m字ハゲ

m字ハゲ(前頭部)は30代の男性の薄毛の代表格です。

特に営業部門を担当しているサラリーマンにとってはm字はげは死活問題ですよね。
なぜならm字ハゲのせいで第一印象が悪くなり、営業成績が悪化するからです

この記事ではm字はげの原因や特徴、悩みや対策方法、m字ハゲに効果のある育毛剤を紹介していきます。

もうすでに薄毛の進行が始まっている方はもちろん、まだm字はげが進行していなくても

  • 最近、生え際に違和感を感じる事がある
  • おでこ周辺の頭皮につっぱった感覚がある
  • そういえば昔は定期的に剃っていた額周辺の産毛が生えなくなっている
  • おでこや生え際が常にテカっている、お酒を飲むと尋常じゃなくテカる

これらの初期症状はm字ハゲが始まるスイッチです



m字ハゲ育毛剤ランキングへ



m字はげの特徴と悩み

m字ハゲの違和感

鏡で自分を見ると明らかに違和感を感じる=周りにバレ始めている

外出前に鏡に映る自分を見て明らかに以前の髪型じゃないという違和感。
てっぺんハゲとは違い、もろに顔に正面の部分ですので、進行し始めてすぐにm字はげだと気付きます

会社の後輩や美容師さんからは「全然ハゲてませんよ^^、気にし過ぎですよ^^」と笑顔で言われるけれど、距離の近い家族や親友からは「ハゲてきてるやんけ!」とあっさり指摘され始めます。

髪の毛のセットが難しくなり、髪型が決まらなくなった

前髪は髪型を決める際に最も重要な部分です。前髪が少なくなってしまうと真ん中で分けても、流しても、立ち上げてもすごく不自然な出来になってしまい、髪型のセットが決まらなくなります

やけになってワックスや整髪料の量を増やしても逆効果、ウエット感が出て余計に薄毛が目立ちます。ならばとドライヤーで乾かしてごまかそうとすると、抜け毛が指に絡み付き、後悔する事になるのです。

デコがテカるので飲み会に参加したくなくなる

m字はげの特徴におでこのテカリがあります。特にアルコールを摂取した際にはテカリ方が尋常じゃなくなります。

夕方になるとすでに前髪が皮脂によってべっちゃりとした感じになり、仕事帰りにお酒を呑みに行くとなると生え際はもうべちゃべちゃ。

前髪が油で固まっておでこに張り付いてしまい、気になってトイレに駆け込んでしまいます。それがキッカケで会社帰りのストレス発散の呑み会が逆にストレスとなり、参加するのをためらう悪循環に。

m字ハゲを放置するのは絶対にやめて下さい

m字ハゲの末期

前頭部から薄毛になるm字ハゲは放置するとどんどん進行していき、素早い対応をしなければ頭頂部の薄毛ともつながってスーツ姿が決まらなくなり、第一印象が貧相に見えたりみじめに見られたりします。

特に初めての営業先や飛込み先の訪問では髪のコンプレックスが自身のない表情を作ってしまい、営業成績が悪化する原因になります。
仕事の成績を上げて昇進するためにもm字ハゲは兆候が出始めたらすぐに対応するのが望ましいのです。

m字はげの1番の原因は男性ホルモン(遺伝)です

m字ハゲの原因は男性ホルモン

薄毛の原因は多くの場合遺伝や喫煙、飲酒、生活習慣の乱れなどが複合していますがm字はげの場合、特に男性ホルモンによる影響が強いのが特徴です。

男性ホルモンとはテストステロンの事で、これは男らしさや筋肉の付きやすさなど男性に魅力を出すホルモンで別名モテホルモンと言われ、薄毛の直接の原因ではありません。

原因はテストステロンが5aリダクターゼ還元酵素の影響で生まれるDHT(ジヒドロテストステロン)です。
ジヒドロテストステロンは別名ハゲホルモンと言われ、毛根に影響を与えて髪の毛の成長サイクルを乱し、成長期の髪の毛を減らし、退行期の髪の毛を増やします。

m字はげの対策には、このDHTの発生を抑える成分のある育毛剤を選ぶ必要があります。

ハゲホルモンDHTを抑える方法

m字ハゲのホルモンDHT

  • 薬を飲んで抑える
  • 育毛剤+育毛サプリで抑える

大きく分けるとこの2つの方法があります。

DHTを抑える薬 フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド
DHTを抑えるサプリ ノコギリヤシ、キダチアロエ、フューバーフュー乾燥エキスなど

薬は病院、クリニックで処方されますが、おすすめはできません。
なぜなら育毛剤の薬には大きな副作用があるからです。

AGAクリニックで処方される薬の副作用

医薬品の育毛剤の副作用

フィナステリドの副作用(危険度大)
ED、精力減退、うつ

ミノキシジルの副作用(危険度中)
頭皮の炎症、動悸・息切れ、めまい・ふらつき

ミノタブの副作用(危険度超大)
全身から発毛(くるぶし、肩、胸、耳たぶ)、顔のむくみ、肝臓障害、意識障害



AGAクリニックで処方される代表的な薬にはこれらの副作用があります。

たしかに高い効果も期待できるのですがこれらの薬は服用を止めてしまうと再びハゲが進行します。

完治はしないので永久に服用しなければなりません。副作用に耐えながら服用を続けても耐性ができて効きが弱くなる人もいます。
この場合は用量を増やす必要があり、副作用のリスクがさらに高まります。

特にミノタブに関しては命と引き換えの毛生え薬とも呼ばれ、飲み方を間違えると実際に死亡例もあります。
医師に処方されたからといって安全だと考えるのは大きな間違いです。

おすすめは天然成分から作られた育毛剤と育毛サプリメントです。育毛剤にもサプリメントにも副作用がありません。
またハゲホルモンDHTを抑える以外にもED改善や美肌効果、寝起きが良くなるなど体の調子を整える複数の効果もあります。

m字ハゲ対策には育毛剤と育毛サプリのセットが最強

育毛剤と育毛サプリ

育毛剤にはDHTを抑える成分だけでなく、髪の成長に必要な栄養素アミノ酸、毛根の細胞分裂促進、血行促進、皮脂抑制、保湿や抗菌抗炎症など育毛を促す成分が数多く配合されています。

育毛剤を使う事によって退行期になった髪を成長期に戻し、細くなった毛が健康な太い毛になります。頭皮が柔らかくなり、皮脂が抑制されておでこのテカりがなくなりm字ハゲが改善されます。

サプリで体内からDHTを抑えた上で、頭皮からも育毛剤で直接成分を吸収させる育毛剤+育毛サプリが最強のm字ハゲ対策なのです。

育毛剤の成分

育毛、発毛に効果的
センブリエキス 海藻エキス クロレラエキス イチョウエキス アミノ酸
ハゲホルモンDHTを抑制
黄金エキス 海藻エキスヒオウギ抽出液 キャピキシル カモミラエキス 大豆エキス

育毛サプリの成分

ハゲホルモンDHTを抑制 ノコギリヤシ、キダチアロエ、フューバーフュー乾燥エキス

m字ハゲにおすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ(chapup)

チャップアップm字ハゲ

チャップアッップは無期限全額返金補償からサービスの良さがわかる安全性と信頼度の総合力が1位の理由です。育毛剤のオウゴンエキス、ヒオウギエキス、カモミラエキス、大豆エキスが頭皮から5aリダクターゼ活性酵素を抑え、育毛サプリのノコギリヤシ、キダチアロエ、フューバーフュー、が体内からDHTを抑え、体の外と内から共に5aリダクターゼ抑制し、m字ハゲの進行原因DHTを抑える働きと育毛発毛を同時に行え、m字はげが安全かつ効果的に改善。定期購入はいつでも解約可能。まずは育毛剤とサプリとセットでDHTを抑える事に専念し、m字ハゲが改善したら解約すればコスパが高いです。




イクオス(IQOS)

m字はげイクオス
海藻エキスを3種類合わせたAlgas2が天然成分なのにミノキシジルの3倍もの発毛効果を果たします。
DHT発生を防ぐノコギリヤシに加え、老化の原因である「糖化」に注目し体内の酸化を防ぐ成分を含んだ本格サプリとセットでm字回復に効果的です。
2016年9月のリニューアルにより成分数が61種類となりチャップアップに引けをとらない内容となりました。育毛剤+サプリセットがずっと6980円で続けられるのでお得な内容。




プランテル(Plantel)

m字プランテル
m字ハゲ専門に作られた育毛剤。ヒオウギエキス、海藻エキスがm字対策のメイン成分。
ヒオウギは女性ホルモンに似た働きをして5aリダクターゼを阻害し、海藻エキスは髪の成長の周期サイクルを整える働きがあります。
定期コースには無料でケラチンサプリが付属されるので育毛サプリ初心者の財布に優しいです。
送料無料+解約はいつでも可能。



生まれつきデコが広かったは関係ない!

m字はげ生まれつき
自分は昔から額が広かった、小さい頃からm字部分が剃り込みのようになっていた。
元々おでこが広いだけだから大丈夫!という人も中にはいます。

非常に不公平で理不尽ですが
元々おでこが広かった人はm字が進行するとより目立ちます。

普通の人と比べてm字ハゲが目立つまでの猶予期間が短いと覚えて下さい。

サッカー日本代表の岡崎慎司選手もそうです。
高校生時代の写真を見ればすでにm字型になっているので生まれつきですが
現在、あの様な進行具合となっているのです。

m字ハゲが初期段階なら育毛剤のみでも回復可能

上記の最強の方法でなくてもまだm字はげが初期症状だったり予防として使っておきたい場合は育毛剤のみでも十分回復可能です。

これから紹介する育毛剤は単品でもサプリセットでもどちらも選べるので、自分の症状や財布状況によってメニューを選んでください。途中でセットから単品、単品からセットへ手軽に変更する事ができます。

最後に

m字ハゲは厄介ですが回復可能な薄毛です。薄毛を気にしていると自身のなさが表情に出てしまい、営業先の顧客や担当者に伝わってしまいます。

まずはDHT抑制に集中するために初期の1ヵ月目は育毛サプリの量を多めに摂取してハゲホルモンを全力で抑えてから育毛、発毛へ取り組み、m字を治して営業成績を伸ばしましょう。