薄毛になりやすい人の条件に必ず挙げられるのが、紫外線を多く浴びる人です。

しかし紫外線を多く浴びているはずなのに全然ハゲにならない人達がいるのを、皆さん気づいているでしょうか?

彼らはサーファーです。

プロサーファーの人たちは、ハゲにとってあんなに過酷な環境にいるにも関わらず薄毛の人が極端に少ないのです。

彼らがどうしてハゲにならないかが判明すれば、もしかしたら私たちの薄毛問題も解消できるかもしれません。

サーフィンの日焼けと薄毛の関係

日焼けをすると薄毛になる、ハゲるというのは薄毛の中では常識的な話ですが、ではどうして人は日焼けをしてしまうのでしょうか。

日焼けと言っても種類は2つあります。

  • やけどによる日焼け
  • メラニン色素で黒くなる日焼け

火傷による日焼け

日焼けをすると赤くなってヒリヒリするという人がいると思いますが、それは肌がやけどで炎症しているからです。

メラニン色素で黒くなる日焼け

これは表皮の奥にあるメラノサイトがメラニンが詰まったメラノソームを生産し細胞の核を覆います。

その結果、肌が黒くなるのですが紫外線はメラニンに邪魔されて核を攻撃できなくなるのです。

これは「核帽現象」と呼ばれる、紫外線から身体を守る立派な防衛行動だったのです。

日焼けをしやすい人というのは一般的に黒くなるタイプの人を指します。

しかし黒くなる日焼けは紫外線からの攻撃を防ぐため、逆にハゲにくい身体を作っていることになるのです。

サーフィンをやっている人たちはほとんどがとても日焼けしています。

もしかしたら彼らは知らず知らずの間に紫外線に強い頭皮を作っていたのかもしれませんね。

海水と薄毛の関係、育毛効果アリ?

サーファーのハゲ

サーファーと言ったら海です。
一般的に海水は髪に良くないというイメージがありますが、頭皮に関して言うならば悪いとは言い切れないのです。

海水には殺菌力があります。
頭皮の環境が悪化し雑菌が繁殖している状態で海水に頭を浸すと、殺菌力により頭皮の状態はリセットされるため炎症が治りやすくなるのです。

海水でアトピーが治る

軽度のアトピー性皮膚炎の方が海に入ったことによって回復したという話も調べればいくらでも出てきます。

その中には、なんと薄毛の原因のひとつに数えられる脂漏性皮膚炎にも効果があったという話も。

一見、炎症がひどくなりそうな海水ですが、炎症が軽度のうちならば殺菌効果により早期に回復できるのかもしれません。

海水で育毛効果が期待できる

海水に含まれる塩分は実は育毛にいい影響を与えます。

塩分は界面活性効果があるため、海水を浴びるだけで頭皮が洗浄されるのです。

シャンプーで汚れが落ちるのは人工的に作られた界面活性剤の効果です。

しかし、人工的に作られた界面活性剤では洗浄効果が強すぎて頭皮が傷んでしまいます。

海水ならば、天然の界面活性成分なので頭皮に与えるダメージが最小限ですむというわけです!

タラソテラピーでハゲが自然治癒

海外では海水や海藻などの海洋資源を取り入れることで身体の自然なバランスを整えるという「タラソテラピー」という自然療法が存在します。

海水や海泥に身体を浸すことで体内から機能を活性化させるタラソテラピーは海洋美容法にも使用されるほど皮膚に効果的だと言われています。

海水に浸ることが多いサーファーの方は、自然とタラソテラピーに近い環境に置かれていたのです。

頭皮を含む全身の皮膚が健康になっているのも当然と言えば当然だというわけですね。

サーファーはハゲたら引退説

2chでサーファーにハゲがいない説を調べたところ、サーファーはハゲたら引退して浜辺から姿を消すという話もありました。

形から入っているサーファーならそのような人もいるかもしれませんが、真に波を愛し、板に取りつかれた猛者はハゲなど気にせず波を探し続ける事でしょう!

まとめ

頭皮に悪いと思われる環境において、サーファーはフサフサな髪を保っています。

髪は傷んでいることが多いですが、決して量が少ないわけではありません。

その理由は意外にも日焼けと海水にありました。

一見薄毛に厳しい環境が、実は頭皮をしっかりと守っていてくれていたのです。

薄毛のメカニズムはすべて解明されたわけではありません。

今までは駄目だと言われていたことも、明日になったら効果的だと言われているかもしれませんね!

関連記事


⇒夏の季節の紫外線からのハゲ予防



⇒沖縄vs北海道!暑いと寒いはどっちがハゲやすい?