ストレスでハゲる原因とAGA・10円はげ・男性ホルモンの関係!症状と回復への薄毛対策! | 育毛百景

ストレスでハゲる原因とAGA・10円はげ・男性ホルモンの関係!症状と回復への薄毛対策!

 
ストレスでハゲる原因とAGA10円はげ男性ホルモンの関係
 
ストレスはハゲの原因の1つで、AGAや円形脱毛症、男性ホルモンの乱れによる薄毛と関係があります。
 

あの人、若いのに髪が薄くなっちゃって

ストレスがたまる職場らしいよ。かわいそうに
 
このようなストレスと薄毛に関係を聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、ストレスが原因で髪がはげるという話は知っていても、その理論を知っている人はあまりいないでしょう。
 

この記事では

  • ストレスでハゲる原因と対策
  • ストレスとAGA・10円はげ・男性ホルモンの関係
  • ストレスはげへの育毛剤の効果
  • 育毛にいいストレス発散法
  • を紹介ます!

     

    ストレスでハゲる場所の症状と原因

    ストレスで薄毛になる原因と特徴のある頭の場所
     
    ストレスによって禿げる頭皮の場所の特徴として、大きく3カ所が考えられます。
     

    • 生え際
    • 頭頂部
    • 全体がスカる

     
    生え際と頭頂部については、ホルモンバランスの乱れが原因の場合によく見られ、全体的に薄くなる現象は活性酸素や自律神経疾患による薄毛の場合に発生します。

    10円ハゲの円形脱毛症は前頭部、頭頂部、後頭部だけでなく、身体全体のどこに発生してもおかしくない現象なので注意しましょう。
     

    女性もストレスでハゲる?AGA・男性ホルモンの関係Q&A

     

    ストレスによる薄毛とAGAは違うのですか?
    AGAとは『男性型脱毛症』の略称で、悪玉男性ホルモンであるDHTによって引き起こされる男性特有の薄毛です。
     
    ストレスを感じると脳はテストステロンの量を減らし、残ったテストステロンをDHTに変えてしまうという暴挙に出るため、薄毛が進行するという側面があります。

    ストレスによる薄毛とAGAには密接な関係があると言ってもいいでしょう!

     
    しかし、ストレスによる薄毛は、すべてがホルモンバランスの変化によって起こるとは言えません。

    活性酸素による老化や、自律神経の異常による栄養欠乏、円形脱毛症など、さまざまな要因が積み重なっている可能性もあるため、正しく診断したいのならAGAクリニックに相談することをオススメします!

     
     

    ストレスによってAGAの進行は加速するのかな?
     
    ただでさえ、DHTの量が多いAGA患者の方がストレスを感じると、AGAの進行は加速してしまいます

    それだけでなく、活性酸素量が増え亜鉛が消費されると髪の成長も弱くなるし、自律神経の異常によって血管が収縮すると、栄養が足りない髪は細く抜けやすいものになるでしょう!

     
     

    ストレスとハゲの因果関係は嘘?
    ストレスとハゲに因果関係はあります!
     
    ストレスによって男性ホルモンが減少すると、その効果を補うために悪玉男性ホルモンDHTが分泌されるのですから。

    髪に栄養を送るための血管が収縮するのも問題です。

    DHTの影響下にない髪まで細くなってしまうため、頭皮がスカスカに見えてしまうのも時間の問題と言えるでしょう!

     
     

    ストレスで女でもハゲるの?
    女性でもストレスでハゲるケースはあります!
     
    過度なストレスで女性ホルモンのバランスが崩れると、髪を美しくするエストロゲンや発毛を司るプロゲステロンの量が減り、脱毛につながるのです。

    ストレスに対抗するためにDHTを分泌する場合もあります。

    女性のAGAのことを女性男性型脱毛症FAGAと呼びます。

     

    ストレスで男性ホルモンが減少してAGAになる仕組み

    ストレスが原因で男性ホルモンが減少してDHTになる画像
     
    ストレスが男性ホルモンバランスを変えることによる薄毛化も見逃せない要素です。

    ストレスがかかると、血圧、血糖値が上昇し、脳下垂体から男性ホルモンを出すなという指令が出ます。
     

    その結果、テストステロンの分泌量が減少してしまうのです!

     

    テストステロンが減るとハゲる2つの理由

    テストステロンは、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの原料。

    DHTは頭髪に脱毛シグナルを出すため、脱毛ホルモンとも呼ばれている、薄毛にとって最悪のホルモンです。

    これの原料が減るということはDHTの生産量も減るため、薄毛予防になるかと思われるかもしれません。

    しかし、現実には2つの理由で薄毛化が進んでしまうのです。
     
     
    テストステロンの育毛効能が減少

    テストステロンは、髪を太く健康にする作用のある善玉の男性ホルモン。
     

    分泌量が減ると、髪は細くなり、ちょっとした刺激でも抜けやすくなってしまうのです!

     
     
    テストステロンが減るとDHTが増える
     
    テストステロンは、精神安定や筋力増強など生命活動に必ず必要になる効能を持っています。そのため、体内でテストステロンが減少すると、生命活動に支障をきたしてしまうのです。

    このままではヤバイと判断した脳は、テストステロンの効能を補うために、残ったテストステロンを、より高い効力を発揮するDHTへ変換してしまうのです。

    DHTは脱毛シグナルという副作用を持った諸刃の剣。その代償として発令される脱毛シグナルのおかげで、髪は抜けてしまうというわけです。
     

    このように、ストレスによって男性ホルモンバランスが崩れると、生え際や頭頂部の薄毛化が進行してしまうのです!

     

    ストレスで円形脱毛10円ハゲになる仕組み

    ストレスで円形脱毛症になる理由
    引用元:日本皮膚科学会
     
    人間の身体はストレスを受けるとそれを除去するシステムが稼働するようにプログラムされています。

    この動きは、ストレスを受けてダメージを受けた身体の各所へ栄養を補給するために行われます。
     
     
    活性酸素が亜鉛を消費
     
    ストレス除去システムが作動すると活性酸素を除去するために亜鉛を消費します。

    亜鉛は抜け毛を減らす効果のある育毛にいい栄養素。
     

    ストレスの多い職場環境で薄毛対策に効果がない場合、これが関連しているかもしれません!

     
     
    自律神経失調症で髪の毛への栄養は後回しに!
     
    ストレスを慢性的に受け続けると身体のストレス対処システムは機能しなくなります。交感神経が正常に作用しない状態、いわゆる自律神経失調症。

    こうなってしまうと、常に血管が収縮状態になり身体に栄養が十分に行き渡らなくなります
     

    これがストレスが原因の薄毛の基本的な流れです。しかし、自律神経失調症の悪影響は他にもあるのです!

     
     
    副交感神経の乱れで免疫異常になる
     
    ストレス過剰により自律神経に異常をきたすと交感神経だけでなく副交感神経も正常に作用しなくなります。

    副交感神経はリラックス状態で活動する自律神経なので、慢性的にストレスを感じていると副交感神経はまったく作用しなくなるのです。
     

    起こりうる症状は、不眠、うつ病、拒食、過食、そして免疫異常。どれも頭皮に悪影響を与える物ばかりです!

     
     
    免疫疾患が円形脱毛症の原因になる
     
    十円ハゲはこの免疫異常により起こる症状のひとつだと言われています。

    身体のシステムは異物を排除するようにプログラムされています。そのため、毛根を異物と判断してしまうと、その部分だけ集中的に攻撃を受けることになり部分的にハゲてしまうのです。
     

    10円ハゲが2カ所3カ所と増えていく前にストレスを解消しましょう!

     

    ストレスでのハゲを育毛剤での回復効果

    ストレスによる薄毛が改善する育毛剤
     
    ストレスでハゲてしまった頭に、育毛剤は果たして効果を発揮するのでしょうか?

    ネット通販で大人気のチャップアップやイクオスを例に検証していきましょう。
     
     
    育毛成分M-034はストレスに効果がない
     
    イクオスの育毛成分は、改装から抽出したM-034という成分。

    ストレスでハゲる理由は

    • ホルモンバランスの変化
    • 活性酸素が亜鉛を消費
    • 自律神経の免疫疾患

     
    M-034の効果は「発毛促進」です。

    つまり、いくらM-034が発毛を促進しても、ストレスによって生えた髪がすぐに抜けてしまうのです!
     
     
    育毛サプリと併用はストレスに効果的!
     
    チャップアップサプリやイクオスサプリEXには、亜鉛ノコギリヤシといった成分が含まれています。

    これがストレスハゲに非常に有効に働いてくれるのです!
     
     
    亜鉛の効果

    亜鉛は、髪を作るタンパク質生産に使用されるミネラルであると同時に、ストレスの解消に使用される成分でもあります。
     
    つまり、亜鉛を補給することは、それだけで「髪を増やす」「ストレスを解消する」の両方をサポートすることができるのです!
     
     
    ノコギリヤシ

    ノコギリヤシは善玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまう5αリダクターゼの抑制効果を期待できる成分です。

    ストレスを感じると、脳はテストステロンをDHTに変える5αリダクターゼを分泌してしまうので、これを抑制するノコギリヤシはストレスハゲを軽減する役割を果たしてくれると言えます。
     

    どちらも、ひとつでは髪を増やすことができない成分ですが、育毛サプリにはその他に必要な成分が40種類近くも配合されているのです!

     

     
     
    円形脱毛症に育毛剤は効かない
     
    ストレスが原因で起こった円形脱毛症に関しては、チャップアップやイクオスをはじめとした育毛剤は効果を発揮しません。

    何故なら、円形脱毛症は免疫が異常を起こしたことで発生する脱毛症なので、髪が抜ける原因が根本的に違うからです。
     

    円形脱毛症にかかってしまった方は、皮膚科に行って、専用の薬品を処方してもらうのがいいでしょう!

     

    ストレスでの薄毛はAGA治療薬で治療できるか?

    ストレスによるAGAにミノキシジルやプロペシアが効かない理由
     
    AGAクリニックで処方される医薬品育毛剤は、厚生労働省が効果を認める医薬品です。

    ミノキシジルは、毛細血管を拡張したり新生することで発毛力を高める有効成分。

    プロペシア(フィナステリド)は、DHTを産み出す悪の酵素5αリダクターゼを抑制する髪の毛の守り神。

    ストレスでのハゲに効果はあるのでしょうか?
     
     
    ミノキシジル
     
    ミノキシジルの作用は、血管新生因子VEGFの分泌による発毛効果。

    ストレスが発生すると、血管が収縮して血圧が上昇し、頭皮へ栄養供給が悪くなります。

    ここでミノキシジルの効果により血管が拡張されると栄養も頭皮にめぐり、毛根が栄養不足になるということがなくなるのです。

    とはいえ、あまりに過剰にストレスを感じると、活性酸素や自律神経の異常など、その他の要素で薄毛が進行します。
     

    このことからミノキシジルは、ストレス性ハゲに対して、少しの効果しか見込めないということが言えるでしょう。

     
     
    プロペシア(フィナステリド)

    DHT対策として、優秀な有効成分のフィナステリドを擁するプロペシア。

    残念ながら、ストレス性ハゲに対しては、あまり効果は見込めません。

    なぜなら、プロペシアが効果を発揮する部分が、ストレス性ハゲのDHT発生部分と異なるからです。

    プロペシアの有効成分フィナステリドは、前立腺肥大症の薬として研究されてきたもの。

    そのため、精巣付近で分泌された5αリダクターゼがテストステロンをDHTに変換するのを抑制するのがフィナステリドの働きです。

    ストレスが原因でDHTが発生するのは副腎。そもそも発生場所が全然違っていたのです。
     

    このことから、プロペシアはストレス性ハゲに対しては無力であると言えるでしょう!

     
     
    AGAクリニックは無力ではない!

    残念ながら日本を代表する医薬品育毛剤は、ストレス性ハゲの全滅してしまいました。

    しかし、AGAクリニックで処方されるのは、医薬品育毛剤だけではありません。

    オリジナル処方の育毛剤や、オーダーメイドの育毛サプリメントなど、事前のカウンセリングに基づいた、あなたの症状に寄り添った薄毛対策を処方してくれるのです。
     

    あなたの薄毛が本当にストレス性かどうかを診断してくれたり、日常生活でケアできる方法もアドバイスしてくれるため、自分の薄毛の原因がわからない方は受けてみるといいでしょう!

     

     

    ハゲに効果がないストレス解消法


     
    ハゲがやってはいけないストレス解消方法というのがあるので注意が必要です。

    ストレスを感じたときにやってしまいガチな方法なので、もしすでに習慣的にやっていたのなら改善の必要があります。

    お酒を飲んでストレスを発散

    お酒でストレス発散は薄毛に悪い
     
    お酒で忘れてしまうというのは、ストレス対策の一つです。酒は嫌な事を忘れさせてくれるのですが、それは一時的なストレス対策に過ぎません。

    アルコールと薄毛の関係に書いたように、アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドは悪玉男性ホルモンの生産に関与する恐ろしい成分です。
     

    少量の飲酒は血行促進やストレスの改善に効果的ですので、飲み過ぎないことが大切ですね!

     

     

    甘い物をたくさん食べてストレス発散

    甘い食べ物を暴食すると糖質で薄毛になる
     
    ストレス発散のためにケーキバイキングに行くというのは女子と会話していると出てくるセンテンスですが、食べ過ぎは髪に悪影響が強いので要注意。

    糖分は摂取し過ぎると肝臓に保管されます。肝臓にも保管しきれなくなると、中性脂肪として血液に流し込まれることになります。

    血液中の中性脂肪濃度が高くなると、血流が悪くなります。ドロドロした血液では、体中に栄養を送り込むのが困難になり、栄養失調を起こした髪は次々抜けていくというわけです。
     

    甘い食べ物でストレスを解消しているのなら、依存しないうちに別の方法でストレス発散してください!

     

    ストレスはげ改善に効果的な解消法

    ストレスによる薄毛を改善するスポーツやカラオケトレーニング
     
    血流の改善のほか幸福ホルモンなどの発生など、身体を動かすことで得られるストレス解消効果は馬鹿に出来ません。

    特に効果がある方法として4つのストレス解消方法を紹介します!

    ジョギング

    ジョギングでストレス解消
     
    ジョギングは有酸素運動の代表選手と言える運動でストレスによる薄毛の回復に効果的です。

    ゆっくりでいいので、できるだけ長時間走るようにしましょう。

    ストレッチ

    ストレッチでストレス解消
     
    薄毛の血流改善にはストレッチが有効と言われています。

    身体を伸ばすなどの運動はイスに座りながらでも出来るため、こまめにやるとストレスフリーの状態でどこでもできますね。

    加圧トレーニング

    加圧トレーニングでストレス発散
     
    長時間運動するのでない限り、ジョギングをはじめとした運動の効果を効率的に享受できません。

    そこで加圧トレーニングを行うようにしてはいかがでしょう?短い時間でエンドルフィンなどの快楽ホルモンを分泌させてもらえます。

    また、成長ホルモンの分泌により毛母細胞が活性化するという副次的なメリットにも期待できます。

    カラオケ

    カラオケでストレス解消
     
    カラオケを運動に含めて良いのかはわかりませんが、カラオケは非常にストレスに効果的です。

    歌を歌っているときは、腹式呼吸になることが多いわけですが、この腹式呼吸は自律神経の調整に効果があると言われているのです。

    加えて、βエンドルフィンやドーパミンなどの幸せホルモンを分泌してくれるのもストレス解消に効果的です。

    まとめ

    ストレスが原因による薄毛は、ストレスの元をなんとかすることで解消することができます。

    ただしストレスの原因の度合いの大きさによっては一気に髪がすべて抜けてなくなるという報告もあります。
     

    今回紹介した方法や自分にあったストレス発散方法を駆使して残された大事な髪を守って下さい!

    最も大きなストレスを避ける方法はストレスが降りかかる環境に身をおかない事でしょう!

     
     
     

    女性育毛シャンプーおすすめランキング


    育毛シャンプー男性おすすめランキング

     
     
    関連記事
     

    ⇒ハゲる仕事!職種と薄毛の関係
     
     

    ⇒10円ハゲの治し方、治療法!円形脱毛症の原因と症状のまとめ
     
     

    ⇒ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす方法!亜鉛で抑制、汗で排出