ストレス薄毛
薄毛の大きな原因の1つにストレスがあります。

「あの人、若いのに髪が薄くなっちゃって・・・」
「ストレスがたまる職場らしいですよ?かわいそうに」

似たような会話を聞いたことがあるかと思います。

ストレスが原因で髪がハゲてしまうというのは常識的に日常に溶け込んでしまっていますが、
その理論がとても複雑に絡み合っていることを知っている人はあまり多くはいないでしょう。

様々な要因が関係してくるため一つ一つ解決したくなりますが、
大元のストレスを発散しないことには全て意味がありません。

「ストレスに慣れれば、いずれ髪も生えてくる!」
なんていう体育会系上司の根性論なんてもっての外です。

今回は、ストレスが薄毛を作るメカニズムと効果的なストレスの発散法を紹介ます。

ストレスが原因で薄毛になるメカニズム

人間の身体はストレスを受けるとそれを除去するシステムが稼働するようにプログラムされています。
脳がストレスを感じると自律神経のうち交感神経が働き心臓が活発に動き出します。
心臓が動き出すと血圧が上がり血流が増加しはじめます。

これらの動きは、ストレスを受けてダメージを受けた身体の各所へ栄養を補給するために行われます。
血流の増加により栄養を供給されることで、ストレスによってバランスを崩した身体が調整されるのです。

ちなみに、このシステムが作用する際に発生した活性酸素を除去するために亜鉛を消費します。
ストレスを受けやすい環境で薄毛対策を取ってもあまり効果が見られないのは、
このことも関連していると考えられます。

さて話を戻しますが、実はストレスを慢性的に受け続けると身体のストレス対処システムは機能しなくなります。
交感神経が正常に作用しない状態、いわゆる自律神経失調症という奴です。

こうなってしまうと、常に血管が収縮状態になり身体に栄養が十分に行き渡らなくなります。
栄養が行き渡らないと死んでしまいますから、生命活動に関係している器官には優先的に栄養を回すことになります。

髪の毛は生命活動に・・・・・・必要ありませんね!
社会的には割と必要なんですけどね!

そういうわけで、頭皮の毛細血管が委縮してしまうと髪の毛に必要な栄養素が届かなくなり
髪は徐々にやせ細り抜けてしまうというわけです。

これがストレスが原因の薄毛の基本的な流れです。

しかし、自律神経失調症の悪影響はこれだけにとどまりません。

ストレス過剰により自律神経に異常をきたすと交感神経だけでなく副交感神経も正常に作用しなくなります。
というのも、副交感神経はリラックス状態で活動する自律神経なので、
慢性的にストレスを感じていると副交感神経はまったく作用しなくなるのです。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより起こりうる症状は、
不眠、うつ病、拒食、過食、そして免疫異常

どれも頭皮に悪影響を与える物ばかりです。

円形脱毛症の恐怖

ストレスでハゲ
先述した自律神経失調症により起こりうる症状に、異免疫常というものがありました。
これは、異常をきたした免疫細胞が毛根を異物と見なして攻撃することにより髪が抜けるという状態です。
俗に言う10円ハゲ、円形脱毛症はこの免疫異常により起こる症状のひとつだと言われています。

身体のシステムは異物を排除するようにプログラムされています。

そのため、ある一部分の毛根を異物と判断してしまうと、
その部分だけ集中的に攻撃を受けることになり部分的にハゲてしまうのです。
その部分だけで終われば儲けもの。

ストレスを受け続けると、他の部分も異物と見なされる可能性は否定できません。
2カ所3カ所と増えていく前にストレスを解消していかなければいけません。

逆効果?ストレスはげがやってはいけないストレス解消法

やってはいけないストレス解消方法というのがあるので注意が必要です。
ストレスを感じたときにやってしまいガチな方法なので、
もしすでに習慣的にやっていたのなら改善の必要があります。

お酒を飲んでストレスを発散

お酒で薄毛
お酒で忘れてしまうというのは、
古来から続けられるストレス対策の一つです。

確かに酒は全てを忘れさせてくれるのですが、
それは一時的なストレス対策に過ぎません。

それどころか、アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドは、
悪玉男性ホルモンと名高いジヒドロテストステロンの生産に関与する恐ろしい成分です。

関連記事:お酒でハゲる?アルコールと薄毛の関係



多少の飲酒は血行促進やストレスの改善に効果的ですので、飲み過ぎないことが大切ですね。

甘い物をたくさん食べてストレス発散

糖質ハゲ
ストレス発散のためにケーキバイキングに行くというのは
女子と会話していると出てくるセンテンスですが、
確かにストレス発散に甘い食べ物は効果が高いようです。

かといって、食べ過ぎは髪に悪影響が強いので要注意。

糖分は摂取し過ぎると肝臓に保管されます。
肝臓にも保管しきれなくなると、中性脂肪として血液に流し込まれることになります。

血液中の中性脂肪濃度が高くなると、血流が悪くなります。
ドロドロした血液では、体中に栄養を送り込むのが困難になり、
栄養失調を起こした髪は次々抜けていくというわけです。

これら二つの解消法は、依存症になりやすいという最大のデメリットもあります。
同じ方法でストレスを解消しているのなら、
依存しないうちに別の方法でストレス発散するようにしてください。

ハゲ改善に効果的なやるべきストレス解消法

ストレス対策

一方、是非やって欲しいストレス解消方法もあります。

それは身体を動かすことです。

血流の改善のほか幸福ホルモンなどの発生など、
身体を動かすことで得られるストレス解消効果は馬鹿に出来ません。
特に効果がある方法として4つのストレス解消方法を紹介します!

ジョギング

ジョギング
THE運動ですよね!
ジョギングは有酸素運動の代表選手と言える運動です。
ゆっくりでいいので、できるだけ長時間走るようにしましょう。

ストレッチ

ストレッチ
血流改善にはストレッチが有効と言われています。
身体を伸ばすなどの運動はイスに座りながらでも出来るため、
こまめにやるとストレスフリーの状態でどこでもできますね。

加圧トレーニング

加圧トレーニング
長時間運動するのでない限り、
ジョギングをはじめとした運動の効果を効率的に享受できません。

そこで加圧トレーニングを行うようにしてはいかがでしょう?
短い時間でエンドルフィンなどの快楽ホルモンを分泌させてもらえます。

また、成長ホルモンの分泌により毛母細胞が活性化するという
副次的なメリットにも期待できます。

カラオケ

ストレス解消
カラオケを運動に含めて良いのかはわかりませんが、
カラオケは非常にストレスに効果的です。

歌を歌っているときは、腹式呼吸になることが多いわけですが、
この腹式呼吸は自律神経の調整に効果があると言われているのです。

加えて、βエンドルフィンやドーパミンなどの幸せホルモンを分泌してくれるのもストレス解消に効果的です。

まとめ

ストレスが原因による薄毛は、ストレスの大元をなんとかすることで解消することができるそうです。

ただしストレスの原因の度合いの大きさによっては
一気に髪がすべて抜けてなくなるという報告もあります。

今回紹介した方法や自分にあったストレス発散方法を駆使して
残された大事な髪を守っていってもらいたいですが、

最も大きなストレスを避ける方法はストレスが降りかかる環境に身をおかない事でしょう。



関連記事:⇒ハゲる仕事10職!職種と薄毛の関係