紫外線ハゲ

夏の紫外線は肌の健康を著しく阻害し、老化させる要因の一つです。

春の季節の薄毛対策よりも太陽光線が強い夏場は紫外線量も多いため注意が必要で、
頭皮も紫外線によるダメージには敏感です。

しかも薄毛になればなるほどダメージ量が加算されていく
と言うハードモードですから油断は出来ません。

紫外線の多い夏場は帽子をかぶって紫外線を防ぐのが効果的です。

しかし「帽子をかぶると蒸れてハゲる」という考えもあるため
うかつに帽子に手を出せないのも事実です。

そこで、紫外線が頭皮に与えるダメージと、
蒸れることで雑菌増殖によるダメージのどちらが深刻かを検証してみます。

紫外線が頭皮に与える影響

紫外線が頭皮に与える悪影響は大きく分けると3つあります。

頭皮の炎症

紫外線を受けると、肌は炎症を起こします。

日焼けでヒリヒリすることってありますよね?
あれは軽いやけどを負った状態です。

腕などの比較的強い部分の肌でも日焼けでダメージを負うわけですから、
敏感な部分の頭皮はなおさら警戒しなくてはいけません。

本来、紫外線から敏感な頭皮を守るのが髪の毛の役割なので、
薄毛は進行するほどハゲる速度が上昇していくのです。

皮脂の酸化

紫外線の攻撃から肌を守る防衛線のひとつに皮脂があります。

皮脂と言うと、頭皮に悪いイメージがありますがそれは大きな間違いです。
皮脂自体は頭皮を紫外線や雑菌といった悪環境から守ってくれる頼れる存在なのです。

しかし、紫外線の攻撃を受けると皮脂は酸化してしまいます。

酸化した皮脂は防衛機能を失います
何もせずに放置していたら、雑菌の温床になることは間違いありません。

光老化

光老化による影響も考えられます。
紫外線を浴びると、肌は傷つくだけではなく老化も進行してしまうのです。

光老化の怖いところは頭皮を守る髪自体にも起こりうるところです。

紫外線を浴び続けると髪のタンパク質はズタズタに傷つき、細く切れやすくなります。
これが髪の光老化です。

切れ毛や抜け毛が増えると頭皮が紫外線にさらされるため、
頭皮の炎症や皮脂の酸化等の薄毛になりやすい環境が作られてしまうのです。

帽子で蒸れると薄毛になりやすい理由

紫外線から頭皮を守るなら帽子を被るのが最も簡単で効果的です。
しかし、それには解決しなくてはならない問題があるのです。

帽子を被るとハゲやすくなるという問題です。

かいた汗が蒸発することなく帽子内で滞留することで頭皮が蒸れてしまい、
雑菌が繁殖してしまうことが理由ですが果たして本当なのでしょうか?

東京メモリアルクリニック平山の佐藤院長が発足した「帽子内環境研究会」の調査で
「長時間帽子を被っていると、頭皮の善玉菌の量が増加する」ということが判明したのです。

もちろん悪影響はあります。
頭皮の常在菌であるマセラチアは皮脂と反応すると悪臭を放ちます。、

皮脂は放っておけば酸化して毛穴が詰まる原因となりますし、
ケアしないままに放置するとやっぱり雑菌が繁殖してしまうのは避けられません。

しかし頭皮のケアさえ怠らなければ帽子による薄毛の影響はほとんどない
と考えてもいいのです。

帽子の蒸れでハゲないために効果的な頭皮ケア方法!

紫外線による悪影響は、薄毛が進行するほどに悪化していきますが
それに対し、帽子による悪影響はアフターケア次第ではほとんど薄毛に影響がありません。

正しく帽子を被れば薄毛を予防できるのです。

先ほど帽子を被り続けても雑菌が繁殖しないと言いましたが、
それはあくまで実験環境での検証の話です。

現実的には、雑菌が入り込む要素は少なからずあるため警戒しなくてはいけません。
できるだけ頭皮が蒸れない環境でいるように注意が必要です。

薄毛を予防するための帽子選び方

密閉性が高い帽子ほど蒸れのスピードは早くなります。
そのため雑菌の増殖を妨げたいなら、風通しのいい帽子を被るようにしましょう。

キャップはポリエステル素材の帽子よりもメッシュキャップ
ハットはフェルトハットよりも風通しの良い麦わらハットの方が頭皮に良いです。

麦わら帽子も最近では中折れハットタイプのオシャレなものがたくさん発売しています。
きっとオシャレであなたに似合う帽子も売っていると思いますよ!

こまめに汗を拭く

どんなに風通しがいい帽子でも、汗はどうしてもかいてしまうし、
何も被ってないときよりは頭は蒸れてしまいます。

そのため、1時間に1回は帽子を脱いで頭皮を空気にさらし
汗をかいた時はタオルでこまめに頭皮を拭きましょう。

汗が酸化する前に除去することで菌の繁殖がかなり抑えられます

帽子を被った日は必ず髪を洗う

帽子を被った日は必ずその日のうちに髪を洗ってください。

あなたが思っている以上に、帽子内で頭皮環境は悪化しています。
増えたのが常在菌だけであっても
フケや炎症の危険は目の前にあると考えていてください。

その日のうちにしっかりと髪を洗えば、
次の日には完全にリセットされた頭皮の環境が再び出来上がります

薄毛になりたくないのなら、必ず髪を洗ってから寝るようにしてください。
できることなら高級アミノ酸系のCUシャンプーでの洗髪がおすすめです。



以上が紫外線と帽子の薄毛対策です。

日常的に帽子を被る人は清潔なタオルを1枚は
常に持ち歩くようにしましょう。

事情があって人前で帽子が脱げない人は
トイレにいって拭くなど工夫をして
こまめに頭皮の汗を拭くよう努めましょう。



関連記事
冬の季節にハゲる原因と薄毛対策
梅雨の季節にハゲる原因と雨や湿気の薄毛対策