病院の皮膚科とAGAクリニックの違い
M字ハゲとは、前髪の両端の抜け毛が増えていき、額がアルファベットのMの字のように広がっていくハゲ方を言います。

日本人の多くのM字ハゲの原因は男性型脱毛症(AGA)。

AGAとは、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合することで、髪の毛が成長期から退行期、休止期へと移行してしまうことで進行する脱毛症です。

この記事ではm字はげの治療法を皮膚科とAGAクリニックでの違いを比較して解説します。

M字ハゲのaga治療法

脱毛ホルモンの仕組み
m字ハゲの原因のジヒドロテストステロンは、善玉男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されることで生み出されます。

つまり、M字ハゲの改善には、このDHTと5αリダクターゼを抑制することにヒントが眠っているのです。

M字ハゲの対策としてメジャーなのが医薬部外品の育毛剤と医薬品の育毛剤による治療です。

医薬部外品の育毛剤

医薬部外品の育毛剤
まず初めにm字ハゲの初期段階や予防目的で育毛される方は医薬部外品の育毛剤から始める事をおすすめします。

これから紹介する医薬品の治療法はどれも重大な副作用があるからです。

10代の高校生や禿げてきたところの人なら育毛剤と育毛サプリで十分対策が可能です。


医薬品の育毛剤

プロペシア
厚生労働省が認可した医薬品、プロペシア(フィナステリド)・デュタステリドは、AGAの原因となる5αリダクターゼの抑制に効果的であり、同様に厚生労働省に認可されたミノキシジルは髪が生えていないところから発毛させることに定評があります。

フィナステリドやデュタステリドは、薄毛の進行が早い人や医薬部外品の育毛剤が効かなかった人にオススメ、ミノキシジルはM字ハゲがかなり進行してしまった人が使うと効果的です。

医薬部外品の育毛剤は、効果が非常に穏やかなので、進行速度が早い人や既にかなり後退してしまっている人には効果が効きにくくなります。

そのような方々には、医薬部外品ではなく医薬品を使用して、確実に髪を増やしていきましょう。


ミノキシジルと併用

ちなみに、フィナステリド・デュタステリドとミノキシジルは併用することで相乗効果があります。

薄毛の進行を止めるフィナステリド・デュタステリドと発毛力があるミノキシジルを同時に使用することで、抜け毛を予防しながら髪を生やすという戦略も現実的なのです。


男性右

プロペシアは抜け毛予防、ミノキシジルは発毛促進です


m字はげのAGA以外の原因


薄毛の原因として他に挙げられるのが生活習慣や食生活の乱れ、お酒にタバコですが、こちらはM字ハゲに直接関係あるとは言いがたいです。

何故なら、頭皮の環境が一部だけ乱れるということはありえないためです。

つまり、M字ではなく全体的に髪が薄くなるか、前髪が一直線にハゲていくU字ハゲになっていく可能性が高いのです。

しかし、不摂生が原因でホルモンバランスが乱れると、ジヒドロテストステロンの分泌量が上がるため、結局AGAでハゲるパターンにつながる場合もあります。


男性右

つまりM字ハゲ対策イコールAGA対策と言い換えてもいいでしょう


病院の皮膚科とAGAクリニックの違い


M字ハゲ対策として医薬品を手に入れるのに必要なのが医師による診察です。

そもそも医薬品はミノキシジル以外は医師の処方がないと手に入れることができないので、どちらにしても病院にはいかなくてはいけないのですが、最近ではスマホのアプリを使った診察も開始されています。


皮膚科は幅広い薄毛の症状に対応

病院のの皮膚科に通うという方法は、m字はげのAGA治療だけでなく円型脱毛症や脂漏性皮膚炎や粃糠性(ひこう性)皮膚炎による脱毛など、幅広い薄毛の症状に対応できるというメリットがあります。

その一方で、AGA治療については医薬品による治療がメインになってしまうため、医師の治療を受けているという感覚がないのがデメリットです。

AGAクリニックはAGA治療に特化した治療

もうひとつはAGAクリニックに通うという方法です。

AGAクリニックはその名の通り、m字はげのAGAに特化した治療を行ってくれるクリニックです。

AGAに特化したというだけあって、自毛植毛や育毛メソセラピーなど、普通の皮膚科では行わないような特殊な治療を受けることがメリットです。

デメリットとしては、自毛植毛の場合は費用が一桁、二桁違ってくるというものがありますが、医薬品による治療であっても長期間続けなくてはいけないので、医薬品の治療の場合の合計金額としては最終的に皮膚科と大差が無くなるので、先払いか後払いかという意識で病院を選定してもいいでしょう。


男性右

個人的な意見ですが、男性のM字ハゲの場合はAGAであることがほとんどなので、皮膚科よりもAGAクリニックをオススメします。

女性の場合は産後薄毛など原因が様々あるので、皮膚科の育毛外来を先に受診するのが賢明です。


皮膚科とAGAクリニックのM字ハゲの治療方法の違い

皮膚科 AGAクリニック
医薬品(プロペシア、デュタステリド、ミノキシジル) 医薬品(プロペシア、デュタステリド、ミノキシジル)
シャンプー、ビタミンサプリ、育毛メソセラピー、自毛植毛
皮膚科とAGAクリニックでのm字はげの治療法は少し異なります。

共通の治療法としては医薬品フィナステリド(プロペシア)で5αリダクターゼを抑制する治療法。

AGAクリニックは育毛メソセラピーと自毛植毛も

薄毛の後退速度が速い人やハゲの面積が広くなりすぎた場合、医薬品でも回復が困難になります。AGAクリニックではそんなケースにも対応しているのです。

育毛メソセラピーは頭皮に直接成分の注射をして髪が生える速度を早くするという治療法。

自毛植毛は禿げあがった頭皮に自分の後頭部の毛を毛根ごと株分けして植えるという治療法。

またフィナステリドを処方されるだけでなく、頭皮の環境を整えるシャンプーや育毛剤、サプリメントを同時に処方される手法もあります。


治療費用の違い

皮膚科 AGAヘアクリニック
初診料【3000円】
医薬品(プロペシア、デュタステリド【5000円~7000円】)
(ミノキシジルタブレット【10000円前後】)
(ミノキシジルタブレット【13000円前後】)
初診料無料【血液検査3000円】
医薬品(プロペシア、デュタステリド【5000円~7000円】)
(ミノキシジルタブレット【10000円前後】)
(ミノキシジルタブレット【13000円前後】)

AGA治療は保険適用外

薄毛治療は保険がきかないので病院の皮膚科とAGAクリニックの費用に大差はありません

AGAクリニックなら処方される薬も、フィナステリドの他にミノキシジルを併用したり、サプリメントを別途処方されることも多く、髪を増やす土壌を整えることを意識しながら治療することができます。

病院の皮膚科の薄毛診断では一般の患者と顔を合わせたり声を聴かれたりして恥ずかしい思いをするかもしれません。

一方AGAクリニックではプライバシーが完全に守られた上で完全予約制、AGA専門医、価格はほぼ同じなので自分のm字はげの原因がAGAだと分かっている人は皮膚科よりもAGAクリニックに通うのが良いでしょう。




関連記事


⇒AGAヘアクリニックの育毛アプリでスマホ診断



⇒【銀座総合美容クリニック】AGA治療の口コミ、効果、費用と予約方法



⇒ヘアジニアスの薄毛治療法の薬、費用、期間【HAIRGENIUS】




育毛剤おすすめランキングと薄毛対策