ノコギリヤシの効果

「最近薄毛が気になる。だけど病院に行ったり育毛剤をつけるのは恥ずかしい」「どうにか内緒で育毛をはじめてみたい」そんな方は育毛サプリメントで育毛をはじめて見ませんか?

イクオスサプリにも配合されているように前立腺肥大の方がよく使用していた「ノコギリヤシサプリ」が、今、薄毛界隈でも話題になっているのです。

前立腺肥大に効果が期待できる成分の一部が薄毛にも期待できるのは、医薬品フィナステリドという実例があります。

ノコギリヤシの効果も、フィナステリドの様に薄毛の原因となるある成分を抑制させると言うのでしょうか?今回はノコギリヤシサプリの効果について注目してみましょう!

ノコギリヤシサプリの効果は育毛にどう効くの?

ノコギリヤシの育毛効果

アメリカの先住民、インディアンはみんな髪の毛がフサフサという事で注目されてソーパルメットから抽出されたノコギリヤシエキスは前立腺肥大と育毛の双方で注目されています。そして両方共に効果がある厚生労働省が認めた有効成分と言えばフィナステリドです。

薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)は普通の男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されてしまったものです。

DHTが毛根のホルモンレセプターと結合してしまうと、成長期にあったヘアサイクルが退行期、休止期へと移行してしまい、髪が抜けてしまうという一連の流れは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれ、近年若者の間で増加傾向にあります。

フィナステリドには、5αリダクターゼの酵素活性を阻害することでDHTの生産を防ぎ、髪を守るという効果があります。ノコギリヤシエキスも、このフィナステリドの様な効果が期待できます。5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの生産量を減らし、髪の被害を最小限に抑えるのです。

また、炎症性物質であるLTB4や炎症促進酵素シクロオキシゲナーゼ(COX)、5-リポオキシゲナーゼの活性を抑制することが研究で発表されており、慢性炎症による脱毛にも効果が期待できます。

とはいえ、サプリであって医薬品では無いので、効果の程に触れることは出来ませんが、間違いなく注目される成分ですので、様子見する価値があると言えるでしょう。

ノコギリヤシサプリの飲み方は1日どれくらい飲むと良いの?

ノコギリヤシの量

サプリメントは医薬品でも医薬部外品でもないため、摂取量は厚生労働省で決められていません。しかし飲み過ぎることで副作用が発生することも考えられるため、摂取すればいいという問題でもないでしょう。

目安としては1日につき200~340mg程度までがいいとされています。

海外のサプリメントでは500mgのものもあるようですが、それは外国人の体型に対応した結果です。日本人の小柄な体型の場合は、国内のサプリメントの使用上の注意に従う様にしましょう。

ノコギリヤシの副作用

ノコギリヤシはほとんどの人にたいして無害な成分ですが、大量に摂取するとまれにめまいなど軽度の副作用が起こる可能性があります。1日の摂取量を少なくするのがいいでしょう。

また、ノコギリヤシは血流改善効果があるのですが、その効果は血液の粘度を下げるという特質によるものです。校血液凝固薬や抗血小板薬と共に摂取すると血が止まらないということにもなりかねないので注意しましょう。

男性ホルモンに作用することから、妊娠中や胎児、乳児に使用するとホルモンバランスを崩してしまうので、触れない様な場所に置くのがいいでしょう。

サプリと言えども、このような危険を持っているので、注意して使用しましょう!


参考サイト
厚生労働省 統合医療情報発信サイト

関連記事


⇒イクオスサプリEXを評価!成分の効果やおすすめの飲み方と副作用



⇒チャップアップ育毛剤の口コミ評価と体験談







育毛剤おすすめランキングと薄毛対策