抜毛症



抜毛症とは、抜毛癖とも呼ばれる無意識、もしくは止めることができずに自ら毛を抜いてしまうという症状です

  • 「気づいたら、無意識のうちに髪の毛を抜いていた」
  • 「髪の毛を抜かないと落ち着かない」
  • 「抜くのを止めよう止めようと思っていても、止められない」


    • そんなあなたは、もしかしたら抜毛症なのかもしれません。

      髪に限らず、眉毛やまつ毛、髭や体毛など、さまざまなケースがみられます。

      この記事では、抜毛症について解説し、その対策を紹介します。

      抜毛症(トリコチロマニア)とは?

      抜毛症は自分の体毛を自ら抜いてしまうという病気です。

      髪の毛のように毛の生える範囲が大きい場合、抜毛した部分だけがハゲてしまう脱毛斑がみられるのが特徴。

      手が届きやすいせいか、脱毛斑は前頭部の利き手側に多く発生します。

      抜いた毛をそのまま食べてしまうという、食毛症との合併症になっているケースもあります。

      子供や思春期によくみられる症状で、特に女性に発症しやすいのですが、最近では成人男性が発症すると言うケースも増えてきています。

      抜毛症の原因

      抜毛症の原因については、現在詳しいことは判明していません。

      しかし抜毛症患者の環境や悩みを聞くと、多くの方が大きなストレスを抱えていることがわかっています

      ストレスと抜毛の関係

      抜毛症患者は毛を抜くことで不安感やイラつきなど、自分で解決できないネガティブな感情を処理していると考えられているのです。

      毛を抜くという行為は、痛みを伴うため緊張が高まるものです。

      実際に毛を抜いてみると、その緊張から開放されるため安堵と達成感を得ることになり、普段抱えている悩みを忘れて気が楽になります。

      脳はこのことを『不安になる=毛を抜くと安心する』と学習し、次に不安が強くなったときも毛を抜いてしまうのです。

      全ての抜毛症がこのように発症しているとは限りませんが、ストレスや悩みから一時的に開放されるために行った行為が、癖になってしまったというのが原因というのが、現在の説なのです。

      抜毛症の治し方

      抜毛症は多くの場合、自然に治ります。

      また抜いた部分も再び生えてくるので、安心していいでしょう。

      毛根にダメージが残るケースもありますが、こちらも時間はかかりますが自然治癒します。

      認知行動療法

      うつ病をはじめとした様々な精神疾患で活躍する治療法がこの認知行動療法。

      ネガティブな感情を抱えたときに頭に浮かぶ思考を新しい思考に変えていくことで、感情をコントロールします。

      毛を抜くという思考を別の思考に変えることができれば、自然に治癒できるという理屈です。

      習慣逆転法

      これはネイハン・アズリンが考案した体系的に習慣をずらしていく手法です。

      1. 髪を抜く行為を記録することで無意識を意識化
      2. 意識化した髪を抜くという行動を、実際に行う前に別の行動で妨げる(例:両手を2分間ぎゅっと握る)
      3. ネガティブな感情を処理するために、別のリラックスできる行動をとる
      4. 3が成功したら「自分を褒める」「メリットを確認する」など、自分にご褒美を与える



      これらの治療方法は自分でも行うことはできますが、適切に行うためにはメンタルクリニックに相談するのが一番です。

      抜毛症が気になるという方は、ストレスが大きくなる前にカウンセリングを受けてみるのがいいでしょう。

      抜毛症の診断基準をセルフチェック

      抜毛症患者は髪を抜く行為を恥ずかしいと思っているため、隠れて髪を抜きます。

      脱毛斑も隠してしまうため、周りが気づいたときには非常に深刻になっているケースもあるため、早期の発見が必要です。

      自分の身近な人が抜毛症がいるかどうかをチェックするために、抜毛症のサインを紹介します。

  • どんなときも帽子をかぶっている
  • メイク(眉毛・まつ毛)が激しい
  • 髪の毛が濡れたり、強風で髪が乱れるのを避ける
  • いつも不安げに考え事をしている
  • 家庭環境に問題がある
  • 学校の成績が下がった

    • これらのサインが複数見つかった場合、抜毛症にかかっている可能性があります。

      抜毛症でなくてもかなりストレスを感じている可能性が高いため、しっかりと話を聞いてあげましょう。

      可能であれば、メンタルクリニックを薦めてみてください。



      参考サイト
      MSDマニュアル 抜毛癖、トリコチロマニア