朝シャンではげる理由と対策

朝シャンをする人はハゲるという噂があります。

あなたは、いつもどのタイミングで髪を洗いますか?

仕事帰り、夕食の後、寝る直前……人によってさまざまあると思います。


女性40

うちは朝に髪を洗ってるよ

生徒B

朝と夜の2回髪を洗ってる



実は朝シャン習慣には、頭皮を傷つけてしまうリスクがあるのです。


男性右

この記事では朝シャンでハゲる原因、理由と朝シャンによるハゲを予防する方法を解説します


朝シャンとは?朝シャンの意味と男女べつの習慣がある人


朝シャンとは、1987年に登場した資生堂の「モーニングフレッシュ」というシャンプーのキャッチフレーズから生まれた流行語。

男性右

今でも死語になっておらず、一般名詞として定着したイメージがありますね



朝シャンをする人は沖縄に多い

ここで、不動産情報メディア「at home VOX」の朝シャンに関するアンケート情報を見てみましょう。

「朝シャンをすることはありますか?」という質問に対し、「はい」という回答が多かった都道府県は沖縄県が1位、続いて栃木と山梨が同率2位、秋田、三重、岡山と続いていました。

平均回数も沖縄だけが全国で唯一、週2回以上ということで、割合、回数共に日本一ということでした。

男性右

沖縄と北海道のハゲ率の記事に書いたように、暑い地域なので、汗や皮脂の量と関係があるのでしょう。

朝シャンの習慣がある人(年代・男女別)

  • 20代 男性:約50% 女性:約40%
  • 30代 男性:約40% 女性:約30%
  • 40代 男性:約40% 女性:約35%

この中で夜にシャンプーをしないという人

  • 20代 男性:約40% 女性:約50%
  • 30代 男性:約30% 女性:約35%
  • 40代 男性:約20% 女性:約25%

女性は、どの年代でも男性よりも朝シャンの割合が少ないです、これは髪が長く朝に手入れをする時間を取るのが難しいことが原因だと言えるでしょう。

男性右

ハゲる原因になる朝シャンを若い内から習慣にしているとは、10年後の髪が心配です


朝シャンがハゲる4つの理由


朝シャンがハゲるリスクを高めるとはいえ「毎日、朝シャンしてるけどフサフサだよ」という方が多いのも事実。

男性右

朝シャンがハゲると言われているのはどうしてなのでしょうか?

①必要な皮脂まで洗い流してしまう

朝シャンをする理由の「ベタベタして気持ち悪いから」。これは、寝ている間に頭皮に分泌された皮脂が原因。

実際、脂性肌の方の朝の頭皮はベタベタして気持ちが悪いもの。夜にシャンプーをしていなければなおさらです。

男性右

朝シャンで皮脂を落としてしまうと、日中に頭皮が思わぬダメージを負ってしまうのです



頭皮の皮脂にはバリア的な役割がある

夏の紫外線からのハゲ予防に書いたように、日中は乾燥や紫外線が頭皮を容赦なく襲ってきます。

乾燥で弱った頭皮にあたる紫外線は思っている以上に刺激が強く、気がついたら頭皮が赤く腫れているというケースも少なくありません。

男性右

薄毛の方はダイレクトアタックを受けているようなもの。それをガードしてくれるのが皮脂なのです。



紫外線の量は朝7時から急激に上昇

朝シャンで皮脂を完全に流してしまうと、頭皮はノーガード状態。

つまり、朝シャンで皮脂を洗い流してから外出するということは、戦場を丸腰で散歩するようなものなのです。

②すすぎができず、シャンプーが残ってしまう

朝食を食べたり、髭を剃ったり、身支度したり……。朝は何かと忙しいもの。髪を洗うとなったらさらに時間がなくなってしまいます。

会社や学校に遅刻しないためには、とにかく急ぐしかありません。しかし、これが大変な事態を引き起こしてしまうのです。

男性右

急いで髪を洗ってしまうと、すすぎの時間が十分に取れないため、シャンプーの洗浄成分が残ったままになってしまうのです



シャンプーの石油系界面活性剤でハゲる

シャンプーの洗浄成分は界面活性剤といって頭皮に少なからず刺激になるもの。

髪を洗うときには、すぐに流してしまうため安全なのですが、そんな刺激物を頭皮の乗っけたまま1日を過ごすとまずいですよね。

男性右

頭皮は刺激にさらされ続け、1日の終わりには負担になっているでしょう

③皮脂の酸化と雑菌の繁殖

誰であっても頭皮には表皮常在菌が存在します。

この菌は、清潔な状態なら雑菌から守る役割があるのですが、酸化した皮脂が過剰にある状態だと痒みやニオイの原因になってしまう、諸刃の剣。

朝シャンの習慣というのは、この菌の2つの問題を誘発することになります。


寝てる間に皮脂が酸化する

問題は夜にシャンプーをしないで朝シャンだけという習慣の方に訪れます。

夜にシャンプーをしないと、朝までの間に頭皮の皮脂は次々に酸化しベタベタになっていきます。

菌達は活動を開始し、皮脂を分解します。

男性右

これがニオイやベタ付き、かゆみを引き起こし、頭皮を弱らせていくのです。



朝シャン後の外出で雑菌が繁殖

これは、朝シャンで常在菌を根こそぎ洗い流してしまうことで起こります。

朝シャンの習慣がある方は、雑菌から守ってくれるはずの常在菌を洗い流したまま外出するので、頭皮は常に雑菌に狙われるのです。

ダメージを与えるような菌が繁殖した日には、頭皮は湿疹を起こして抜け毛の原因になってしまうでしょう。

男性右

どうしても朝シャンがしたいのなら夜もシャンプーをすることをオススメします。

④皮脂の過剰分泌

朝シャンをすると日中に皮脂が足りなくなりますが、身体は皮脂の分泌量を自動で増やしてくれます。

しかし、本来分泌しなくていい量の皮脂を分泌しだすと頭皮のベタ付きは増え、かゆみやニオイに悩まされるのです。

それを解決するために、シャンプーを増やすと、皮脂の分泌量も増えていく。むやみに皮脂を洗い流す事で、どんどん頭皮が不衛生になってしまうのです。

男性右

このようにして、朝シャンは抜け毛を増やしてしまうのです。


ハゲない朝シャンのやり方


朝シャンはハゲる原因を招くという話ですが、

「朝シャンをしないとスッキリした気持ちで朝を迎えられないんだ!」

という方もいるでしょう。

どうしても朝シャンしたいという方のために、朝シャンでハゲない方法を紹介します。

夜もシャンプーをする

1日の間に分泌した皮脂や、こびり付いたホコリ、発生した垢を落とさないでいることは、常在菌が暴れ回ったり雑菌が繁殖するネタになってしまいます。

寝る前にしっかりと洗い流すことで、清潔な頭皮になるので、夜もきちんと洗うようにして下さい。

やむを得ず夜に髪を洗わないまま寝てしまった場合、あなたの枕は雑菌まみれになっていることでしょう。

夜の間に枕にこびりついた皮脂や汚れをエサにし雑菌達が繁殖してエラい事になっている可能性もあります。

男性右

洗わずに寝てしまった次の日は、枕カバーを交換しましょう。

シャンプーを変える、もしくは朝はシャンプーをつけない(湯シャンのみ)

朝シャンが危ない理由として、「必要な皮脂まで洗い流してしまう」というものを紹介しました。

逆に言えば、「必要な皮脂を洗い流さない」のなら朝シャンしても問題ないのです。

シャンプーには、洗浄成分が強いものと弱いものがあります。強いものを使用した場合、皮脂は残らず洗い流されてしまいますが、弱いものなら全てが流されるわけではありません。

男性右

朝シャンをする方は「アミノ酸系」の洗浄成分を使ったCUシャンプーをオススメしています。



高級アルコール系は刺激がキツイ!

市販されている多くのシャンプーは「高級アルコール系」の洗浄成分を使用しています。

シャンプーの成分表を見て「硫酸」の文字が並んでいるようなら、それは「高級アルコール系」のシャンプーなので、避けるようにしましょう。

男性右

朝はお湯だけで洗う「湯シャン」でもいいでしょう。

泡をしっかりすすぎ、乾かす

いくら弱い洗浄成分を使用しても、それをつけたまま1日を過ごせば、やっぱり頭皮に負担です。時間がなくても、シャンプーをしっかりと洗い流す事が肝心なのです。

また、湿ったままの髪や頭皮は雑菌のターゲットになるためドライヤーで最後まで乾かすようにしましょう。

頭皮の乾燥が気になるという方は、タオルで拭いた後に保湿力が自慢の育毛剤を振り、それからドライヤーの「冷風」で乾かすと安心です。

男性右

朝は余裕をもって起きて、朝ご飯の前に髪を洗うといいでしょう。

毎日朝シャンをやらない

毎日朝シャンをしていると、皮脂の分泌量がだんだんと増えてしまいます。

皮脂の分泌量が増えると頭皮のベタ付きがホコリや雑菌を招き入れるので危険です。

男性右

朝シャンをするときは多くても2日おきくらいにとどめておくといいでしょう。


まとめ:メリットもあるけど毎日の朝シャンは止めよう!


朝シャンは、正しく行えばハゲるリスクも少なくなります。

  • 血行が良くなる
  • 寝癖がなおる
  • 寝汗で発生した雑菌を流せる

といったメリットまで存在します。

男性右

この記事で書いたことに気をつけて、ハゲる習慣としての朝シャンは避けるようにしましょう!







⇒きれいとシャワーヘッドの評価!育毛にいい理由【KIREI-TO】
⇒メリットのシャンプーでハゲる?成分が薄毛にいいか安全性を解析
⇒フケはシャンプーが合ってないが原因?乾燥ふけの男女の対策と洗い方
⇒頭皮が臭い!悪臭の原因とニオイ対策




育毛シャンプー男性おすすめランキング


女性育毛シャンプーおすすめランキング