壮年性脱毛症


壮年性脱毛症とは、壮年期に起こる脱毛症です。

壮年を辞書で調べると、「血気盛んな年ごろ、働き盛りの年齢の者」と出てきます。

働き盛りの年齢と言えば、30代~50代と考えられます。

これは、ちょうど男性型脱毛症(AGA)にも当てはまる年齢帯です。

男性右

この記事では、壮年性脱毛症の症状、原因、AGAや若ハゲとの違いについて紹介します。


壮年性脱毛症の症状は軟毛化、毛包縮小による抜け毛

壮年性脱毛症は、2つの減少が重なることで抜け毛が増加する症状を言います。

軟毛化

壮年性脱毛症にかかると、髪が細く柔らかくなります。

細い毛髪はハリコシが弱く、切れ毛や抜け毛の原因。

また、髪にボリュームがなくなるため、容姿が老けてしまいます。

毛包の小型化

髪の毛の根元にある毛包の成長が止まってしまうのも壮年性脱毛症の症状です。

毛包が小さいままだと髪は抜けやすくなるため、薄毛が進行してしまうのです。

男性右

この2つの現象の結果として発生する薄毛のタイプは、前頭部から後退していくM字ハゲやU字ハゲ、つむじハゲ。

女性も壮年性脱毛症になることがあるのですが、女性の場合、分け目が広がっていくようにハゲが進行します。


壮年性脱毛症の原因は男性ホルモンの減少

壮年性脱毛症は、男性ホルモンのバランスが乱れることによって発症します。

30代も後半になると男性ホルモンの量は減少し、薄毛を引き起こすのです。

男性右

男性ホルモン量が減ると脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の量が増加してしまうのです

脱毛ホルモンが増加

加齢によって男性ホルモン量が減ると、身体はそれを補おうと調整をはじめます。

男性ホルモンには筋肉の増大や闘争本能の促進など、肉体と精神をサポートする役割があり、減ると肉体・精神共に衰弱してしまうのです。

男性ホルモンの効能を補うためにDHTを生産することで生命活動を維持するのです。

男性右

DHTは脱毛ホルモンなので脱毛も進行してしまいます。これが、壮年性脱毛症の正体です。


AGAと壮年性脱毛症、若年性脱毛症の違い

AGAとは男性型脱毛症のことで、DHTによって髪が薄くなる症状を指します。

先述した壮年性脱毛症のメカニズムと非常に似ていると思いませんか?

実は、壮年性脱毛症はAGAの一種なのです。

男性右

では、どうして別の名前で呼ばれているのでしょうか

若年性脱毛症は5aリダクターゼ抑制で解消

10~20代のAGAを若年性脱毛症と呼んでいます。

こちらは、遺伝や生活習慣の乱れによってDHTが発生、脱毛が進んでいきます。

男性右

壮年性と違って男性ホルモンの量は正常なので、DHTを生み出す5αリダクターゼ酵素を抑制することで解消できるのです。

壮年性は発毛促進が重要

一方、壮年になると男性ホルモンの生産量自体が減少します。

そのため、ただ5αリダクターゼを抑制するだけでは髪を増やすことはできません。

発毛促進が行われるような医薬品を処方するなど、対策は明確に若年性とは変わってくるのです。

つまり、普通のAGAと壮年性脱毛症とでは治療方法が変わってくるので、便宜上分けて呼ばれているのです。

男性右

壮年期であっても男性ホルモン量が正常通りであれば通常のAGAと同様の治療法が採用されます。

血液検査

自分が通常のAGAか壮年性かを判断するために、クリニックで初診時に行うのが血液検査です。

これによって男性ホルモン量を測定、正常であればAGA用のプログラム、減少傾向にあるのなら壮年性脱毛症のプログラムが選ばれるのです。

男性右

血液検査は薄毛治療にとって非常に重要なので、もったいながらずに受けるようにしましょう。