オルニチンの育毛効果
オルニチンというアミノ酸の一種があります。オルニチンは遊離アミノ酸の1つでアルギニンの代謝で重要な役割を発揮するのです。

ハゲの原因になる飲酒でのアルコール分解や疲労回復にもいいとされるオルニチンですが、実は育毛にも効果的だという説があるのです。オルニチンはシジミに多く含まれることから、しじみ汁育毛法なんていうものも生まれています。

オルニチンと育毛にはどのような関係があるのでしょうか?

肝機能を強化して育毛・発毛効果

肝臓強化で薄毛改善
オルニチンの育毛効果に触れる前にオルニチンの効能について紹介しましょう。オルニチンは主に肝臓で作用し、有害なアンモニアを代謝するはたらきがあります。

また、機能が低下した肝臓を保護したり、タンパク質合成を促進する役割も持っています。

薄毛と肝機能の関係

肝機能が強化されるとどのように育毛に役立つのでしょうか?肝臓は栄養素の分解と合成、貯蔵、解毒などの役割があります。

先述したアンモニアの代謝は解毒作用にあたるのですが、このアンモニア、生体のエネルギー源であるATPの生成を阻害するため、毛母細胞の細胞分裂には邪魔な存在です。

実際、肝機能が疲労すると頭皮からアンモニア臭がするようになり抜け毛が増えるという話もあります。オルニチンにより肝臓でアンモニアを解毒することで抜け毛を防ぐことが出来るのです。

成長ホルモンを分泌して育毛・発毛効果

成長ホルモンで育毛
オルニチンは成長ホルモンの誘導体でもあります。成長ホルモンはその名の通り体内の細胞活性化など成長を促すホルモンです。当然、毛母細胞の活性化にもつながるため、オルニチンを摂取すると健康で抜けづらい髪を作ることができます。

免疫強化で育毛

また、免疫機能を強化する役割もあります。

頭皮に有害なものが侵入してきたときに、速やかに除去するのは免疫機能のはたらきがあればこそ。育毛環境を整えるのもオルニチンの効果の1つなのです。

育毛環境といえば、成長ホルモンが作用するのは何も毛母細胞だけではありません。頭皮の皮膚細胞も成長ホルモンによって活性化されるため、育毛環境はその土壌から整っていくことになります。

コラーゲンで薄毛改善

オルニチンにはコラーゲンの生成作用もあるのです。

イクオスサプリEXの成分にもあるコラーゲンは皮膚細胞の主成分で柔らかく弾力性があって潤いのある皮膚を作る性質があります。どんなに発毛促進しても、頭皮の環境が悪ければすぐに抜けてしまいます。オルニチンで頭皮から変えていくことで、抜けづらい環境を作っていくこともできるかもしれません。

育毛細胞増殖の強い味方、ポリアミンを生成する

細胞分裂で育毛促進
オルニチンにはポリアミンを生成する力もあります。このポリアミンは細胞分裂に伴う遺伝子の引き継ぎの役割を持ち、細胞分裂が盛んな部分には高濃度で存在することが判っています。

また、新陳代謝を活発にするため老化や動脈硬化を防ぐはたらきもあります。発毛や育毛は毛母細胞の細胞分裂の結果です。

ポリアミンが体内に高濃度で存在すれば、当然頭皮でも細胞分裂は盛んに行われます。動脈硬化が防がれることで、栄養が頭皮にも潤沢に回り、新陳代謝が促進されることで頭皮を老化から守れるのも見逃せない効果です。

今日から朝はしじみ汁!

オルニチンはしじみによく含まれるので、しじみ汁育毛法というものも生まれています。オルニチンの先述した3つの効果の他に、しじみには亜鉛やビタミンEなど育毛に直接的な効果を期待できる成分や、タウリンなどの肝機能を強化する成分が含まれています。

また、味噌も肝臓内のアルコールが中性脂肪となって蓄積されるのを防ぐため、肝臓の疲労を防ぎ肝機能をサポートします。しじみ汁という形で体内に摂取することで、オルニチンの働きを最大限に活かすことができるというわけです。毎朝の食事はしじみ汁で決まりですね!

本気で育毛するならオルニチンのみでは不足

育毛サプリの吸収理論

しじみは肝機能回復や二日酔い対策には効果的ですが、本気で育毛を考えるならオルニチンの栄養素のみでは効果が低いです。育毛サプリには各種ビタミン、必須アミノ酸が9種類、ノコギリヤシエキスやフィッシュコラーゲンエキス、ダイズイソフラボン、ハゲ改善に必要な栄養素をまとめて吸収する事によって最大限の育毛効果が期待できるのです。

イクオスサプリEXは46種類の成分を1日3粒でバランス良く摂取する事ができます。オルニチンだけでは不安な人や育毛サプリメントに興味がある人は試してみる価値があるでしょう。







関連記事


⇒イクオスサプリEXの成分の効果と副作用



⇒イクオス育毛剤のアルガス2の効果



⇒亜鉛は逆効果でハゲる!薄毛回復ができる亜鉛育毛とは?






育毛剤おすすめランキングと薄毛対策