育毛剤のパッチテスト

自分が敏感肌だったりアレルギーがあると自覚していて、育毛剤の使用をためらっている人は、育毛剤のパッチテストを行ってみてはいかがでしょうか?

ある種の化粧品やヘアカラーには、使用前にパッチテストを行うよう表示が記載されています。
パッチテストにより、自分の肌がその薬剤に合っているか合わないかが判断できるからです。

これは何も、他の薬品ではできないからというわけではありません。
育毛剤であっても、ヘアカラーのように自宅でできるような簡易的なパッチテストをすることは可能なのです。
今回はパッチテストがどんな人に有効か、炎症反応が出たときにどうすればいいのか、そして公的機関でパッチテストを行っている育毛剤について紹介しましょう!

接触性皮膚炎の人は育毛剤のパッチテストを行うべき

パッチテストで調べることができるのは、接触性皮膚炎の有無です。

接触性皮膚炎とは外的刺激が皮膚に接触することで、接触した部分に炎症や湿疹を生じる疾患です。

これは大きく「一時刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」に分けられます。

一時刺激性接触皮膚炎

一時刺激性接触皮膚炎は、原因物質自体が持つ刺激、毒性が原因で起こる炎症で、刺激の大きさに(アルカリ性の強い洗剤や接着剤の溶液など)によっては誰でも起こりえる症状です。

育毛剤は基本的に臨床試験を行っている肌絵の刺激の少ない成分で構成されているため、一時刺激性接触皮膚炎の心配はありませんが、低刺激とはいえ敏感肌の人は、パッチテストをした方が安全でしょう。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、原因物質に繰り返し触れることで起こる炎症で、人それぞれで原因物質が異なるのが特徴です。アレルギーについてはさらに厄介です。『無添加だから安心』と謳う育毛剤も、アレルギーに関しては全く安心ではありません。

化学物質が配合されておらず、天然成分だけで構成されたものでもアレルギーは普通に発生するのです。

例えば、ウルシがかぶれるというのは有名な話ですが、あれはアレルギー反応です。ウルシは化学物質ではなく、れっきとした植物。つまり植物も十分アレルゲンになる可能性があるのです。


男性右

以上のことをまとめると、肌が弱い人はパッチテストは一通りやっておくべきと言えるでしょう。では、パッチテストはどのように行えばいいのでしょうか?


育毛剤のパッチテストをする方法

それでは早速、パッチテストのやり方を紹介します。と言っても、方法は非常にカンタンです。

  • 腕や太ももの柔らかいところに、育毛剤を1,2滴垂らしなじませます。
  • その部分に24時間以上絆創膏を貼っておきます。
  • はがしたときに腫れていたり痒みが生じてきたら、その育毛剤はあなたの肌に適合していません。

ほら、カンタンでしょ?絆創膏がないのなら、ガーゼにしみこませてテープで固定するという方法もあります。また24時間以上と書きましたが、48時間ほど実行しておくとさらに正確に測定することができるので、時間があるのならそちらをオススメします。

さて、パッチテストを行うということは育毛剤を購入しなくてはいけません。1000円~2000円のものはともかく、5000円以上の育毛剤を購入して、いざ使おうとしたら適合していなかった、ではお金がもったいなさ過ぎます。

男性右

育毛剤を買うのなら返金サービスをしてくれるものを購入するといいでしょう。


パッチテストで適合しなかったら、返金保証を利用しよう!

ネット通販で購入できる育毛剤の中には30日間返金保証をしているものもあります。これは、30日間使用して効果が出なかったらかかった費用を返金してくれる保証のこと。

イクオスポリピュアEXの返金保証は45日間です。

パッチテストで薬品と皮膚が適合しなければ、いい効果がでるわけがありませんから、返金保証を活用することができるのです!

この返金保証は、効果が出るかでないかを見極める制度ではありません。育毛剤の効果が実感できると言われているのは4~6ヶ月ですから、効果が出ないと感じる人がいるのも当たり前なのです。

では何のための返金保証なのでしょうか?そう、それこそ肌に適合するかどうかを見極めるための制度なのです!

パッチテスト済みの育毛剤


接触性皮膚炎の有無を検証するパッチテストですが、製造元で既に行っている育毛剤もあります。それは、ネット通販で一番有名な育毛剤チャップアップ。

チャップアップは、20人の被験者に24時間のクローズドパッチテストを行っています。

これは、この記事で紹介した方法を、さらに精密に行い分析した物です。その結果、アレルギー皮膚刺激は認められなかったといいます。

敏感肌や乾燥肌、アルコールアレルギーや金属アレルギーの方でも安心して使用できると発表されるチャップアップ。

しかし、アレルギーの原因物質は他にも様々ありますので、心配な方は自身でもテストしてみるといいでしょう。






関連記事


⇒敏感肌におすすめの育毛剤ランキング!アトピーや乾燥肌でも大丈夫?



⇒育毛剤にアルコールが入っている理由





育毛剤おすすめランキングと薄毛対策