脂漏性皮膚炎

頭皮を清潔に保つためには毎日のシャンプーは欠かせないものですが、シャンプーを毎日しているのに「フケが全然なくならない」「頭皮がいつもかゆい」などの症状に悩まされているあなた。

もしかしたら、あなたは脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)になっている可能性があります!

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぎ、細菌が繁殖することで発生した炎症を脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)と言い、これが頭皮で長続きすると抜け毛が増え、薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。

このようにして生まれた脱毛症を脂漏性脱毛症と呼び、男性だけでなく女性でも発症する可能性がある薄毛のひとつになっています。

この記事では、脂漏性皮膚炎の原因と治療方法について詳しく解説していきます。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎とは、先述した通り毛穴が皮脂によって塞がれ、そこに発生した細菌などによって引き起こされる炎症をいいます。

皮脂の分泌が活発な思春期や成長期の男性に起こりやすい炎症なのですが、最近では食生活や生活習慣の変化によって中年男性や女性にも発生するというケースが増えてきているのです。

男性右

また、皮脂の分泌を促す男性ホルモンの大量発生が影響しているとも言われています。

頭皮のマラセチア

マラセチアと脂漏性皮膚炎

過剰分泌された皮脂は、表皮常在菌の真菌、マラセチアの大好物。

マラセチア菌は、皮脂の成分の中でも中性脂肪(トリグリセリド)を特に好み、代謝物として遊離脂肪酸を排出します。この遊離脂肪酸の刺激が、炎症を引き起こすのです。

また皮脂が多く分泌されると、豊富なエサによりマラセチア菌が大量に増殖してしまいます。頭皮にマラセチア菌が増殖すると、それだけでも炎症の原因になるため、さらに炎症が酷くなるのです。

現在11種類確認されているマラセチア菌ですが、脂漏性皮膚炎に関連しているものはマラセチア・グロボーサという種類のものだと言われています。

マラセチア・レストリクタやマラセチア・フルフルが原因という説もあります。


男性右

これらのマラセチア菌の増殖を防ぐことが、脂漏性皮膚炎から頭皮を守ることに繋がるのです。


脂漏性皮膚炎によるフケや悪臭の初期症状

脂漏性皮膚炎のフケ画像

脂漏性皮膚炎になると、頭皮にフケが大量に発生します。また毛穴に詰まった皮脂が酸化して、異臭を発する場合もあります。

これらはあくまで初期症状。皮脂が増加し毛穴に詰まりはじめた段階なので、生活習慣や頭皮環境を改善することで薄毛の進行を防ぐことができます。

進行した後の症状

脂漏性皮膚炎が原因の薄毛や抜け毛

しかし、この皮脂をエサにしたマラセチア菌が増加しはじめるとちょっと厄介です。症状が進行すると、マラセチア菌によりかゆみやちょっとした炎症が発生。

この辺りから、徐々に抜け毛が増えはじめます。さらに悪化するとかゆみは酷くなり、頭皮には湿疹、痛みが出る場合もあり、薄毛も進行します

ここまでくると完全に脂漏性皮膚炎と言えるでしょう。

脂漏性皮膚炎を治療する方法4選

脂漏性皮膚炎の治療シャンプー
では脂漏性皮膚炎になってしまったら、どのようにして治せばいいのでしょうか?
ここでは、脂漏性皮膚炎を治す4つの方法を紹介します!

皮膚科

医師に処方してもらえる医薬品で、ステロイド剤は短期間の外用で効果が得られるのが特徴です。

顔や首などに使用する場合は軟膏を塗布しますが、頭皮には液体ローションを使います。

ただし副作用があるため、治療が長期にわたる場合は使用しない方がいいでしょう。

抗真菌剤

ステロイド剤が使用できない場合、頼りになるのが抗真菌剤です。抗真菌剤入りのシャンプーは効果が出るのに時間がかかるけど副作用がなく安全に治るのが特徴。

症状が重すぎる場合は効果があまり見られず治らない場合もあるため、先にステロイド剤で症状を治めてから、原因を元から絶つために使用されることもあります。

脂漏性皮膚炎治療の専用シャンプー

毎日適切に洗髪して頭皮の環境改善するのも、常在菌の数をコントロールする上で大切です。皮脂をしっかりと洗い流すことで頭皮の環境を改善し、マラセチア菌の増殖を防ぐことにも繋がります。

最近では抗真菌剤入りの脂漏性皮膚炎の治療シャンプーもあるので、脂漏性皮膚炎の初期症状が出てきたと思ったらこちらを使用しましょう。

⇒公式サイトを見てみる

食事や生活習慣の改善

これだけで治すには時間がかかりますが、予防という意味では最強の方法、それが生活習慣の改善です。

ストレスを防いだり睡眠時間を改善したり、さまざまな改善がありますが、中でも効果が大きいのは食生活の改善。マラセチア菌のエサである皮脂中の中性脂肪(トリグリセリド)を減らせば、菌の増殖が抑えられるという寸法です。

糖代謝を促すビタミンB群を多く含む食品(豚肉など)を摂ることで、血中の中性脂肪濃度を減らし皮脂の質を向上させるようにしましょう。

さいごに

脂漏性皮膚炎は表皮常在菌の悪影響によって引き起こされる炎症です。

そのため、症状が治まったからといって対策を弱めると、症状が再発してくることがあります。

症状がなくなったからといって安心せずに、4つの対策を有効に活用していきましょう。




関連記事

⇒円形脱毛症【10円ハゲ】の原因と症状、治し方と治療法のまとめ

⇒ステロイドが抜け毛、脱毛の原因に!副作用でハゲたら治る?




育毛剤おすすめランキングと薄毛対策