ハゲに悩む方の参考サイトなら

☟ ☟ ☟


育毛剤おすすめランキングと薄毛対策





おすすめ記事


⇒世界の中心でハゲをさけぶ



⇒育毛剤の効果より上?本わさびで毛乳頭細胞活性





著者プロフィール ハルオサン 
警察官クビになってからブログ

警察官をクビになってから「社会の闇」に飲み込まれ続け、最近ヤケクソでブログを書き始めました。どなたからでもフォロー大歓迎です!