頭皮がくさい原因と治らない対策

頭皮がくさい!悪臭の原因の多くは皮脂です

頭皮で過剰に分泌された皮脂が酸化して加齢臭となり、頭皮の悪臭を産み出しているのです。

つまり、皮脂にさえ注意すれば、対策できるということ!

とはいえ、ただシャンプーで洗い流しても、皮脂が減ることはありません。

皮脂をゼロにしたら問題が発生するため、皮脂は適度に残す必要があるのです。

男性右

この記事では、頭皮がくさい原因と臭い対策、アミノ酸シャンプーの匂い消し効果や食事を紹介します



育毛シャンプー男性おすすめランキング


女性育毛シャンプーおすすめランキング

頭皮が臭い原因

頭皮のくさいニオイの原因


  • 前日の夜にシャンプーをしたのに朝起きるともう頭皮がくさい
  • 汗だくで仕事を終えた帰路の満員電車。くさい臭いの原因は自分の頭皮かもしれない
  • 帰宅しても娘に頭皮のニオイを指摘されてしまう

頭皮が臭くなる原因の皮脂はニオイがないのですが、酸化することで悪臭を発してしまうのです。

男性右

頭皮に悪臭をもたらすのは、表皮常在菌活性酸素です

マラセチア菌

頭皮に常在する頭皮のカビのマラセチア菌は雑菌の侵入を防いでくれるのですが、皮脂量が増えると異常繁殖してしまいニオイの原因になってしまいます。

活性酸素

活性酸素は、ストレスによって弱ってしまった身体を守るために発生する免疫反応の1つ。

白血球はこの活性酸素をエネルギーにして病原菌に感染するのを防いでくれるのですが、この活性酸素は物質を酸化させる働きがあります

男性右

これが皮脂と反応してしまうことで、ニオイ物質である過酸化脂質に酸化されてしまうのです。

食事

頭皮の皮脂は食べ物で分泌量が変わってきます。

気をつけるべきポイントは、脂質・糖質・動物性タンパク質

これらを摂りすぎると皮脂臭が発生する原因になるのです。

男性右

血中の中性脂肪濃度が高いと身体は皮脂を排出し、皮脂分泌量が増えてしまうのです。


頭皮の悪臭の改善方法、アミノ酸シャンプーで消す

頭皮の皮脂ですが、根こそぎ洗ってしまうと別の問題が発生します。

皮脂は頭皮の潤いをキープし、外環境から頭皮を守るバリア機能を持っています。

皮脂をすべて洗い流してしまうと、乾燥したフケが発生したり、かゆみや抜け毛の原因になるのです。

また、洗い流せば洗い流すほど皮脂分泌量が増え、悪臭の原因が生まれてしまうのです。

頭皮の悪臭を改善する方法は皮脂の分泌量をコントロールすること

男性右

そのためには、シャンプーの洗浄成分がアミノ酸シャンプーである事が大事です。

アミノ酸シャンプー

頭皮の臭いがアミノ酸シャンプーで治る事がわかる漫画

アミノ酸 高級アルコール 石鹸
必要な皮脂は残す 洗浄力が強すぎる 洗浄力が強い


アミノ酸系育毛シャンプーで適度にバリア機能が残っていれば、脳は皮脂の分泌を抑制するでしょう。

男性右

皮脂が過剰に分泌されなければ、マラセチア菌が異常繁殖せず頭皮のニオイは改善さるのです


チャップアップシャンプーにおい

くさいとハゲる?育毛剤でニオイは治らない?疑問Q&A


会社員2

頭皮の悪臭を放っておくとハゲるのですか?

男性右

マラセチア菌が原因の場合、高確率でハゲます。


表皮常在菌であるマラセチア菌が皮脂を分解すると、皮脂は脂肪酸とグリセリンに分解されます。

グリセリンは保湿物質なので無害ですが、脂肪酸は刺激物質なので頭皮に負担を与えてしまうのです。

異常繁殖した場合、刺激物質も大量に発生してしまうため、頭皮は炎症を起こしてしまうのです。

これは脂漏性皮膚炎と呼ばれる薄毛の原因のひとつです。

活性酸素が原因の場合も、ハゲないとは言えません。

何故なら活性酸素は、肌を老化させる原因物質だからです。

老人でもフサフサな方はいるので確実にハゲるとは言えませんが、気をつけるに越したことはないでしょう。


中年男性

ハゲの頭皮は臭いのですか?

男性右

臭い場合もあります


男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を促進する働きもあります。

DHTは毛根にある毛乳頭のレセプターと結合すると髪は抜けてしまうのですが、皮脂腺のレセプターと結合すると皮脂分泌を活性化させてしまうのです。

ただし、ハゲだからといって全員が悪臭を発生させているわけではありません。

皮脂のニオイがするからといって、必ずしもハゲが原因ではないので、ハゲを疑わないでくださいね。


会社員

育毛剤で頭皮のニオイは治らないのですか?

男性右

頭皮環境改善が目的の育毛剤なら頭皮のニオイは治ります

ミノキシジル配合のリアップのような発毛剤よりも、頭皮環境の改善に力を入れているチャップアップやイクオス育毛剤ならばニオイ対策として優秀です。

頭皮環境の改善が目的の育毛剤には、抗炎症作用、抗酸化作用、抗菌・殺菌作用を持った有効成分が配合されていることが多く、保湿成分も豊富に含まれているため、皮脂分泌量もコントロールできるからです。

具体的な成分を挙げると

  • グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム):抗炎症、抗菌、殺菌作用
  • 酢酸トコフェロール(トコフェロール酢酸エステル):抗酸化作用
  • 塩酸ジフェンヒドラミン:抗炎症作用
  • センブリエキス:抗炎症、抗酸化作用
  • ピロクトンオラミン:抗菌・殺菌作用

男性右

頭皮のニオイ対策で育毛剤を使用するのなら、これらの成分が配合されていることをチェックしましょう。

まとめ

頭皮の悪臭は、好感度を下げたりハゲの原因になるため、すぐに対策したいところです。

  • 頭皮の悪臭の原因は皮脂の過剰分泌
  • 過剰に分泌された皮脂が酸化し、悪臭が発生する
  • 皮脂をゼロにするとかゆみやフケの原因になったり、分泌量が増るため逆効果
  • 洗浄力が弱いアミノ酸シャンプーでコントロールすることが大切
  • 食べ物や育毛剤に気をつけると、より効果的に頭皮のニオイ対策ができる

男性右

炎症やかぶれがひどい場合はムリに自宅で治療をしようとせず、病院で治療を受けるようにしましょう。


育毛シャンプー男性おすすめランキング


女性育毛シャンプーおすすめランキング




⇒【すっぴん地肌】湯シャン専用スカルプクレンジングローション成分の効果を解析!
⇒頭皮脂が臭い原因!フケから薄毛に?くさいニオイを抑えて改善する方法
⇒フケはシャンプーが合ってないが原因?乾燥ふけの男女の対策と洗い方
⇒塩シャンプーの効果で薄毛は治る?べたつきデメリットとやり方、頻度