豆乳の大豆イソフラボンの育毛効果

育毛には大豆のイソフラボンがいいとよく聞きます。

大豆は畑の肉と言われるほどタンパク質が豊富な上、髪の毛にとって非常に有効な成分をたくさん含む総合栄養食品だからです。

そんな大豆の栄養を効率的に摂取する時にオススメなのが豆乳とソイプロテインなのですが、一体どちらがより優れた摂取方法なのでしょうか?

この記事ではイソフラボンの育毛効果を述べた後、豆乳、ソイプロテインそれぞれの薄毛改善効果を紹介します。

大豆イソフラボンが育毛にいい理由


ソイプロテインと豆乳を比較する前に、どうして大豆タンパク質が育毛に効果的なのかを検証しておきましょう。

知っての通り、髪の毛の成分はタンパク質です。したがって、タンパク質が不足するといくら育毛剤や発毛医薬品を使っていても髪が生えることはありません。

また、大豆タンパク質は植物性のタンパク質なので脂質が少ないのも育毛にいい影響を与えるのです。

血液中の脂質が少なくなるほど血行が促進されるのです。

女性ホルモンを整える


大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに形状が似ているため、女性のホルモンバランスを調整する役割があります。

女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を成長させるホルモンなので、細くなったり傷んでしまった髪を元の健康的な髪へと回復させるのに効果的です。


ソイプロテインの育毛メリット

ソイプロテインが薄毛予防にいい理由
ソイプロテインは日本語訳すると大豆タンパク質となります。その名の通り、ソイプロテインは大豆タンパク質を凝縮したプロテインサプリメントということです。

他の大豆製品と比べてタンパク質の摂取効率は群を抜いて高いのがソイプロテインの特徴なのです。

豆乳に含まれるタンパク質は100gあたり3〜4gです。

ザバスシリーズのソイプロテイン100gに含まれるタンパク質は1食21g中に15g


男性右

ソイプロテインは豆乳よりも約25倍のタンパク質含有量を誇っているのです



摂取効率が良い

また、タンパク質の摂取効率を下げる食物繊維が取り除かれているので、実質の摂取効率は25倍以上ということになります!

もちろんソイプロテインには大豆イソフラボンも豊富に含まれています。

先述した通り、大豆イソフラボンは髪の毛を成長させる女性ホルモンと同じ役割を代行してくれるので、ソイプロテインを摂取することで抜け毛予防や育毛効果を期待することもできるというわけです。

ソイプロテインの薄毛デメリット

ソイプロテインでハゲるリスク
タンパク質は髪の毛の材料になるのですが、同時に悪玉菌を育ててしまうというデメリットもあります。

乳酸菌の育毛効果で書いたように、悪玉菌が増えると整腸作用が阻害されてしまうため、便秘になりやすくなります

しかも、ソイプロテインには食物繊維が含まれていないので、普通の食事で大豆タンパク質をとる場合に比べて便秘が悪化する確率も高いのです。

便秘が薄毛の原因に

プチ断食の育毛効果に腸内の宿便が解消される事があるように、便秘になると腸内で食べ物が腐敗してしまうため、有害成分が腸から体全体に取り込まれてしまう恐れがあります。

頭皮が栄養を取り込む時に、有害成分まで取り込んでしまうと大変です。


男性右

ソイプロテインを摂取する時は、ヨーグルトやヤクルトの整腸作用のある食品も一緒に摂取すると育毛にいいでしょう


豆乳の育毛メリット

豆乳イソフラボンで育毛
豆乳は大豆を水で浸してすり潰し、煮詰めた飲み物です。そのため、大豆に含まれる栄養素がほとんど全て含まれている優秀な食品でもあります。

大豆というと、大豆たんぱく質と大豆イソフラボンばかり取り沙汰されますが他にも育毛に効果的な成分は含まれています。



アルギニン

これは成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸で、疲労回復に効果がある傾向があるのですが、成長ホルモンは髪の毛の成長にも深く関わっているのです。



亜鉛

育毛成分と言ったら亜鉛がよく挙げられますが、豆乳には亜鉛も含まれています

タンパク質の元であるアミノ酸をいくら摂取しても、亜鉛が働かなければタンパク質は生産されません。つまり豆乳には髪の生産に必要な材料がすべて揃っていると言うことになりますね。

ソイプロテインの時に問題になった便秘も食物繊維を含む豆乳なら対策はあまりありません。豆乳は総合栄養食品というのは伊達じゃないということですね!


豆乳の薄毛デメリット

豆乳でハゲるリスク
豆乳を摂取するデメリットは特にはありません。

強いて言うなら、ソイプロテインと比べると大豆タンパク質や大豆イソフラボンの量が少ないのだけが気になるところくらいです。

そのため、豆乳を飲み始めたからといって、すぐに髪がどうこうということはありません。


男性右

最高点が高くない代わりに平均点が安定して高いアベレージヒッタータイプということです。

まとめ

ソイプロテインと豆乳の育毛効果は一長一短です。

ソイプロテインは、タンパク質とイソフラボンの含有率は高いですが、それ単体での育毛への栄養素の種類は少なくなります。髪を増やしたいのなら、亜鉛やアルギニン他の育毛サプリメントと併用するのが得策です。

豆乳はそれぞれの栄養素の量は少ない代わりに、育毛に必要な様々な成分を含有しているためバランスよく育毛の栄養が摂れると考えられます。

しかし含有量は多くないため即効性は期待できません。こちらも本格的に取り入れるなら、育毛サプリメントで栄養を補充するのが望ましいでしょう。




関連記事


⇒育毛にいい食べ物と栄養のまとめ



⇒お酒でハゲる?アルコールと薄毛の関係


小麦グルテンフリーで育毛
⇒小麦グルテンで薄毛に!グルテンフリーで育毛生活