育毛剤と汗

育毛剤が汗に弱いって知っていましたか?実は汗をかくことで育毛剤の効果は半減してしまうのです。

ただでさえ頭皮の環境が悪くなりがちな汗かき多汗症の方。

育毛剤で頭皮環境を整えようとしても、すぐに汗と混ざって悩む方は多いです。

そんな汗かきの方のために育毛剤が汗によりどんな悪影響を受けるのか、そしてそれを防ぐためにはどうしたらいいのかを解説していきます。

育毛剤が汗で効果が落ちてしまう理由

育毛剤が汗で効果減少

育毛剤が頭皮に浸透する前に汗で流れてしまう

育毛剤が毛穴の奥の毛根まで浸透するには1時間以上の時間を要します。

その間に汗をかいてしまうと、せっかく塗布した薬品が流れ落ちてしまい、効果が薄れてしまうのです。

とくに朝は忙しいので仕事で疲れて起きる時間がギリギリになる事も多いでしょう。

そんな時は育毛剤をぬってすぐに出勤となり、頭皮に浸透する前に汗で流れ落ちやすいのです。

汗と皮脂が混ざって雑菌が繁殖する

汗と皮脂が混ざる

汗をかくと皮脂が出て毛穴が詰まるという話をよく聞きますが、そんなことは決してありません。

よく勘違いされがちですが、汗と皮脂は分泌される場所が違うのです。

汗は身体の至る所にある汗腺から、皮脂は毛穴の内部にある皮脂腺から分泌されます。

そのため、汗をかいたからといって皮脂も一緒に分泌されるわけではありません。

さて、この皮脂と汗が混ざって出来るのが皮脂膜です。

皮脂膜は肌を雑菌や紫外線、乾燥から守る役割があるのですが、5〜6時間が経過すると酸化してしまいます。

雑菌から頭皮を守ってくれた皮脂ですが、酸化することでホコリやゴミを吸着し頭皮を雑菌の温床へと変えてしまいます。

そんな状態の頭皮へ育毛剤を付けても、育毛剤は酸化した皮脂膜に阻まれ充分に浸透できません。


⇒帽子で蒸れると汗でハゲる?

汗かき、多汗症の方の育毛対策

汗かきの育毛剤対策

育毛剤を外出の1時間以上前に浸透させておく

汗かきの人は夏場は数分の距離を歩いただけでも頭皮から汗が噴き出します。

なので朝起きてからまず始めに育毛剤をぬって浸透させてその後に歯磨き、朝食などの身支度をすると丁度良いでしょう。

朝起きてから家から出発するまでの時間に余裕を持つ事も大事です。

焦って汗をかかないように電車の時刻表は事前に確認しておきましょう。


⇒育毛剤を塗るタイミングや正しい使い方で効果が上昇!裏技も?

汗をハンカチでこまめに拭く

汗とハンカチ

汗は時間が経つと酸化してしまうのでそれを防ぐにはこまめに拭くことが大切です。

ポケットに1枚とカバンの中にも予備のハンカチを用意する習慣をつけましょう。

すぐに拭き取ることが大切です。

ミョウバン水で汗を拭き取る

ミョウバン

それでも夏場は夕方にもなれば頭皮がくさくなる事もあると思います。

そんな時はミョウバン水をボトルに作ってカバンに入れておきましょう。

食品添加物のミョウバンを水と混ぜて、トイレで頭皮にスプレーし、ハンカチで汗と一緒に拭き取りましょう。

こうする事で頭皮に雑菌が繁殖するのをかなり防ぐ事が出来ます。

汗をかいた日は絶対にシャワーを浴びる

シャワーで汗を流す

汗をかいた日にシャワーを浴びずに寝てしまうのは大きな薄毛の原因になります。

汗かきの人は夏場などは1日に2回汗を流してもかまいません。

注意してほしい事は2回シャンプーをしない事です。

シャンプーで皮脂を過剰に取りすぎると、頭皮は余計に油を分泌してしまいます。

なので朝は湯シャンのみ、夜だけシャンプーをするのが汗かきの人にとって効果的な育毛対策です。


⇒チャップアップシャンプーの成分を評価

副作用で大量の汗が出る育毛剤に注意

ある種の育毛剤には血行促進のために発汗作用のあるフロジン液(塩化カルプロニウム)カプサイシンなどの成分を配合しています。

普通の人ならそこまで影響はありませんが、汗かきや多汗症の方は露骨に汗をかいてしまう恐れがあります。

多汗症の方は、成分にフロジン液(塩化カルプロニウム)が含まれる育毛剤は避けるようにする注意が必要です。

フロジン液(塩化カルプロニウム)が含まれる育毛剤

カロヤン系の育毛剤は特に使い始めは汗が噴き出す人が多いです。

それもただの汗ではなく、本場韓国の青唐辛子を1本丸々食べた後のように汗が滝の様に流れ出てきます。

  • カロヤンガッシュ
  • カロヤンS
  • カロヤン21
  • カロヤンアボジカ

知らずに会社に出勤時につけてしまうと、その日1日が台無しに成る程髪の毛がびしょ濡れになってしまうので気をつけましょう。

清涼感が強い育毛剤も注意が必要

メントールの育毛剤

汗かきだからといって、スースーするタイプの育毛剤で汗を沈めているという方が居ます。

アルコールは肌の熱を奪いながら蒸発するため、体温が下がり清涼感を感じます。

その際、肌の水分も一緒に蒸発するので、一時的に頭皮は育毛剤が非常に浸透しやすい状態になります。

しかし、アルコールを塗布しすぎると、肌の水分が消費されるため乾燥肌になります。

乾燥肌になると、頭皮を守るための皮脂膜が保持できなくなるので、頭皮がガンガン傷みます。

結果として薄毛が改善するどころか進行してしまうのです。

天然成分で構成された育毛剤は、汗をかいても弊害がないよう工夫されていますが安い育毛剤はアルコールやメントールの含有量が多く、こういった弊害があるので気をつけましょう。

⇒育毛剤にアルコールやエタノールが入っている理由

以上、汗が育毛剤の効果を落とす原因、メカニズムや汗かき多汗症の人の育毛対策を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

悩んでいる方のお役に立てたら幸いです。

汗かき、多汗症におすすめの育毛剤チャップアップ

天然成分で構成された汗かき、多汗症の方におすすめの育毛剤チャップアップを紹介します。
発汗作用がなく、汗と混ざっても不快にならず、サラサラした頭皮をキープできます。
浸透力も早いよう工夫されているので、朝の時間がない時でも使いやすいです。

汗かきにおすすめの育毛剤チャップアップ

関連記事


⇒育毛剤の正しい使い方、タイミング



⇒プロペシアとミノキシジルは献血可能か確認



⇒育毛剤の副作用を男性と女性ごとに解説








育毛剤おすすめランキングと薄毛対策